系列店ARCHより、イベントのお知らせです。

c0102137_18353585.jpg

OUTIL×ARCH×酒場MATILDA
[Special Event]
2018.11.17(sat)-18(sun)

西8丁目:ARCH(2F)にて"OUTIL"のイベントを開催します!!

上記期間中は"OUTIL"のコレクションをずらりと並べ、皆様をお出迎え致します。
デザイナー宇多氏も店頭に立ち、ひとつひとつに込められた想いや遊び心を実際に聞いて、
素敵なワードローブを見つけられる特別な2日間です。
JUILLETでは展開していないレディスのアイテムもございますので、
ぜひこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

「Arch(アーチ)」
札幌市中央区南3条西8丁目 第一ビル1F
tel 011-261-5083


[Collaboration Event]
2018.11.17(sat)18:00〜
at 酒場MATILDA

また17日(土)18時より、ARCHの並びに店を構える「酒場マチルダ」さんにて、
いつもとは違った雰囲気の中でイベントを開催します。

・"OUTIL"に特別に制作頂いた別注アイテムのお披露目
・"OUTIL"2019春夏コレクションを展示⇒先行オーダー会
・期間中お買上げ頂いた方へワンドリンクチケットを進呈
⇒美味しい”VAN NATURE(ヴァン・ナチュール)”のワインを味わえます!

宇多氏もかなりのヴァン・ナチュール通。
洋服のお話、ワインのお話で、楽しい夜になるのではないでしょうか。

「酒場MATILDA」
札幌市中央区南3条西8丁目12
tel 011-272-2777

※イベントに関してのお問い合わせはArchまで。

***

18日の[Collaboration Event]では、ジュイエスタッフも駆け付ける予定です。
今からとても楽しみです!!!

勿論、JUILLETにもOUTILのコレクションが続々入荷しております。
ぜひ今週はOUTILをチェックしにいらして下さい。
ご来店心よりお待ちしております*

石部

商品のお問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

# by JUILLET-7 | 2018-11-13 19:40 | NEWS/お知らせ | Comments(0)

DANTON::WOOL MOSSER COATS


DANTONのコートも揃っています*

c0102137_18265881.jpg

DANTON

1936年にガブリエル・ダントン氏がフランス・ロワレシェールにて
[MANUFACTION TEXTILE DU CENTRE]という名の工場を設立。
同年にワークウェアブランド「ダントン」をスタート。

主にカバーオールやブルゾン、パンツなどのワークウェアや、ガーデニング用のエプロン、
料理人やレストランスタッフ専用のユニフォームなどを製造していました。

1960年にはパリやノルマンディを中心に販路を拡大し、
70年代半ば〜90年代まで、パリ市内を含む多くの行政やパリ地下鉄を司るP.A.T.P社、フランス国鉄S.N.C.F社などへ、
制服や作業服を納めていた由緒あるブランドです。

***

密度が高く表面が毛羽で覆われた肉厚な「ウールモッサ」はDANTONの冬定番素材。
ソフトな軽い着心地に加え、保温性にも優れています*

冬になると、DANTONのコートを求めて年齢問わず多くの方がJUILLETへご来店下さいます*
普遍的なシンプルなデザインと、そんな中でも感じられるフランスらしい品の良さが人気の理由です◎


WOOL MOSSER
SINGLE HOOD JACKET

c0102137_18265778.jpg

price:¥25,000+tax
color:NAVY/SAND-BEIGE
size:36/38

c0102137_19045187.jpg

c0102137_19045100.jpg

c0102137_19045286.jpg

c0102137_19045222.jpg

c0102137_19045234.jpg

レザーのくるみボタンや胸に配されたワッペンなど、細やかなディテールに至るまでブランドの"らしさ"詰まったデザイン。
ネックには風の侵入を防ぐチンストラップが施されています。
まあるい形のポケットは、DANTONのアイデンティティを感じるパーツ。
洗練されたワークテイストで変わらぬ人気を誇る、タウンユースに最適な1着です◎

c0102137_19045158.jpg

Sweater:mao made Skirt:OMNIGOD Scarf:GLARNER TUECHLI Tights:FALKE Shoes:Paraboot

コンパクトなサイズ感なので、小柄な方やボリュームのあるボトムスがお好きな方におすすめです。
これひとつで、スタイリングの悩みが払拭されるのではないでしょうか?

