Yarmo MELTON HOODIE


前回のブログから、少し日が空いてしまいました...が、
予告通り、もうひとつのオーバーコートをご紹介します*

Yarmo
MELTON HOODIE

c0102137_22121774.jpg

price:¥42,000+tax
color:Dk.Holly
size:M(Free)

c0102137_22121659.jpg

イギリスの老舗ワークウェアブランドYarmo(ヤーモ)の冬定番コートです。
お店で見かけたことがある!という方もきっと多いはず。毎年人気です。

c0102137_22121650.jpg

c0102137_22121712.jpg

c0102137_22121708.jpg

c0102137_22121654.jpg

c0102137_22121768.jpg

軽量でありながら密度の高いメルトンを使用しています。
フロントはヘリンボーンのリボンを結んで留めるという、ユニークなデザイン。
裾と袖口にもリボンが通っていて、絞れるようになっています。これは風の侵入を防ぐためなのですが、
フォルムが変わることがスタイリングする上で楽しみにも繋がります*
大きなフードも完備!雪の日にはやっぱりフードが有り難いな〜と感じますね。

ジャケットやコートが汚れないようにと、
アウターの上にさらに羽織っていた外套がベースの一着。
裏などはない一枚仕立てですが、中に色々着込むことができますよ◎

c0102137_22121577.jpg

c0102137_22121688.jpg

Shirts&Over-All:OUTIL Cut-sew:JOHA Glove:Itariaguant Sox:FALKE Boots:Yarmo

オーバーオールにシャツというカジュアルなスタイリングを、ぴりっと引き締めて!
ばさっと羽織るだけでもサマになるのは、やはりYarmoの貫禄かと。
大人の女性が着るにふさわしいかっこよさがあります◎

この[Dk.Holly]と呼ばれる深いグリーンも格別。
日本人に馴染むとても美しい色です!

****

先日ご紹介したORCIVALのマントコートをはじめ、
こうした変わり種なアウターは日常着のスタイリングの幅を広げてくれます!
「いつものアウター」だと時々起こってしまうストレスを解決してくれますよ。
内側に着込んだり、インナーダウンを重ねても、すっきりと見せられることもいいんです◎

ぜひ、一度袖を通して見て下さいね。
ご来店お待ちしております!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

# by JUILLET-7 | 2017-12-07 22:34 | YARMO | Comments(0)

ORCIVAL/MELTON HOODIE MANT


先日のブログで登場していたこのコート。
お問い合わせが多いので、早速ご紹介したいと思います。

c0102137_21131087.jpg

ORCIVAL
MELTON HOODIE MANT

c0102137_21191757.jpg

price:¥45,000+tax
color:GREY
size:F

c0102137_21130939.jpg

c0102137_21131005.jpg

c0102137_21130961.jpg

c0102137_21131048.jpg

しっとりと柔らかで、程良い肉感のあるメルトンを使用したオーバーコート。
クラシカルな印象で、どことなくカッコ良さのある1着です。

袖がないので、厚手のセーターや大きな袖のデザイン性のあるお洋服の上からも、
ばさっと羽織ることが出来ます。
サイドにボタンがついているので、風に煽られて寒い!ということもなく、
しっかりとカラダを包み込んでくれますよ。

こういうコートって探すとなかなか出会わないものです。
しかもメルトンで、しかもフードがついていて....なかなかないです、本当に。
....と言いつつ、JUILLETにはもうひとつ似寄りのコートがあるのです。
そちらはまた後日ご紹介しますので、お楽しみに*

気になる方はぜひショップまで。ご来店お待ちしております!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

# by JUILLET-7 | 2017-12-02 21:33 | ORCIVAL | Comments(0)

"joha"


今年の春から取り扱いをスタートしたカットソーブランド JOHA(ヨハ)
もうすでに虜になってしまった方も続出です*

c0102137_19570677.jpg

JOHAは1963年にデンマークで誕生しました!
体温調整がうまくできない子供たちが快適に過ごせるようにと、子供向けのウール製肌着を開発。
メリノウールをはじめとした上質な素材で、シンプルなインナーウェアを展開しています◎

