OUTIL::BLACK MOLE SKIN


フランスのワークウェアを代表する素材「モールスキン」。

40年〜50年代にかけてフランスで作られていた生地は、少しの光沢感と滑らかで程良い肉感であり、
ワークウェアでありながら上品な雰囲気も感じます。
現在は本国フランスでさえ、
その当時と同じクオリティの「モールスキン」を生産することは不可能だそう...

しかし、今季OUTILが作り出した「ブラックモールスキン」は、
その当時の匂いを感じることの出来る、極上のファブリック。

ヴィンテージ好きにはたまらないアイテムではないでしょうか?

OUTIL
BLACK MOLE SKIN
"PANTALON ALBI"

c0102137_13510170.jpg

price:¥24,000+tax
color:BLACK
size:1

c0102137_13510113.jpg

c0102137_13510221.jpg

c0102137_13510235.jpg

c0102137_13510117.jpg

フレンチワークウェアがベースですが、より現代にフィットするような美しいシルエットの1本。
ある程度の太さはあるのですが、ダボつく感じは全くありません。

見えない箇所ですが、内股を縫い合わせるシームが表にでないように脇割りにし、
その片側にパイピングを施してあります!
見えない箇所ではありますが、履き易いようにと凝った作りをしています。

1本は持っているべき黒パン。
このブログでもよくお話しますが、コレ!という黒いパンツって、なかなか見つかりません。
こすけた感が他の色よりも強く現れるので、気になってしまうのかもしれません。

「ブラックモールスキン」は、履けば履く程、付き合いの分だけ雰囲気が増します◎
こんなに履いていて将来が楽しみなパンツはないんじゃないかと。

c0102137_13510194.jpg

Shirts&Cut-sew:OMNIGOD Beret:GLEN GORDON Shoes:Paraboot

普段デニムを履くところを、黒パンに変えてみる....と、
しゅっとしたクールなスタイルの完成。
黒パンだからカッコ良く、クラシカルにしようとは思わなくてもいいと思います*
このOUTILのブラックモールスキンは、土臭さもきちんとある1本です。
冬はセーターやシャツ、ブラウスと。
夏にはTシャツやリネンのトップスにもマッチしますよ。


BLACK MOLE SKIN
"SALOPET BIDER"

c0102137_11435214.jpg

price:¥32,000+tax
color:BLACK
size:1

c0102137_11435104.jpg

c0102137_11435204.jpg

c0102137_11435160.jpg

c0102137_11435275.jpg

今季数多くのサロペットをご紹介していますが、今年はサロペットの大当たり年でした*
それぞれのブランドのアイデンティティがたっぷりと表現されています。

OUTILの"SALOPET BIDER"は、他とは違った雰囲気を醸し出しています。
それは大きくブラックモールスキンの影響だと言えますが、
フロントのフラップポケットや、バックスタイルに肩紐のボタンを配置するなど、
他にはない細やかなディテールも、スパイス的に効いていると思います◎

そして、シルエットが綺麗め過ぎないこともイイところですね!

c0102137_11435121.jpg

Shirts:OUTIL Bandana:Glarner Tuechli Boots:trippen

スタンドカラーのシャツにくるっとバンダナを巻いてアクセントに。

カメレオンのように、どんなアイテムともすんなりとハマるのも、
サロペットの優秀なところではないでしょうか?
モノトーンの着こなしは私たちも大好き*
べたっとした黒ではなく、どこか光を反射するところも「ブラックモールスキン」の魅力です。

*****

次回はOUTILの定番的に使えるシャツをご紹介します*
サロペットと一緒に着ている"あれ"です!
どうかお楽しみに。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-12-10 21:54 | OUTIL | Comments(0)