落ち着きのあるネイビーのジャケットは、オーセンティックな千鳥格子のスカートと合わせて、
柔らかい雰囲気でまとめてみました*(by安田)


WOOL MOSSER HOOD COAT

c0102137_18265851.jpg

price:¥29,800+tax
color:CHARCOAL/NAVY/CAMEL
size:38

c0102137_19044171.jpg

c0102137_19044217.jpg

c0102137_19044267.jpg

c0102137_19044193.jpg

c0102137_19044278.jpg

立体的な大きなフードやラグランスリーブのゆったりとしたシルエットのロングコート。
前中心の重なりを多くすることで、首回りやフロントを包み込むような形状に仕上げています。
端処理をパイピング始末にすることで、生地の厚みを減らしすっきりと仕上げています。
暖かさと同時に、ノーブルな印象も与える女性らしい1着。

c0102137_19044190.jpg

Sweater:ORCIVAL Pants:ARMEN Muffler&Glove:Black Sheep Shoes:Sanders

モノだけ見ると可愛らしい印象を持たれる方が多いのですが、
意外とどんなテイストにもマッチするコートです。
ジュイエと言えば!のメンズライクな太めのパンツにも◎
大人の女性が着ることで、よりかっこいい雰囲気を醸し出すように感じます。


WOOL MOSSER WORK COAT

c0102137_18265751.jpg

price:¥29,800+tax
color:NAVY/SAND-BEIGE
size:38(mens)

c0102137_19050005.jpg

c0102137_19045952.jpg

c0102137_19045917.jpg

c0102137_19045929.jpg

c0102137_19045981.jpg

c0102137_19050029.jpg

お得意とも言えるワークコートをそのままウールモッサで仕立てたシンプルなコート。
大きめのステンカラーは、ぐっと立ち上げても、寝かせても◎
既出の2型とはちょっと異なる雰囲気があると思いますが、実はメンズのコートです。
ブランドらしさはそのままですが、大きな違いはボタンの与えるイメージでしょうか。

身体のラインに沿った立体的なパターンで構成されています。
女性が着ても野暮ったくならないことが決め手で、今年のラインナップに加わりました!

c0102137_19045975.jpg

Shirts&Denim:BONCOURA Stole:TWEED MILL Sox:Capricorn Shoes:Paraboot

デニム+シャンブレーシャツのカジュアルなスタイルにばさっと羽織って。
それだけだとちょっと手抜き感も出てしまうので、指し色として赤いチェックのストールをOn!
ぐっと女性らしさが引き立ちます◎

***

以上3型、こうして並べてみるとやっぱり素敵だな〜とニンマリしてしまいますね。
もう持ってるけど....型違い・色違いも欲しくなってしまったのでは??
コートとしてはリーズナブルなこともDANTONの拘りです。

すでにラスイチとなってしまったモノも...
ぜひお早めにご来店くださいね。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

# by JUILLET-7 | 2018-11-12 20:43 | DANTON | Comments(0)


Parabootのご紹介が続いておりますが、
冬の風物詩「ブラックシープ」のニット小物も届きました♪

c0102137_17180620.jpg

Black Sheep

良質なウールを生み出す最高峰とも言われている羊"ブラック・ウェルシュ・マウンテン・シープ"は、
絶滅寸前でありましたが、繁殖に成功し今に至ります。

ウールとして利用するには、本来持っている脂分を抜ききらなくては毛糸にできません。
しかし、Black Sheepは困難な処理をクリアし、この脂分を残したまま毛糸にしています。
保温性・柔軟性・耐水性を兼ね備えた「ピュアナチュラルオイルドウール」なのです。

脱脂や染色加工を最小限に抑えているため、天然ゆえ深い味わいのある表情が特徴です。

"FMITT"

c0102137_17180618.jpg

price:¥2,400+tax
color:JET(BLACK)/NAVY/B-WALSH(BROWN)/PURPLE/HARVEST(YELLOW)/TWIST
size:F

c0102137_18572623.jpg

毎年の定番、指ぬきグローブ[FMITT]です。
スマートフォンの普及により、指先がとても重要な昨今。
以前よりも人気を増しているアイテムだと感じます。

メンズレディスのないユニセックスサイズ。
女性がつけるとオーバーサイズなので、すっぽりと手を覆ってくれます◎

機械織りのため、手頃なプライスなことも嬉しいですね。
ちょっとした贈り物としてもおすすめです*

"CABLE GLOVE"

c0102137_17180651.jpg

price:¥5,200+tax
color:JET(BLACK)/Lt.GREY
size:Ladies

"CABLE MITTON"

c0102137_17180649.jpg

price:¥4,300+tax
color:JET(BLACK)/NAVY/Lt.GREY
size:Ladies

ケーブル模様の入った手袋2種類は、手編みで仕立てています。
毎年人気のミトンに、今年は5本指タイプもご用意しております*
手編みだからこそ生まれる温かみのある雰囲気と1点1点の個性もまた魅力。

