c0102137_07503820.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET 2017

お越し頂いた皆様、誠に有難うございます!!

初めてロングラン開催(しかも途中かたの延長)となったイベントでしたが、
多くの方々にParabootのお話を聞いて頂けて、
また素敵な出会いのお手伝いができ、スタッフ一同とても幸せな10日間でした。

いよいよ雪が積もり、本格的な冬が始まろうとしています。

Parabootの靴は、今後もJUILLETで展開しておりますので、
イベントには行けなかったという方も、どうぞご来店下さいませ*

今週末は場所を変え、西8丁目にある系列店Archにて、
同イベントを開催致します♪

c0102137_20441010.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
in Arch
2017.11.23(thu)-26(sun)

札幌市中央区南3条西8丁目 第一ビル1F
tel:011-261-5083
Open12:00-21:00Close/Holiday Open11:00-20:00Close

メンズ・レディス合わせて約50種類以上にも及ぶ靴が、店内所狭しと並びます。
JUILLETで展開していたレディスモデルもArchへ移動します。
ぜひご友人、ご家族やパートナーと共にArchへご来店下さいね*


そして...今年の夏に、大通地区のシャワー通りにオープンしたParaboot 札幌店も、
ぜひ足を運んで頂けると幸いです!!
JUILLET前店長である高崎が、10月末よりParaboot 札幌店に立っております◎

c0102137_18143348.jpg

「色んなご縁に恵まれ、Paraboot札幌店の店頭に立つことになりました。
新たな場所でまた皆様とお会いできることを楽しみにしています。」
高崎 美穂

札幌市中央区南2条西3丁目12-2 トミイビルNo.37 1F
tel:011-219-0451
Open11:00-20:00Close
水曜日定休
※12月は水曜日も営業しております。12/29-1/3は定休日です。

ぜひ高崎に会いに、Paraboot札幌へ!

*****

JUILLETはニットやコートの新作が続々入荷中です。
今週末の函館にもたっぷり冬モノを送りますよ〜

今週末、皆様それぞれの場所でお楽しみくださいませ。
ご来店お待ちしております!

.........おや?お次のブログはどうやら.......

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

# by JUILLET-7 | 2017-11-20 18:15 | NEWS/お知らせ | Comments(0)

LONDON TRADITION


先日ご紹介したGLOVERALLに続いて。
JUILLETで展開するもうひとつの"長くお付き合いできるダッフルコート"

c0102137_16585129.jpg

LONDON TRADITION
MID CALF LENGTH DUFFLE COAT

c0102137_16585191.jpg

price:¥65,000+tax
color:OLIVE/BLACK
size:36

[LONDON TRADITION(ロンドントラディッション)]は2001年、
英国の老舗衣料品メーカーで経験を積んだMamun Chawdhury氏とRob Huson氏によって、
イギリス・イーストロンドンで誕生。
英国の伝統的な洋服の仕立てや、優れた品質、職人技などを残すべく、
英国らしいアウターウェアを多く作り出しています*

c0102137_16585079.jpg

Blouse:mizuiro ind Skirt:Brocante Muffler:Khadi&Co. Tights:FALKE Boots:Paraboot

端正なフォルムがこのダッフルコートの魅力。
丸みのないシルエットでありながら、女性らしさを損なわないのはLONDON TRADITIONだからこそ!

c0102137_16585198.jpg

c0102137_16585197.jpg

c0102137_16585207.jpg

c0102137_16585204.jpg

細やかなデティールは伝統的なダッフルコートそのものです。
水牛のトグルを使用しており、より大人顔のイメージに。
ミディアムレングスで、だいたい膝前後くらいまでしっかりとしたメルトンが体を包んでくれます◎

「ダッフル」の意味を皆様ご存知でしょうか?
これはベルギーにある"デュフェル"という街が起毛仕上げのメルトン生地の産品であり、
古いダッフルコートはここの生地を使用したことに由来するのだそうです。

今では、トグルボタンとフードがあると「ダッフルコート」と呼ばれるようになりましたが、
本当の意味は生地の産地なんですね*

c0102137_16585298.jpg

c0102137_16585178.jpg

よく「裏地が無い」と言われてしまうこともあるダッフルコートですが、
個人的には裏地のついたダッフルコートはちょっと邪道だと感じてしまう私。

十代の頃、古着屋さんで見ていた昔ながらの重たい大きなダッフルコートは、
その殆どがこうして裏にチェックが施されていました!

