"My Paraboot Style"


c0102137_16370530.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET
2018.11.9(fri)-11(sun)

あと2日!!!まで迫って来ました〜
昨日のラインナップで、気になるアレやコレ....見つけて頂けましたか?

Parabootの魅力は、強靭であることだけではありません。
「可愛い」「かっこいい」「素敵」という言葉も忘れてはいけません。
そう!Parabootはファッション性においても素晴らしい靴です*

c0102137_16370486.jpg

JUILLETで展開しているtrippenやSANDERS、DANSKOもそうなのですが、
ブランドらしさを持ちながら、それぞれ履く人のスタイルに寄り添う靴ー
だと私は思っています。
だからこそ老若男女・年齢も国も飛び越えて愛され続けているのではないでしょうか。

本日はジュイエスタッフによる"My Paraboot Style"を作り上げてもらいました*
それぞれの着こなしを参考にして頂ければ嬉しいです!
そしてそれぞれのParabootへの想いや考え、その存在価値なども伝わると幸いです◎

=====

Fuka Yasuda
雨の日、雪の日、どんな天気の時もお洒落を楽しませてくれる靴」

c0102137_16370554.jpg

Cut-sew:JOHA
Tunic One-piece:Veritecoeur
Pants:Brocante
Scarf:GLARNER TERUCHILI
Sox:???

model:MICHAEL color:Noir

c0102137_16370674.jpg

■「MICHAEL」は普段から愛用しているモデルでもありますが、実際の購入の決め手は何でしたか?

パンツやワンピース、どちらにも合わせ易そうだと思って選びました!
昨年のトランクショーで、ラビットファーがついた「MICHAEL-LAPIN」と悩みましたが、
諸先輩方の"1年中履ける"というセールストークにはまり、リスレザーオンリーの「MICHAEL(黒)」にしました。
実際に夏も履きましたね。アドバイスに従ってよかったです!!

■スタイリングのポイントは?

「MICHAEL」ががっちり・コロンとしたフォルムでゴツく見えますが、
柔らかい色目のお洋服とも意外に相性が良かったり、
女の子らしい格好にも合わせ易い1足です!ということをお伝えしたくて、
今回はVeritecoeurのワンピースで合わせてみました◎
小柄な方には特に、「MICHAEL」+Brocanteのシュビルパンツのコンビネーションおすすめ。
靴のボリュームに負けないバランスのいいスタイルが完成します!

■靴を選ぶときのマイルールは?

持っている服にどう合わせたいかをまず考えます。
持っている服が思い浮かんで、こう合わせたい、このスタイリングすごく好き!
とワクワクする靴じゃないと購入しません。

■安田にとってのParabootとは?

冬の必需品です!

シーズン気にせず履ける靴ですが、やはり冬にこそ履いてほしいと思うし、パラブーツ履きたい!と私自身強く思うのも冬だなと感じました。


そして雨の日、雪の日どんな天気の時もお洒落を楽しませてくれる靴だなとも思います!

自分のパラブーツを手にして1年ですが、今では無くてはならない一足となっています◎


(安田)

=========

Yuki Momozawa
雪国であろうと、冬のスタイルもかっこ良く居たい!
そんな気持ちを叶えてくれるParaboot」

c0102137_16370578.jpg

Shirts:OUTIL
Pants:French Army M47
Belt:M.F.SADLLERY
Knit Cap:???
Scarf:GLARNER TERUCHLI

model:CHAMBORD color:Noir

c0102137_16370531.jpg

■Parabootはまだ持ってない...ということで、

"パラブーツヴァージン"として素直な感想を教えて下さい。


今まで色んなお店で試着してきましたが、正直に言うと購入には一歩踏み込めず…

その理由は一見ごつい印象があり、自分の服装に合うか心配があったからです。

でも昨日(今回のトランクショーのためにお店に届いた)数あるモデルを履き比べる事で、

パラブーツに対する''ごつい'' ''重い''というイメージが全く無くなりました!


■定番の「CHAMBORD」でスタイリングした理由は?


スニーカーの様な履き心地。そしてフォルムが丸いのにとても上品!