"CABLE MUFFLER"

c0102137_17180677.jpg

price:¥12,800+tax
color:JET(BLACK)/NAVY/Lt.GREY
size:Free

c0102137_18572634.jpg

ベーシックなマフラーは、探すとなかなか見つからないもの。
サイズやボリュームも程良く、どんなコートとの相性が良いこのマフラー。
フリンジが長めなところがポイントです◎

***

Paraboot同様、冬に欠かすことのできないBlack Sheepのニット小物。
JUILLETではこれも冬の必要不可欠な存在です!

クリスマス前にはほぼSOLD OUTになってしまうので、
贈り物を考える男性陣の皆様は早めに♪

ご来店お待ちしております!!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

# by JUILLET-7 | 2018-11-08 14:03 | Comments(0)

"My Paraboot Style"


c0102137_16370530.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET
2018.11.9(fri)-11(sun)

あと2日!!!まで迫って来ました〜
昨日のラインナップで、気になるアレやコレ....見つけて頂けましたか?

Parabootの魅力は、強靭であることだけではありません。
「可愛い」「かっこいい」「素敵」という言葉も忘れてはいけません。
そう!Parabootはファッション性においても素晴らしい靴です*

c0102137_16370486.jpg

JUILLETで展開しているtrippenやSANDERS、DANSKOもそうなのですが、
ブランドらしさを持ちながら、それぞれ履く人のスタイルに寄り添う靴ー
だと私は思っています。
だからこそ老若男女・年齢も国も飛び越えて愛され続けているのではないでしょうか。

本日はジュイエスタッフによる"My Paraboot Style"を作り上げてもらいました*
それぞれの着こなしを参考にして頂ければ嬉しいです!
そしてそれぞれのParabootへの想いや考え、その存在価値なども伝わると幸いです◎

=====

Fuka Yasuda
雨の日、雪の日、どんな天気の時もお洒落を楽しませてくれる靴」

c0102137_16370554.jpg

Cut-sew:JOHA
Tunic One-piece:Veritecoeur
Pants:Brocante
Scarf:GLARNER TERUCHILI
Sox:???

model:MICHAEL color:Noir

c0102137_16370674.jpg

■「MICHAEL」は普段から愛用しているモデルでもありますが、実際の購入の決め手は何でしたか?

パンツやワンピース、どちらにも合わせ易そうだと思って選びました!
昨年のトランクショーで、ラビットファーがついた「MICHAEL-LAPIN」と悩みましたが、
諸先輩方の"1年中履ける"というセールストークにはまり、リスレザーオンリーの「MICHAEL(黒)」にしました。
実際に夏も履きましたね。アドバイスに従ってよかったです!!

■スタイリングのポイントは?

「MICHAEL」ががっちり・コロンとしたフォルムでゴツく見えますが、
柔らかい色目のお洋服とも意外に相性が良かったり、
女の子らしい格好にも合わせ易い1足です!ということをお伝えしたくて、
今回はVeritecoeurのワンピースで合わせてみました◎
小柄な方には特に、「MICHAEL」+Brocanteのシュビルパンツのコンビネーションおすすめ。
靴のボリュームに負けないバランスのいいスタイルが完成します!

■靴を選ぶときのマイルールは?

持っている服にどう合わせたいかをまず考えます。
持っている服が思い浮かんで、こう合わせたい、このスタイリングすごく好き!
とワクワクする靴じゃないと購入しません。

■安田にとってのParabootとは?

冬の必需品です!

シーズン気にせず履ける靴ですが、やはり冬にこそ履いてほしいと思うし、パラブーツ履きたい!と私自身強く思うのも冬だなと感じました。


そして雨の日、雪の日どんな天気の時もお洒落を楽しませてくれる靴だなとも思います!