LONDON TRADITIONのダッフルコートは、
伝統を残しながらも現代にフィットした素晴らしい逸品。
全然重くないし、驚く程に保温性もあるのでご安心ください。

いくつかあるカラバリから、JUILLETがチョイスするのはいつもOLIVEとBLACKです。
土臭さも感じるミリタリーライクなOLIVEと、どこかフォーマルさのあるBLACK。
他のブランドだとミスマッチ感を拭えないのですが、LONDON TRADITIONはこの2色がかっこいい*

毎年入荷とともに姿を消しますが、今季は少し納期が遅れました。
一面の雪景色に、ダッフルコートを着たくなった方も多いのでは?

ぜひJUILLETで"長くお付き合いできるダッフルコート"に出会いにいらしてくださいね◎
ご来店お待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

# by JUILLET-7 | 2017-11-20 16:42 | Comments(0)

GLOVERALL "MONTY"


c0102137_20050238.jpg

冬の定番として、長く付き合うことの出来るダッフルコートをお探しの方も多いのではないでしょうか?

ダッフルコート...フロントはトグルで留まる、フード付きのウールのコート。
統括するとこんな感じでしょうか。
ダッフルコートほど解り易いデティールを持つアイテムって、なかなかないように思います。
他のアイテムだと「現代風にアレンジ」なんてよく聞きますし。
ダッフルコートだけは、長い年月を経ても大きな変化もなく、定番に位置付けられている。
それほどの完成度の高さを伺わせています*

c0102137_20051553.jpg

元来、北欧の漁師たちのワークウェアであったことが起源とされ、
第二次世界大戦時にはイギリス海軍のコートとして採用されていたという背景を持つダッフルコート。

戦後、イギリス軍の余剰在庫となったダッフルコートやグローブは市場に出回ることになります。
その折、イギリス軍から販売を委託されたのが本日ご紹介する「グローバーオール社」です。

グローバーオール社がダッフルコートを世に広めた、と言うと大袈裟かもしれませんが、
その後"GLOVERALL"は、ダッフルコートの代名詞として名を馳せます。

GLOVERALL
"MONTY"

c0102137_20050230.jpg

price:¥70,000+tax
color:NAVY
size:XS

JUILLETでは毎年GLOVERALLを展開しておりますが、
やはり完売するスピードもとっても早くて、こうしてブログに登場することもあまりありません。
ただ今回は、"MONTY"のレディスサイズが登場!ということで、
残り僅かではありますがご紹介したいと思います。

c0102137_20050392.jpg

"MONTY"というネーミングは、イギリス陸軍将軍:バーナード・モンゴメリー氏の愛称が由来。
このことからも"MONTY"は当時の海軍モノがベースだということを物語っています。

c0102137_20051326.jpg

c0102137_20050324.jpg

c0102137_20051458.jpg

c0102137_20051425.jpg

c0102137_20051463.jpg

c0102137_20051426.jpg

しっかりと目の詰まったメルトンウール生地は、最初は決して着心地のいいものではないかも。
でも着てゆく程にくったりと馴染んでゆきます。
なによりこのハードさに心強さすら覚えます。あったかそうだな〜と....

木製トグルと麻ひものループ、フードのスナップボタン、チンストラップ、
ガンフラップ、袖口タブ、裾裏のレッグストラップ、etc....
どれも厳しい海原の寒さや雨風をしのぐための意味のあるデティールです。

c0102137_20051306.jpg

Sweater:mao made Denim:BONCOURA Glove:OMNIGOD Shoes:Paraboot

もともとメンズでしか出ていなかったモデルで、初めてレディスサイズが登場。
砂原も私も、以前から気になっていたモデルでしたが、
メンズフィットというのか、もともとゆったりとしたサイズ感なので、
size:Sでもちょっと大きいかな....ということで、展開を断念していました。
展示会で「レディスを作りました!」という一言で、飛び上がって喜んだことは忘れません(笑)...

子供っぽい?というお声もあるダッフルコートですが、
この"MONTY"はそれを微塵も感じません。
昔ながらのガーメントというべき1着だからこそ、年を重ねた方が似合うようにも思います。

残り1着です。
長く付き合い続けられるダッフルコートとまだ出会っていないなら、
ぜひ袖を通してみてくださいね*

そして次回も、もうひとつのダッフルコートをご紹介しようと思っています!
お楽しみに♪

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

# by JUILLET-7 | 2017-11-17 16:41 | Comments(0)

Paraboot::BEAULIEU


+1週間のロングラン開催中♪

c0102137_12130454.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET 2017
2017.11.10(金)〜19(日) 延長開催中!!!
==========================

いよいよ残り僅かな日数となったトランクショー。
週末はなかなかご来店が難しいという方にもお喜び頂けて、
我々のニンマリも止まらない今日この頃です◎本当に延長してよかった!

