「男前なチノパン。」


さきほど「白いスニーカー」をご紹介しましたが、
春になると欲しくなるもの其の②=チノパン。

JUILLETがおすすめする"ベストチノ"がこちら!!

c0102137_20395136.jpg

A VONTAGE
SELVEDGE CHINO TROUSER
- WIDE FIT

c0102137_20395111.jpg

price:¥18,000+tax
color:BEIGE
size:2XS/XS/S

c0102137_20395141.jpg

c0102137_20395137.jpg

c0102137_20395191.jpg

c0102137_20395151.jpg

c0102137_20395057.jpg

レディスのチノパンは、殆どと言っていいほど、
裾にかけてテーパードしているものが多いです。

しかしこのチノは、"45カーキ"と呼ばれる1945年代のUS ARMYをソースにしており、
ヒップから裾にかけて真っ直ぐに落ちる、太めのラインの1本。

チノ素材にも拘り、シャトル機で織り込んだセルビッチチノを使用しています。
比較的ライトなオンスながら、仕上げに天然樹脂加工を施し、
コシとハリのある生地感に仕上がっています。
履き込むことでくったりとした表情に変化してゆくのも、醍醐味です*

「男前なチノパン。」

これを女性が履くことによって生まれる雰囲気が、
JUILLETの求めるものだったりします。

なかなか、他にはないチノパンだと思いますので、
気になった方は是非履きにいらしてください!!

春って、どうしてかチノパンが欲しくなるんですよね〜

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

c0102137_20064131.jpg

JUILLETでは一緒にお店作りをして下さるスタッフを募集致します。
詳細はこちらをご覧くださいませ。⇒

# by JUILLET-7 | 2017-03-28 20:52 | *A VONTADE | Comments(0)

「白いスニーカー」


コンクリートもちらほら顔を出し、気温も上昇。
春の足音がしますね*
春ですから、白いスニーカーを履きましょう!!

ARMEN
CANVAS SNEAKER

c0102137_13324484.jpg

[Hi-Cut]
price:¥7,000+tax
color:WHITE
size:35/36/37/38/39

[Low-Cut]
price:¥6,500+tax
color:WHITE
size:35/36/37/38/39

***

ラインやステッチなどもすべてが真っ白なスニーカーは、
大人の履けるキャンバススニーカーとして、毎年人気の定番品*
インソールはふかふかで履き心地も良く、
日本人の足にもぴったりと合う幅広めなフォルムも◎

c0102137_13324469.jpg

c0102137_13324509.jpg

入荷間もなく、サイズ欠けしてしまっていたARMENのスニーカー。
やっと再入荷し、サイズが揃っております。
お早めにどうぞ!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

c0102137_20064131.jpg

JUILLETでは一緒にお店作りをして下さるスタッフを募集致します。
詳細はこちらをご覧くださいませ。⇒

# by JUILLET-7 | 2017-03-28 13:38 | ARMEN | Comments(0)

OUTIL "Natural Dyed Linen"


さて、本日も「ウティ」のご紹介です。

c0102137_13010335.jpg

OUTIL
"Natural Dyed Linen"

"BLACK INDIGO"に引き続き、
昔ながらの天然染めの色を、OUTIL(ウティ)らしい細やかな拘りで再現したリネンシリーズ。

"BLACK"

c0102137_13065084.jpg

ログウッドを媒染し、天然の「黒」を作り出しています。
原材料はメキシコが原産のマメ科の常緑高木の樹皮。
インディゴ染めの歴史よりも古く、
ナポレオンのコートやイギリス艦隊のネルソン提督のジャケットもログウッドで染めたものだったそう。
ログウッドには邪気を払うと伝えられ、日本では仏僧の着物にも使用されていました。

現在の黒染めは、化学染料を加えて黒色にすることが多く、
この生地のように100%天然素材で染め上げたものはほぼ存在しません。
だからこそ、魅力が深まるのです*

"PASTEL"

c0102137_17563970.jpg

以前、デザイナーが発した「フランスの色はアオなんです」という言葉。
その一言で鐘が鳴り響いてるかのように、私の心を揺さぶりました。
この独特なアオ。
南仏の油葉科のパステルという植物で染めたアオです。

