::KLASICA::


KLASICA
"The Place for Me"

c0102137_16015014.jpg

Coat.Shirts&Pants:KLASICA Shoes:paraboot

早速!KLASICAの新作たちをご紹介してゆきたいと思います。

Atelier Coat "POST"

c0102137_16021763.jpg

price:¥57,000+tax
color:BLACK
size:1

c0102137_16015078.jpg

c0102137_16021748.jpg

c0102137_16021739.jpg

c0102137_16015024.jpg

c0102137_16015048.jpg

秋冬にも登場していたこの形は、気になっていた!というお声もよく耳にしました。
バックスタイルに大きなポケットを配置したKLASICAらしいアイテムのひとつです*

とにかくポケットが豊富なこのコート。
フロントは胸元にひとつ、裾に立体的なポケットふたつ、
前述の通りに背面にはマガジンポケット....バッグは不要かもしれません*
美しいAラインを描き、流行り廃りのない長く付き合える1着に仕上がっています。

今季のファブリック①:
[HIGH COUNT HERRINGBONE FADE DYE](Cotton70%/Nylon30%)
高密度ヘリンボーンに顔料染めを施しています。
一見ヘリンボーン織りを見つけられません。それくらい細かいのです*
ハリがあり、袖を通すとシャンと背筋が伸びるような心地良さを感じます。
河村さん(デザイナー)曰く、ここから着込んで柔らかくなるのも楽しみな素材!と。

ナイロンが入っているので、少々の雨くらいならへっちゃら。
気負いなくガシガシ着てください◎


Tuck Wide Pants "GRIOTTE-AX"

c0102137_16023776.jpg

price:¥48,000+tax
color:MIXES GREY
size:1/2

c0102137_16022896.jpg

c0102137_16022857.jpg

c0102137_16022848.jpg

c0102137_16022875.jpg

c0102137_16022843.jpg

c0102137_16022719.jpg

履いた途端に溜め息が漏れてしまう....というのもKLASICAのボトムスの特徴です(笑)...

腰回りのタックやカーブを描くカッティング⇒立体的なシルエットを作り上げ、
ズドンとした太さはそのままに、クラシカルな美しさも兼ね備えた1本です。
ポケットにあしらわれたボタンと留め具の大胆さがアクセントになっていますよね*

c0102137_18163757.jpg

今季のファブリック②:
[ALEXANDRA TWILL "SUMMER ARRANGED"](Ramie57%/Cotton43%)
もともとはウールで織られた冬の織物としてあった生地を、どうにか春夏の素材で作れないか?と
河村さんが試行錯誤して作り上げたファブリックがこれ。
鈍い光沢感が金属のようなかっこよさを、服に与えてくれています。

丈がすごく長いので、お直しをしてすっきりと履くのもひとつですが、
あえてこうして太めに折り上げて履いてみてほしいですね。(丈詰めはいつでもできますし!)
ワークっぽさの遊びが生まれると、トップス選びの幅が広がると思います*


Gatherd Front No Collar Shirts "SH-024"

c0102137_16023732.jpg

price:¥32,000+tax
color:CARBON/ECRU
size:1

c0102137_16021687.jpg

c0102137_16021680.jpg

c0102137_16021644.jpg

c0102137_16021601.jpg

c0102137_17463379.jpg

c0102137_16021789.jpg

横向きのギャザーって、ちょっと天の邪鬼だな....なんて感じません?
フロントの切替から、部位によってギャザー量を調整して、生地のドレープを味わうシャツです。
ノーカラーなのでラフに着れるというのも嬉しい!

「ハーフラグラン」と名付けられた袖付けも圧巻です。
肩〜袖上部は1枚の生地で繋がったままなんです。
すっきりとした見え方をしつつも、動き易さもしっかりと確保する作りです*

c0102137_16023752.jpg

今季のファブリック③:
[LOW TENSION SLAB YARN TYPE RWITER](Cotton100%)
一般的にタイプライターというと、シャリっとした硬さがあるものなのですが、
初めてこのファブリックを手にしたときはうっとりする程の柔らかさに驚きました。
スラブヤーンコットンと呼ばれる素材を緯糸に、織り上げる際も密度を上げ過ぎないように....
ネップがファブリックの表情をより豊かに見せてくれます。

このファブリックでシャツをもう一型。

Open Collar Shirts "SH-025"

c0102137_16023762.jpg

price:¥28,000+tax
color:CARBON/ECRU
size:1

c0102137_16014919.jpg

c0102137_16014927.jpg

c0102137_16014900.jpg

c0102137_16014903.jpg

c0102137_16014916.jpg

ボタンをしっかりと留めて、シャツとしての着こなしも素敵なんですが、
夏にはシャツジャケットとしてもおすすめしたい1着です。
肩・身幅周りはゆったりとしていて、開衿と胸元のフラップが(イイ意味で)不良っぽくて◎
バックスタイルはボーリングシャツからのインスパイアだそう!

c0102137_16014918.jpg

Inner:Veritecoeur Pants:OMNIGOD Shoes:Paraboot

あえて裾はイン!.....してもしなくても素敵なんですが、彼女(酒元)にはこっちが似合う◎
デニムやチノパンなどなど....お手持ちのアイテムにプラスすることで、
新たな自分らしさを見つけてくれそうなシャツだとも感じます◎

*****

こうしてブログを書いていると、物欲が上昇して来ちゃいますね。
ということで今日はこの辺で.....

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-01-12 18:15 | KLASICA | Comments(0)