メリノウールの素晴らしさをおさらいしますと...

c0102137_19570509.jpg

1.免疫機能をもつクリーンな素材

皮膚は侵入してきた最近を無害化する免疫機能をもっています。
ウールも同様の機能をもっていて、臭いの原因となる細菌の繁殖を抑制し、
クリーンな状態を保ちます。ショーツさえ取り替えていれば、
1週間程度は問題なく使用できるほどの高い抗菌・消臭の効果があります。

2.冬はあたたかく

ウールは、肌から発散されるわずかな水分を吸収する際に、
熱を発生させ、ぬくもりに変えてくれます。その為ため冬でもあたたか。
また他の繊維と比べても郡を抜いて高い吸水性があるため、汗冷えも起こりません。

3.夏はすずしい

ウールは、身体から吸収した水分を外側に放出して余分な熱を逃し、
夏でもすずしい状態に保ってくれます。肌の表面もサラサラ。
綿は汗を繊維の表面に溜め込み、
肌の表面が濡れたままになってしまうことがあるのでこうはいきません。
また吸湿量もウールは綿の1.8倍、ポリエステルの40倍と、とても優秀です。

4.身につけていることを忘れるような肌触り

「ウールはチクチクしてとても肌に直接着れない」
なんて先入観はありませんか?
現在は紡績技術も進み、18-19ミクロン程度ととても細い繊維を作れるため、
チクチクする不快感はほとんどありません。
乾燥した季節に皮脂膜が傷つくことで起こる肌荒れも、
ウールの下着を身に付けることで肌が再生されるという研究結果もあります。

5.赤ちゃんの成長の度合いにも差が出ます

イギリスのケンブリッジ大学では、超未熟児34人を対象に、
毛布の素材によって赤ちゃんの成長の度合いに差がでるのか、
というテーマで綿とウールの比較実験を行いました。
ウールの毛布を使った赤ちゃんは1日平均21.5gの体重増加があったのに対し、
綿は平均18.2gと成長度合いに大きな差がでることがわかりました。


と、良いことづくしなんです!
そしてお洗濯も簡単。ネットに入れて洗濯機へポン!※お湯は使わないように!!
約半年愛用している砂原曰く「伸びも縮みもしなくて本当にいい!」とのこと。

JUILLETでは3種類のインナーウェアを常時取り揃えています*
(時々欠品しますが、その際はぜひ入荷連絡をお申し付け下さいませ。)

Long Sleeve

c0102137_19570585.jpg

price:¥6,800+tax
color:WHITE/GREY/BLACK

c0102137_19570615.jpg

c0102137_19570546.jpg

本格的な寒さに備えておすすめしたい長袖のカットソー。
カラダにぴたっとフィットして、ごわごわ外側の服に響きません。
これ1枚着るだけで、薄手のシャツやブラウスもポカポカの冬服に変わります。


Tank-top

c0102137_19570536.jpg

price:¥4,800+tax
color:WHITE/GREY/BLACK

c0102137_19570605.jpg

春夏秋冬一年中活躍するのが、タンクトップです。
夏には暑くないかな?と半信半疑で着ていましたが、まったく不快感なし。
汗をかいたときにも、サラッとし続ける着心地の良さを初体験しました。
吸湿力の高さは本物です*


Leggings

c0102137_19570446.jpg

price:¥6,800+tax
color:WHITE/GREY/BLACK

c0102137_19570671.jpg

ブログでは初登場ですが、レギンスも定番の品。
ワンピースやスカートに合わせるのは勿論ですが、個人的には薄手のパンツに重ねて履くことが多いです*
去年暴露してご存知の方も多いと思いますが、冬は"ももひき"としてレギンスが欠かせない私。
JOHAのレギンスが一番あったかいです!!