南仏では伝統的な染色方法ですが、大量生産時代にはインディゴ染めが主流となり、
現在では染色できる職人も軽減し、貴重な染色とされています。

ちなみに「パステルカラー」の語源は、
この染色による淡いブルーから生まれたそうです。

*****

そんな2種類の天然染めのリネン生地と、定番の真っ白なリネン生地を用いて、
更なるOUTILらしさが詰まったアイテムが製作されました◎

APRON ONE-PIECE
"ROBE MIONNAY"

c0102137_13010324.jpg

c0102137_13010401.jpg

c0102137_13010427.jpg

c0102137_13013029.jpg

ヴィンテージのエプロンドレスをイメージソースに用いた1着。
ゆるめに開いたネックラインの曲線が綺麗です。
ノースリーブなので、重ねるインナー次第で雰囲気の違いを楽しめます*
バックボタンには、オリジナルの真鍮ボタンがキラリと主張します。

c0102137_13010837.jpg

price:¥26,000+tax
color:BLUE/BLACK
size:1

c0102137_13010360.jpg

nisica定番のガンジーネックバスクとの相性が◎
この他にもTシャツやブラウスなどと重ねても素敵です。
高めの腰位置からギャザーを寄せているので、
ボトムスも細身~ワイドまで幅広くマッチします。
着こなしは十人十色!


VINTAGE PULLOVER SHIRTS
"CHEMISIER MILLERY"

c0102137_21224638.jpg

c0102137_21224683.jpg

c0102137_21224520.jpg

c0102137_21224610.jpg

c0102137_21224541.jpg

ミリタリーライクなOUTILらしいこのシャツ。
ネックのフロントにフラップが施され、内側のボタンで開閉できるようになっています。
胸元にはひとつポケット。
シンプルなデザインですが、長めの丈のアンニュイさも手伝って、
さらっと着たい1着だと思います*

c0102137_21224540.jpg

price:¥25,000+tax
color:BLUE/BLACK
size:0/1

c0102137_21224580.jpg

Cut-sew:JOHA Pants:Juillet a Sapporo Boots:SANDERS

なんと綺麗なアオ!!!
でも奇抜ではなく、普段着ているアレコレにすっと馴染むのです*
裾の広がりが抑えられているのも特徴的です。
そして、このパステル染めの経年変化も見物です*


WORK SHIRTS
"CHEMISIER FIRMINY"

c0102137_21265099.jpg

c0102137_21264960.jpg

c0102137_21264986.jpg

c0102137_21264991.jpg

c0102137_21264823.jpg

本日の〆は、フレンチワークウェアの雰囲気が滲み出るシャツで。
低めの位置に配置されたフロントのポケットや、メタルボタン、
小振りな襟など、服好きをくすぐる要素が散りばめられたような1枚!

1枚で着てもよし、羽織ってもよし。
ワードローブに加えるには文句なしですね*

c0102137_21264820.jpg

[DYED]
price:¥25,000+tax
color:BLACK/※BLUE(入荷予定)
size:0/1

[SOLID]
price:¥23,000+tax
color:WHITE
size:0/1

c0102137_21264883.jpg

Tank-top:Vlas Blomme Skirt:Brocante Reggings:JOHA Hat:Ecua-Andino Boots:SANDERS

リラックス感のあるスタイリングでまとめました*
シャツの着こなし方は、ボタンをひとつ留めてラフに。
スカートと合わせても野暮ったくないシルエットも◎
リネンのシャツは、着心地も良く、長いお付き合いができるものを選びましょう!
これがイイですよ!!

