2017年 10月 29日 ( 1 )

SANDERS::DERBY SHOES&DERBY BOOTS


SANDERS

c0102137_17475253.jpg

1873年から、140年以上の歴史を持つメーカー「Sanders&Sunders Ltd.」ー
靴の聖地=英国ノーザンプトンシャー・ラシュドンにて、
ウィリアム・サンダースとトーマス・サンダースの兄弟によって設立。

長い歴史で培われた素材選びと、伝統的なグッドイヤーウェルト製法によるレザーシューズを、
今尚作り続けております。

イギリス国防総省(MOD)の依頼を受け、
英国軍に納入するレザーシューズの殆どを担っているという実績を持つだけではなく、
錚々たるブランド(ギーブス&ホークス、マルセルラサンス、A.P.C.、ラルフローレン等々...)のOEMも手掛け、
伝統と格式を備えた超老舗から、トレンドを牽引するブランドのデザイナーにまで支持されています。

c0102137_19534483.jpg

(2012年のロンドンオリンピックでは、GAURD(近衛兵)が履いていました!)

JUILLETでは長年”定番の革靴”としてセレクトしています。
そのシューズの歴史・背景は勿論ですが、率直にこの佇まいが美しくかっこいいから。
それが理由です*

Military Derby Shoes

c0102137_17475255.jpg

price:¥46,000+tax
color:BLACK
size:3h/4/4h/5/5h/6
※ブログUP時点でご用意のあるサイズのみ表記しております。

c0102137_17475352.jpg

c0102137_17475334.jpg

c0102137_17475389.jpg

c0102137_17475364.jpg

c0102137_17475993.jpg


Military Derby Boots

c0102137_17475955.jpg

price:¥55,000+tax
color:BLACK
size:4h/5/5h/6
※ブログUP時点でご用意のあるサイズのみ表記しております。

c0102137_17475908.jpg

c0102137_17475365.jpg

c0102137_17475300.jpg

c0102137_17504098.jpg

c0102137_18233662.jpg

c0102137_17475989.jpg


アッパーのレザーには、軍納入実績のあるポリッシュ加工されたカーフレザーを使用*
無骨さの中にも品の良さを感じられる、女性らしい雰囲気に仕上がっています。

ロイヤルワラントを授かり、製品のヒールにはエリザベス女王のクラウンマーク(王冠)が。
シューレースもブラックとオリーブの2色付いています。

ソールについては、以前もお伝えしましたが"ダイナイトソール"での生産は今後なし!
という悲しいお知らせが......

DAINAITE社が手掛ける"ダイナイトソール"は、
底面に施された丸い凹凸がグリップ力を高め、雨や雪の上でも滑りににくく、
且つ、側面からはレザーソールと変わらない印象で、ゴツく見えません。

北海道で暮らす私たちにとって、最強とも言えるソールでしたが....
今後はどうしようかJUILLETとしても検討中です。
こればっかりはどうしようもないかもしれません。

c0102137_18233640.jpg

ご覧頂いた通り、サイズも欠け始めております。
ソールのことを考えると、今買うのが一番良いと思います。
気になっていた方、どうかお早めに。

「う〜ん、でもなぁ....」というお声が聞こえて来ました....(笑)
明日は、ちょっぴり高価なお買い物に嬉しいイベントのお知らせをしますよ!
もう少しお待ち下さいね*

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-10-29 18:49 | SANDERS | Comments(0)