自分のパラブーツを手にして1年ですが、今では無くてはならない一足となっています◎


(安田)

=========

Yuki Momozawa
雪国であろうと、冬のスタイルもかっこ良く居たい!
そんな気持ちを叶えてくれるParaboot」

c0102137_16370578.jpg

Shirts:OUTIL
Pants:French Army M47
Belt:M.F.SADLLERY
Knit Cap:???
Scarf:GLARNER TERUCHLI

model:CHAMBORD color:Noir

c0102137_16370531.jpg

■Parabootはまだ持ってない...ということで、

"パラブーツヴァージン"として素直な感想を教えて下さい。


今まで色んなお店で試着してきましたが、正直に言うと購入には一歩踏み込めず…

その理由は一見ごつい印象があり、自分の服装に合うか心配があったからです。

でも昨日(今回のトランクショーのためにお店に届いた)数あるモデルを履き比べる事で、

パラブーツに対する''ごつい'' ''重い''というイメージが全く無くなりました!


■定番の「CHAMBORD」でスタイリングした理由は?


スニーカーの様な履き心地。そしてフォルムが丸いのにとても上品!

軍パンなど男臭いスタイルに合わせても品を出してくれる一足。

男女問わず人気な理由が分かる気がします。

私は男臭いスタイルが好みですが、

シャンボードはワンピースなど女性らしいスタイルにも合わせ履きたい!という気持ちにもさせてくれました。



■コーディネートのポイントは?


「男臭さの中にある品」

シャンボードのフォルムの美しさを無駄にしない様に、光沢感のあるscarfで色気を…

アクセサリーは女性らしい華奢なアクセサリーを添えてます。



■靴を選ぶときのマイルールは?


私は雪国であろうと、冬のスタイルもかっこ良く居たい!という意地の様な気持ちがあります。


1.上品な面持ちながら、カジュアルにも合わせたい。

2.シーズンも冬だけに留まりたくない。


今までは冬でも無理して滑るソールの革靴を履いていたり…

そんな我儘に答えてくれたのがヴォーグでした。

凄くスタイリッシュな印象があり且つ足をしっかり包んでくれるデザインで雪道も安心!

今年こそは!この子を連れて帰ろうと思ってます…笑


(桃澤)


=========


Anna Kitada
Parabootは、四季を感じられる北海道がやっぱり好きだなぁ
と思わせてくれます」

c0102137_16400400.jpg

One-piece:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS
Cut-sew:JOHA
Beret:maison de soil
Tights:FALKE

model:MILLA LAPIN color:Neige

c0102137_16400717.jpg

■コーディネートのポイントは?


女性にしかできない、女性だからこそ楽しめるふんわりとしたワンピースに合わせると、

MILLAの独特な存在感が更に増してすごく良いのです!

毎日のように着ていたお気に入りのワンピースもガツっと気分を変えて、もう一度主役に蘇らせてくれるような一足です!

個人的には、気分を高める特別な日にワンピースで合わせたいおすすめのデザインです!


■「MILLA」のおすすめポイントは?


足首が隠れる背の高さは秋冬ならではのタイツや靴下使いを楽しめるというのもポイントです!

特にこの「MILLA LAPIN」のコロンとした愛嬌のあるフォルムで、

真っ白ではなくクリーム系の白がすごく可愛らしく、

上品なラビットファーとParabootならではのたくましい存在感が魅力的な一足です!


■「白い靴は汚れが気になってしまう...」という方へアドバイスを。


私は白を選ぶ時に、すぐボロボロに見えるものとそうじゃないものの違いだけは慎重に選んでいましたが、

そうすると汚れも少しずつ愛せるようになりました!

Paraboot は履けば履くほど味が出て、修理して手入れして何年も何年も楽しめる丈夫な靴だからこそ、汚れも味ですごく素敵です!

新品からヴィンテージになりゆく過程を見ているように楽しんで頂くのも一つかなと思います☺︎



■北田にとってのParabootとは?


北海道の楽しみ方を教えてくれる靴です!

「冬」「雪」「寒い」が苦手な私にとって雪道の必需品と言えば、レインブーツにモコモコ靴下...いつもこのパターンでした。

秋冬の洋服が大好きなのに私の足元はいつも【雪vs私】の対戦モード。

でも丈夫でデザイン性の優れたParabootはそんな冬の楽しみ方や、

四季を感じられる北海道がやっぱり好きだなぁと思わせてくれる大好きなブランドです!


(北田)


=========



Konomi Sunahara
「Parabootは寒さをしのぐコートやニットのように
無くてはならない自分のギアです

c0102137_16370550.jpg

Shirts:OMNIGOD
Vest:Jamieson's
Denim:BONCOURA
Sox:FALKE

model:ORSAY VISON

c0102137_16370568.jpg


■コーディネイトのポイント


フェアアイル柄のベストにデニム。

オーセンティックなコーディネイトですが足元をファーがついたローファー!にすることで旬をプラス。

アウターを着るならば、色落ちしたモールスキンジャケットやステンカラーコートなんかを格好良く羽織りたいです。


■「ORSEY VISON」のおすすめポイントは?