*****

OUTILだからこそ成し得た拘りの天然染めリネン。
染める技術を持った職人さんが減少している現代において、
今後出会えるか出会えないか...というのも過言ではありません。

ぜひ一目見にいらして下さい。
ご来店心よりお待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

c0102137_20064131.jpg

JUILLETでは一緒にお店作りをして下さるスタッフを募集致します。
詳細はこちらをご覧くださいませ。⇒

# by JUILLET-7 | 2017-03-27 22:14 | OUTIL | Comments(0)

OUTIL "Indigo Black"


c0102137_21154652.jpg

OUTIL
"Indigo Black"

c0102137_21172457.jpg

1900年代初頭、羊飼いの着ていたローブなんかで使用されていた色[ブラックインディゴ]。
藍色を幾重にも重ね、黒い近づけた色味を指します*

程良い肉感のコットンツイルにインディゴ染めを施し、
ログウッドという天然素材で染めることにより、
OUTILが現代においての[ブラックインディゴ]を再現しました。

写真では伝わらないのがもどかしいです。
ぜひ店頭でご覧頂きたい。

WORK JACKET
"VISTE DIEME"

c0102137_21160999.jpg

price:¥34,000+tax
color:INDIGO
size:0/1

c0102137_21160958.jpg

c0102137_21160827.jpg

c0102137_21160949.jpg

c0102137_21160540.jpg

c0102137_21154739.jpg

スタンドカラーとポケットの配置が特徴的なジャケット。
サイドポケットはスナップボタンで留める仕様になっています。
立体的な袖付きで、なかにある程度着込んでも動き易く◎

c0102137_21160094.jpg

Pullover:Brocante Tank-top:Veritecoeur Skirt:maison de soil Sneaker:ARMEN Necklace:MARIA RUDMAN

ショート丈のアウターは、これからの季節に持っていて間違いない「鉄板」のひとつ。
そんな「鉄板」を、この風情たっぷりの[インディゴブラック]で、
1年1年...歳を重ねて付き合ってゆくのも、素晴らしいのではないでしょうか?

LONG COAT
"MANTEAU ARNAS"

c0102137_21164641.jpg

price:¥42,000+tax
color:INDIGO
size:0/1

c0102137_21172405.jpg

c0102137_21172386.jpg

c0102137_21172303.jpg

c0102137_21164600.jpg

ジャケット同様、スタンドカラーのロングコート。
こちらは立体的なポケットで、ついつい何かを詰め込みたくなる1着*
ボタンは一番上以外は、比翼に隠れます。
シンプルであるゆえ[インディゴブラック]の濃淡を深く感じて頂けるのでは?

c0102137_21172483.jpg

Vest:HOLD FAST Basque-Shirts:Tieasy Chino:A VONTADE Shoes:trippen

袖付けはタイトめです。なので、サイズによっても印象が変わります!
ここのジャッジはぜひ着比べをしてみて欲しいところです。

こうしてインにベストを重ねるスタイリングは、
マニッシュでありながらも女性らしい凛ととした雰囲気に仕上がります◎

***

「経年変化を楽しむ」
ということは、常日頃JUILLETのテーマのようなものでもありますが、
この[インディゴブラック]は、過去にもないくらいの逸品です。

インディゴ好きは勿論、全ての人に見て頂きたいと思います。

ご来店、心よりお待ちしております!

石部

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

c0102137_20064131.jpg

JUILLETでは一緒にお店作りをして下さるスタッフを募集致します。
詳細はこちらをご覧くださいませ。⇒

# by JUILLET-7 | 2017-03-26 23:02 | OUTIL | Comments(0)

OUTIL 2017Spring&Summer


本日より、今季のコレクションがずらっと並びます*

c0102137_09402019.jpg

OUTIL
2017 Spring&Suumer

2シーズン目となる[ウティ]。

"道具としての洋服"をコンセプトに、
ヨーロッパのワーク・ミリタリー、ユニフォームなどに
フォーカスを当てた洋服作りをフランスで行います。

今季は1900年代初頭、
フランスでワーク・ミリタリーで使われていた生地や染色方法に、
ぐっとクローズアップしたようなラインナップ。
インディゴブラック、パステル染めなど....
染色から縫製、生地に至る工程は、フランスと日本の職人たちによるものです。

古くからの技術を現代に残したい。
そんなデザイナーの想いも色濃く反映され、感じることのできるコレクション。
ぜひ、じっくりとご堪能くださいませ!

ご来店お待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

# by JUILLET-7 | 2017-03-24 22:38 | Comments(0)