2018年 01月 13日 ( 1 )

::KLASICA::


本日はレディなアイテムをご紹介して参ります*

KLASICA
"The Place for Me"

c0102137_18212537.jpg

Jacket:kha:ki Basque-Shirts:Tieasy Boots:Paraboot

先日、KLASICA入荷速報をお伝えしたときにも登場していたワンピース。
展示会場(アトリエ)で一目惚れをしてしまいました*
デザイナーは男性なのに、どうしてこうまで女心を鷲掴みにしてしまうのか....!
本日はこの疑問に迫ろうと思います。

Square Forme Strap Dress "INGRID"

c0102137_18212620.jpg

price:¥56,000+tax
color:SHINE BLACK
size:One

c0102137_18212553.jpg

今季のファブリック④:
[TOP DYE STRETCH LINEN WEATHER](Linen71%/SIKITEX polyester29%)
とろみとストレッチ性があり、そして静かな光沢感をはらんだ美しい素材です。
マットな深い発色は、女性の柔らかさを引き立ててくれます◎
河村さん曰く「旅行に持ってゆくにも良いんですよ」という意外な凡庸性も兼ね備えています。

c0102137_18212598.jpg

c0102137_18212526.jpg

c0102137_18212460.jpg

c0102137_18212582.jpg

c0102137_18212541.jpg

着てみて感じるのは、とにかく軽い。
見た目にも触ったり持ったりしたときにもあるであろう重さが、着ると感じなくなります。

着脱時はサイドのジップを開閉し、エプロンのように胸元でリボンを結んで調整します。

ウエストの切替から、プリーツが始まります*
直立しているとストンとIラインを描きますが、動きとともにその本性を表すかのように広がるドレープ!
サイドには何かと便利な大きなポケットもあって、不便がまったくありません。
そしてご覧の通り、裾はサイドが一段短く段差になっていて、
ちらっと除く靴やレッグウェア、はたまた足首で、個性を解放させてくれます。

これは「ブラックドレス」です。
長く着ることでシンプルなものを追求してしまいがちですが、
このジャンルのモノに感しては"ちょっとユニークで個性的なデザイン"が必須ではないでしょうか?
女性にしか身に纏えない服としての主張が、女心を掻き立てるのだと思います。

(欲しい!)

同じ素材を使用し、定番のあのスカートも....♪

Balloon Skirt "EVANS"

c0102137_18210603.jpg

price:¥31,000+tax
color:SHINE BLACK/DIRK NIGHT
size:One

c0102137_18210527.jpg

c0102137_18210526.jpg

c0102137_18210608.jpg

c0102137_18223098.jpg

c0102137_18223024.jpg

KLASICAと言えばコレ!を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
履いていると「これないの?」とお店で聞かれるのは当たり前のことでして、
これに関しては街中でナンパされることもあるくらい!すごいでしょう?(笑)

表地と裏地を縫い合わせて膨らみを持たせている、という単純なものではなく、
部分によっては捻りを加えてバランスの良いフォルムを生み出しています*

残念ながら、他にはないアイデンティティを爆発させている素敵なスカートです。
しかも今季はこの最強のファブリックを使用していますので、どうぞお見逃しなく。

c0102137_18210522.jpg

Basque Shirts:Saint James Boots:Paraboot

ブラックドレスやら、バルーンスカートやら....着ていくシーンがない!なんて思わないで頂きたい。
ドレッシーに着るのではありません。日常着として着ることを提案します!

だから合わせるのは、バスクシャツやシンプルなニット、夏ならばTシャツでOKです*
上に羽織るモノも、フードのついたパーカーでもワークジャケットでもなんでもいい。

KLASICAの服は、不思議なくらい日常着なのです!!

*****

KLASICA以外にも、続々と春夏物が集結してきています。
今すぐ着たい!にもお応えできる新作たちです。
ぜひ見にいらして下さいね!お待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-01-13 00:02 | KLASICA | Comments(0)