2017年 10月 13日 ( 1 )

OUTIL::MOLESKIN


引き続き、OUTILのコレクションをご紹介してゆきます*

OUTIL::MOLESKIN

c0102137_14534155.jpg

「モールスキン」と呼ばれる生地。

"モグラの皮"の意味を持つそうですが、基本コットン素材です。
綿糸を高密度に両面を起毛させながら織り上げるため、とっても丈夫。
そして独特の柔らかさと厚みを持ち、保温性も高いという特徴を持ちます。

フランスでは古くからワークウェアに取り入れられていました。
フレンチワークを代表すると言っても過言ではない、と勝手に思っています。

"APRON GUICHE"

c0102137_14534149.jpg

price:¥26,000+tax
color:INDIGO
size:F

c0102137_14534143.jpg

c0102137_14534068.jpg

c0102137_14534135.jpg

そんなタフな「モールスキン」で製作したエプロンドレス。
フレンチワークと言えば、この鮮やかなブルー!
フロントはポケットが配置されただけのミニマムなデザインですが、
振り返ると二重に重なったボトムのレイヤードにも、ぱっと目を奪われます◎

しっかりとした生地というのは、どうにも重さも比例します。
このアイテム、ボリュームはありますが着心地にビックリ。
モールスキンは空気を織り込んだ作りの所為か、軽いのです。

c0102137_14534101.jpg

One-piece:Veritecoeur Boots:Sanders Tights:FALKE

エプロンドレスというのは、どうしてもワクワクする逸品。
スタイリングの幅が広く、ワンピースでもスカートでもパンツでも...なんでもOK!というのがニクい。
どう着こなそうか?を考えるのが楽しいのです*
このポケットがとっても便利だったり、1枚重なることでの保温性も◎
北海道に暮らす女性にとっては重宝するツール(=OUTIL)になるはずです。


"ROBE HELLETE"

c0102137_14533360.jpg

price:¥28,000+tax
color:BLACK
size:1
SOLD OUT

c0102137_14533255.jpg

c0102137_14533224.jpg

c0102137_14533394.jpg

c0102137_14533242.jpg

不思議と馴染みの良さを感じてしまう漆黒のワンピースは、
やはり「モールスキン」という生地の奥深さを感じられるアイテム。

こちらもシンプルなスキッパープルオーバー、ミディアム丈、
ウエストにリボンが施され自由にブラウジングして着て頂けます。
文章にするとよくありそうな....でもこれは他とはひと味もふた味の違う。別格です。

c0102137_14533367.jpg

Cut-sew:JOHA Tights:FALKE Boots:trippen Necklace:Maria Rudman

これだけで完成してしまいます。
小物がより映えるので、アクセサリーやストールなんかがお好きな方におすすめ。
シルエットにも上品さを感じさせられます*

***

さて「モールスキン」は経年変化も大きな魅力。
洗いをかけるほどにパッカリングが現れたり、滑らかさが増してゆきます。
一緒に歳を重ねてゆける服。
そんな風に捉えてもいいかもしれません。

ぜひ店頭で手に取ってみてくださいね。
ご来店お待ちしております!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-10-13 23:26 | OUTIL | Comments(0)