やはりこのボリューム感がポイントですね。

ポテッとした感じが、存在感がありスタイリングの要になってくれると思います。

何より、脱ぎ履きし易いのも高ポイントではないでしょうか。

また、ミンクファーというのが個人的におすすめ!

ウサギとはまた違った男らしいというか甘すぎずバランス良くて◎



■パラブーツはどんな気分の時に履きますか?


私にとっては、寒さをしのぐコートやニットのように無くてはならない自分のギアなので気分関係無く(笑)

基本的に冬はほぼ毎日履きます。

私に「足元のおしゃれは我慢するものではない」ことを教えてくれたのがパラブーツでした。

冬道も気にせずガシガシ履けるタフな作り、フランスらしい上品な佇まい。

パラブーツを履くと、憧れのパリジャンに近づけると勝手に思い込んでいます。


■靴を選ぶ時のマイルールは?


昔は見た目重視で選んでましたが、結局履き心地が悪いと宝の持ち腐れになってしまうんですよね。

「実用的かつ美しい」というのが、靴を選ぶ時のマイルールです。どちらかだけでもダメ。足が喜ぶ靴である事。

歳を重ねる毎に、見た目+足の健康面も気にかけるようになりました。笑

そういった点では、ジュイエで展開するシューズ達もこの2つを意識してセレクトしています。


(砂原)


=========

長くなってしまいましたが、いかがでしたか?
Parabootを履いてしまうと、みんなParabootのファンになってしまいます。
ぜひこの機会に、皆様にもParabootのファンになって頂けますように!

また、現在開催中のJRタワースクエアカードの無金利フェアもご活用くださいませ。

JRタワースクエアカード クレジット手数料ゼロセール!!

c0102137_10373998.jpg

上記期間中、JRタワースクエアカードのクレジット分割手数料が、3回、5回、6回、10回払いまで無料になります!!
※1回、2回、ボーナス払いの手数料は通年無料です。 ※一部対象外ショップもございます。

ご来店お待ちしております!!

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

# by JUILLET-7 | 2018-11-07 23:57 | paraboot | Comments(0)


今年はまだ街中に雪が降っていないので、
冬支度のモチベーションになっていない...という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし街の木々はどんどん黄色く色付き、ハラハラと舞い落ちて、
気温が下がって来ていることを私たちに教えてくれています。

c0102137_16370679.jpg

Paraboot TRUNK SHOWまであと3日と迫っております。
冬支度は足元から始めてみてはいかがでしょうか*

c0102137_17315187.jpg


Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET
2018.11.9(fri)-11(sun)

トランクショーとは??

フランス・イゾー本社のセールスマン達は、
パートナーシップを結んだ小売店で大量なサンプルを持って旅をしていました。
世界中の顧客へ、自慢の名靴を届けるために。
サンプルを運び際に大きな靴専用のとランクケースで移動していたことから、
こういうイベントのことを「トランクショー」と呼ぶようになりました。

今年もたくさんのモデルが並びます!!

*****

c0102137_17572853.jpg

c0102137_17572942.jpg

c0102137_18025699.jpg

c0102137_17572979.jpg

c0102137_17572956.jpg

c0102137_17572933.jpg

c0102137_17572984.jpg

c0102137_17572907.jpg

c0102137_17573420.jpg

c0102137_17035323.jpg

c0102137_17573540.jpg

c0102137_17572986.jpg

c0102137_18025691.jpg

c0102137_17573491.jpg

c0102137_17573405.jpg

普段はJUILLETでは展開していないモデルばかり。
自分の相棒を見つけることができるはず...
そのお手伝いをさせて頂けるのは、私たちもとても楽しみなんですよ*

そして期間中パラブーツを購入頂いた方へ先着でノベルティもご用意しております!

c0102137_20483040.jpg

さらに...!"スペシャルセールスマン"として、
パラブーツ日本代理店株式会社RPJの篠崎さまも、皆様をお迎え致します◎

1年に一度の希少な機会ですので、ぜひ皆様お誘い合わせの上ご来店下さいませ!!!

c0102137_16370530.jpg

次回は、私たちのパラブーツスタイルをご紹介します◎
お楽しみに!!!

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

# by JUILLET-7 | 2018-11-06 18:28 | paraboot | Comments(0)