本日は、系列店Archが別注をかけたスペシャルな1足をご紹介します。

"BEAULIEU"

c0102137_12130412.jpg

price:¥74,000+tax
color:NOIR
size:5

昨年も展開していたこの[BEAULIEU](ボーリュー)ですが、
今回はArchが依頼し、特別に生産頂いた別注のような形での入荷です*
....もうこれが最後かもしれません。

そもそも生産するにあたって非常に手間と時間がかかる作り。
それゆえ、数年前に廃盤になってしまった"幻のParaboot”というわけです。

JUILLETでは一番小さなサイズの5のみを展開しています。
だいたい24.5cm前後程度のサイズです。

c0102137_12130411.jpg

c0102137_12130555.jpg

c0102137_12130587.jpg

c0102137_12130593.jpg

c0102137_12130562.jpg

c0102137_12130601.jpg

昨年の入荷時に、何気なく試着した瞬間にびびびっと一履き惚れをしてしまった私は、
〜3月の雪解けまで[BEAULIEU]と過ごしました*

Parabootではあまり見かけることのないミドル丈。
積雪のある道では、この丈が安心感に繋がります。

レディスでは採用されない「パラテックスソール」も、
「マルシェソール」に比べると、正直足裏のフィット感は少々硬く感じます。
しかし、雪上・氷上でのグリップ力はピカイチ!怖いもの知らずで歩けます。
さらには、絶対浸水してくることのない「ノルウェイジャン・ウェルト製法」と、
Parabootの至宝「リス・レザー」ということで、どんな悪天候にも負けない最強の1足です。

履き口はフックがついていて、思う程着脱にストレスは感じません。
ぐるりと足首にシューレースを巻き付けて、きつめに絞り上げるのが私流。
履き口を固定することで、自分の脚にグングン馴染む感覚もありました。

c0102137_12135226.jpg

c0102137_12135263.jpg

私の通勤スタイルは、
BLUNDSTONEかこの[BEAULIEU]か、もしくはSANDERS....というラインナップですが、
お出掛けには[BEAULEIU]を履くことが圧倒的に多かったですね。
OFFの日はスカートやワンピースを履くことが多いのですが、
このボリューム感が、女性らしい格好にもすごくマッチするのです。

勿論デニムやチノパンなどのカジュアルにもOK!
少しロールアップして足首をちらっと見せて*

....今年の冬も大活躍してもらおうっと。

ワンサイズということで、おすすめできる方は本当に限りがあるのですが、
24.5cmくらいのシューズサイズの方はぜひ一度お試し下さい。

JUILLETでのParaboot TRUNK SHOWも、11/19(日曜)までです。
ぜひ素敵な出会いを。

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

# by JUILLET-7 | 2017-11-16 19:09 | paraboot | Comments(0)


函館近郊の皆様へ、年内最後の営業です◎

c0102137_20461939.jpg


JUILLET hakodate × genre
11.23(thu)-26(sun)
open 10:00-19:00
函館市弁天町15-12 2F
前回より営業時間変更しております。


コートやニットなどの主役はもちろんの事、手袋やストールなど脇役も充実しております。
本格的な冬支度をしに、ぜひ函館JUILLETへお越しくださいませ。



そして今回は、ヨーロッパヴィンテージを取り扱う系列店genre(ジャンル)との同時営業*

c0102137_21523635.jpg

genre

〒060-0062
札幌市中央区南2条西1丁目 広和ビル20
TEL:011-233-3027
MAIL:info@genre-sapporo.com
http://genre-sapporo.com
 
1点1点買い付けたヴィンテージウェアやアンティークコスチュームジュエリーを中心にセレクト。
普段の装い=JUILLETのスタイルに、さりげなく取り入れることができる、
大人の女性のためのヴィンテージスタイルを提案します。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


昨年10月、大変ご好評いただきました 『JUILLET hakodate×genre』
築100年の館にgenreのヴィンテージ達がとっても合い、
またいつもとは違う素敵な空間が出来上がります。
きっと良い出会いが待っていますよ。
とっておきの1点を探しにいらしてくださいね。


JUILLET函館は23日から◎
ご予定を空けておいて頂けると嬉しい限りです。

砂原


お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com




# by JUILLET-7 | 2017-11-14 21:56 | NEWS/お知らせ | Comments(0)