c0102137_19570608.jpg

JOHAはパッケージも可愛いんですよね〜*
贈り物としても喜ばれるのではないでしょうか?
年内の入荷は今回最後ですので、来る冬に向けてお早めにご準備を。

ご来店お待ちしております!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

# by JUILLET-7 | 2017-12-02 20:32 | JOHA | Comments(0)

FALKEのレッグウェア


JUILLETのスタッフは、冬はここのタイツしか履かないんです。

c0102137_15391762.png

1895年にフランツ・ファルケ氏によってドイツで設立した靴下メーカー。
設立当初から、人間工学に基づいた機能性を重視したモノ作りに撤し、素材開発に拘る続けています。
ヨーロッパではビジネスラインの紳士ソックスやストッキングに定評がありますが、
ここ日本ではカジュアルなソックスが人気で、デパートだけではなく様々なセレクトショップで見かけます。
履き心地の良さとファッション性の高さが魅力です◎

"Family"

c0102137_15391644.jpg

price:¥3,200+tax
color:BLACK/CHARCOAL/MOCA/GREY
size:38-40(One size)

c0102137_15391671.jpg

c0102137_15391795.jpg

コットンをメインとした透け感のない肉厚なタイツ。
ウエストがメッシュのような作りで、お腹全体にフィットし締め付け感がありません。
足に当たる部分は必要な箇所にだけ編み方を変えており、
人間工学的な視点から作り込んであるのです。

履いた時に、脚が綺麗に見える!というのが、女性としてとっても嬉しい◎
冬に悩まされる「チクチク」や「パチパチ」もなく、本当に快適です!

....そんなわけで、JUILLETでは他にタイツを取り扱っておりません。
唯一無二。
スタッフ全員が文句なしでこのタイツを愛用しております*


"WALKIE"

c0102137_15391793.jpg

price:¥2,200+tax
color:SAND-MIL/GRAPHIT
size:37-38

c0102137_15391710.jpg


もうひとつのド定番ソックスが、この"WALKIE"です。

方足ずつに「L」と「R」の表記が。実はコレ左右を表しています!
足の形に沿って作っているので、間違いないように!の目印ですが、
この表記が可愛くて真似をするブランドが後を経ちません...(笑)

履き心地は「ふわっ」と「がしっ」とが共存する不思議な感覚。
とても厚手なので、ブーツやチロリアンシューズなどとの相性がばっちりです。

個人的にはParabootの[MICHAEL]には"WALKIE"がベストだと思ってます◎

*****

ここで靴下の捨て時のお話。

気に入ったものって、なかなか捨てることができません。
数年前の引っ越しの時、私はFellowsのボックス3箱分くらいの靴下を持っていました。
穴があいてしまっても繕ったりするほど気に入ってるものもたくさんありました。

そんな私に、とあるお客様がおっしゃった靴下断捨離の極意....
「死ぬ瞬間に履いていたくない恥ずかしい靴下は捨てなさい!」
衝撃でした。これほど心に響いた断捨離の名台詞はありません*

今は1箱分くらいまでに減りましたよ(笑)。
コレクションは捨ててはなりませんが、古くなった靴下は荼毘に付す。
これも人生には必要なことだと勉強になりました!

新しい年を迎える前に、靴下の整理をしてみてはいかがでしょう?
そしてFALKEを買いにいらして下さいね♪

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

# by JUILLET-7 | 2017-12-01 16:57 | Comments(0)


GARMENT
REPRODUCTION
OF
WORKERS

「ガーメントリプロダクションオブワーカーズ」
JUILLETで取り扱っている数々のブランドの中でも、名前が一番長〜いブランド。
私たちは名の言葉の頭文字をとって「GROW=グロウ」と呼んでいます。

その名前の意味する通り"ヴィンテージ・ワークアイテムをリプロダクション=再構築する"という、
他には類を見ないシンプルなテーマで服を作り続けています*

本日ご紹介するのは、ファッションアイテムというよりは役立つ日常着というような、
でもどこか非日常的な空気もある服です。

NEW WORKER'S ALL

c0102137_16542709.jpg

Jacket:OMNIGOD Shirts:GALLEGO DESPORTES Boots:SANDERS

c0102137_16542855.jpg

price:¥43,000+tax
color:BLACK/BEIGE
size:F

c0102137_16542770.jpg

c0102137_16542799.jpg

c0102137_16542827.jpg

c0102137_16542800.jpg

c0102137_16542896.jpg


ゆったりとしたオーバーシルエットのサロペット。
フロントは比翼でボタンでも開閉できるようになっています。

GROWではお馴染みというか、肩紐は2種類付属していてお好みで付け替えることが出来ます*
ひとつは共布を使用したもの、もうひとつはコットンヘリンボーンにブライドルレザーをあしらったもの。
雰囲気がぐっと変わるので、嬉しいですね。

