mizuiro ind::Summer Style①


c0102137_18170024.jpg

普段着でも上品な印象に仕上がるmizuiro indのお洋服。
今回ご紹介するのは、軽くて柔らかく心地良いコットン素材を、
ピグメント加工を用いて色付けをしたというブラウスとワンピースです。

mizuiro ind
ピグメントギャザーブラウス

c0102137_18170031.jpg

price:¥12,000+tax
color:GREY/BEIGE
size:F

c0102137_18171033.jpg

c0102137_18171006.jpg

c0102137_18171017.jpg

c0102137_18171118.jpg

胸元からたっぷりとギャザーを取り、
動くたびにふあわふわと揺れるシルエットに心も踊ります*

後染めのような色ムラのあるカラーは、渋さもあり、甘い感じがしないことも◎
これは「ピグメント加工」....と聞いても、あまりピンと来ないと思います。
新しい染色技術で、繊維の奥まで染料を浸透させず、表面のみに色を載せています。
まるで手染めのような風合いも、このブラウスの魅力です*

c0102137_18171032.jpg

Tank-top:Veriteceour Pants:Juillet a Sapporo Shoes:DANSKO Accessories:MARIA RUDMAN

ブラウスには前後差があり、フロントは若干丈短め。
そのため、ボリュームのあるキュロットやスカートと合わせるのがおすすめです◎
夏はタンクトップの上にサラリと纏って、涼しく着てください。
肌寒さの感じる日や夜は、インナーに長袖を合わせてもOKです。


ピグメント染めVネックワンピース

c0102137_18170194.jpg

price:¥15,000+tax
color:BEIGE
size:F

c0102137_18285673.jpg

c0102137_18285661.jpg

c0102137_18170094.jpg

胸元のクロスのラインが、女性らしさをぐっと引き立てるワンピースです。
しっかりと長めの着丈でが、夏にピッタリですね*

ピグメント加工による陰影が、透け感も品良くまとめてくれます◎
こうしたワンピースは透けることを気にしないといけませんが、
このワンピースは何も考えずとも着て頂ける、楽チンさも魅力と言えるのではないでしょうか?

c0102137_18170098.jpg

Tank-top:Fabrique en French Pants:ORCIVAL Shoes:trippen Accesories:MARIA RUDMAN

生地の軽さゆえ、動くと((ふわり))と広がる瞬間がとっても素敵です。
ワンピースなので、ペチコートの上にそのまま着ることもできますが、
こうしてパンツとあわせることで、デイリースタイルにも活躍してくれます*

=====

明日も引き続きmizuiro indのお洋服をご紹介予定です!
お楽しみに♪

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-06-29 20:51 | mizuiro-ind | Comments(0)