LONDON TRADITION


先日ご紹介したGLOVERALLに続いて。
JUILLETで展開するもうひとつの"長くお付き合いできるダッフルコート"

c0102137_16585129.jpg

LONDON TRADITION
MID CALF LENGTH DUFFLE COAT

c0102137_16585191.jpg

price:¥65,000+tax
color:OLIVE/BLACK
size:36

[LONDON TRADITION(ロンドントラディッション)]は2001年、
英国の老舗衣料品メーカーで経験を積んだMamun Chawdhury氏とRob Huson氏によって、
イギリス・イーストロンドンで誕生。
英国の伝統的な洋服の仕立てや、優れた品質、職人技などを残すべく、
英国らしいアウターウェアを多く作り出しています*

c0102137_16585079.jpg

Blouse:mizuiro ind Skirt:Brocante Muffler:Khadi&Co. Tights:FALKE Boots:Paraboot

端正なフォルムがこのダッフルコートの魅力。
丸みのないシルエットでありながら、女性らしさを損なわないのはLONDON TRADITIONだからこそ!

c0102137_16585198.jpg

c0102137_16585197.jpg

c0102137_16585207.jpg

c0102137_16585204.jpg

細やかなデティールは伝統的なダッフルコートそのものです。
水牛のトグルを使用しており、より大人顔のイメージに。
ミディアムレングスで、だいたい膝前後くらいまでしっかりとしたメルトンが体を包んでくれます◎

「ダッフル」の意味を皆様ご存知でしょうか?
これはベルギーにある"デュフェル"という街が起毛仕上げのメルトン生地の産品であり、
古いダッフルコートはここの生地を使用したことに由来するのだそうです。

今では、トグルボタンとフードがあると「ダッフルコート」と呼ばれるようになりましたが、
本当の意味は生地の産地なんですね*

c0102137_16585298.jpg

c0102137_16585178.jpg

よく「裏地が無い」と言われてしまうこともあるダッフルコートですが、
個人的には裏地のついたダッフルコートはちょっと邪道だと感じてしまう私。

十代の頃、古着屋さんで見ていた昔ながらの重たい大きなダッフルコートは、
その殆どがこうして裏にチェックが施されていました!

LONDON TRADITIONのダッフルコートは、
伝統を残しながらも現代にフィットした素晴らしい逸品。
全然重くないし、驚く程に保温性もあるのでご安心ください。

いくつかあるカラバリから、JUILLETがチョイスするのはいつもOLIVEとBLACKです。
土臭さも感じるミリタリーライクなOLIVEと、どこかフォーマルさのあるBLACK。
他のブランドだとミスマッチ感を拭えないのですが、LONDON TRADITIONはこの2色がかっこいい*

毎年入荷とともに姿を消しますが、今季は少し納期が遅れました。
一面の雪景色に、ダッフルコートを着たくなった方も多いのでは?

ぜひJUILLETで"長くお付き合いできるダッフルコート"に出会いにいらしてくださいね◎
ご来店お待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-11-20 16:42 | Comments(0)