腰回り・ヒップは特にゆとりを持たせ、可動域が広いので動きやすさもあります。

全体をコットンの裏がついているので、パンツの裾を折り返すと裏地が登場です。
二重になっているということで、これひとつでかなり暖かい◎

実は本日ご紹介するアイテムはすべて二重の仕立てです。
兎にも角にも1着で暖かい!!!
これからの季節にぴったりな日常着だと私は思います*


NEW FARMER'S TROUSER

c0102137_17141451.jpg

Coat:ORCIVAL Sweater:mao made Shirts:GALLEGO DESPORTES Stole:Khadi&Co. Boots:trippen

c0102137_17141406.jpg

c0102137_17141519.jpg

c0102137_17141418.jpg

c0102137_17141401.jpg

c0102137_17141419.jpg

立体的な裁断で、細身でありながら窮屈間のないワークパンツ。
しっかりと太めであるのに、見た目はすっきりとしていて、スタイリングにも使い易い◎
また履き込む程に、馴染んでかっこよくなってゆきます。

付属のサスペンダーは取り外しも自由ですが、
アクセントとして提げておいても◎肩にひっかけて吊っても◎

ボタンを付けてしまえば、どんなパンツにも付け替えられるので、
ぜひいろいろとお楽しみくださいね♪

同型の異素材も入荷しています。

c0102137_19582144.jpg

price:¥42,000+tax
color:GREY/KHAKI
size:1

c0102137_18480657.jpg

c0102137_19582114.jpg

c0102137_19582111.jpg

ウール×リネンの肉厚な生地にコットン裏で仕立ててあるので、より保温性に優れています。
見た目のウォーム感と、マニッシュな雰囲気がたまらなくかっこいい1本。
ウール混ですが、洗濯機で洗って良いというのもポイントです。


APRON SKIRT

c0102137_09451026.jpg

Coat:ARMEN Cut-sew:mao made Tights:FALKE Shoes:Paraboot

c0102137_18500927.jpg

price:¥43,000+tax
color:BLACK/BEIGE
size:F

c0102137_18501058.jpg

c0102137_18501080.jpg

c0102137_18501189.jpg

c0102137_18501012.jpg

ボリュームたっぷりのスカートに胸当てを付けた、シンプルだけど存在感のあるエプロンドレス。
フロントには小さな共布のボタンがあしらわれ、5段階で丈の調整が可能です*
歩くと揺れるスカートのドレープが素敵で、ついつい動き回りたくなってしまいます◎

サロペットやエプロンドレスは、トップス次第でオールシーズン活躍する優れもの。
色や素材でも雰囲気が異なるため、一度手にすると病み付きになる方も多いです*

GROWはこのあたりのアイテムが際立って得意だな〜と感じます。
着た時に面積が広いということもあるので、素材は大事!ですし、
冒頭で”非日常的”と表現してしまいましたが、
シルエットも流行廃りのない、独特なものが多いので飽きることがありません。

サロペットやエプロンドレス....何か欲しいけど?
と迷ったときはGROWがベストバイですよ。間違いなしです。

*****

札幌の街中は一度雪が溶け、コンクリートが見えてはいますが、気温はぐんぐん低下中!
1枚で暖かく、且つ着てテンションが上がる!
GARMENT REPRODUCTION OF WORKERSは、そんな服がいっぱいあります。

ぜひ一度お試しくださいませ*
ご来店心よりお待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

# by JUILLET-7 | 2017-11-30 20:06 | GARMENT REPRODUCTION | Comments(0)