軍パンなど男臭いスタイルに合わせても品を出してくれる一足。

男女問わず人気な理由が分かる気がします。

私は男臭いスタイルが好みですが、

シャンボードはワンピースなど女性らしいスタイルにも合わせ履きたい!という気持ちにもさせてくれました。



■コーディネートのポイントは?


「男臭さの中にある品」

シャンボードのフォルムの美しさを無駄にしない様に、光沢感のあるscarfで色気を…

アクセサリーは女性らしい華奢なアクセサリーを添えてます。



■靴を選ぶときのマイルールは?


私は雪国であろうと、冬のスタイルもかっこ良く居たい!という意地の様な気持ちがあります。


1.上品な面持ちながら、カジュアルにも合わせたい。

2.シーズンも冬だけに留まりたくない。


今までは冬でも無理して滑るソールの革靴を履いていたり…

そんな我儘に答えてくれたのがヴォーグでした。

凄くスタイリッシュな印象があり且つ足をしっかり包んでくれるデザインで雪道も安心!

今年こそは!この子を連れて帰ろうと思ってます…笑


(桃澤)


=========


Anna Kitada
Parabootは、四季を感じられる北海道がやっぱり好きだなぁ
と思わせてくれます」

c0102137_16400400.jpg

One-piece:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS
Cut-sew:JOHA
Beret:maison de soil
Tights:FALKE

model:MILLA LAPIN color:Neige

c0102137_16400717.jpg

■コーディネートのポイントは?


女性にしかできない、女性だからこそ楽しめるふんわりとしたワンピースに合わせると、

MILLAの独特な存在感が更に増してすごく良いのです!

毎日のように着ていたお気に入りのワンピースもガツっと気分を変えて、もう一度主役に蘇らせてくれるような一足です!

個人的には、気分を高める特別な日にワンピースで合わせたいおすすめのデザインです!


■「MILLA」のおすすめポイントは?


足首が隠れる背の高さは秋冬ならではのタイツや靴下使いを楽しめるというのもポイントです!

特にこの「MILLA LAPIN」のコロンとした愛嬌のあるフォルムで、

真っ白ではなくクリーム系の白がすごく可愛らしく、

上品なラビットファーとParabootならではのたくましい存在感が魅力的な一足です!


■「白い靴は汚れが気になってしまう...」という方へアドバイスを。


私は白を選ぶ時に、すぐボロボロに見えるものとそうじゃないものの違いだけは慎重に選んでいましたが、

そうすると汚れも少しずつ愛せるようになりました!

Paraboot は履けば履くほど味が出て、修理して手入れして何年も何年も楽しめる丈夫な靴だからこそ、汚れも味ですごく素敵です!

新品からヴィンテージになりゆく過程を見ているように楽しんで頂くのも一つかなと思います☺︎



■北田にとってのParabootとは?


北海道の楽しみ方を教えてくれる靴です!

「冬」「雪」「寒い」が苦手な私にとって雪道の必需品と言えば、レインブーツにモコモコ靴下...いつもこのパターンでした。

秋冬の洋服が大好きなのに私の足元はいつも【雪vs私】の対戦モード。

でも丈夫でデザイン性の優れたParabootはそんな冬の楽しみ方や、

四季を感じられる北海道がやっぱり好きだなぁと思わせてくれる大好きなブランドです!


(北田)


=========



Konomi Sunahara
「Parabootは寒さをしのぐコートやニットのように
無くてはならない自分のギアです

c0102137_16370550.jpg

Shirts:OMNIGOD
Vest:Jamieson's
Denim:BONCOURA
Sox:FALKE

model:ORSAY VISON

c0102137_16370568.jpg


■コーディネイトのポイント


フェアアイル柄のベストにデニム。

オーセンティックなコーディネイトですが足元をファーがついたローファー!にすることで旬をプラス。

アウターを着るならば、色落ちしたモールスキンジャケットやステンカラーコートなんかを格好良く羽織りたいです。


■「ORSEY VISON」のおすすめポイントは?


やはりこのボリューム感がポイントですね。

ポテッとした感じが、存在感がありスタイリングの要になってくれると思います。

何より、脱ぎ履きし易いのも高ポイントではないでしょうか。

また、ミンクファーというのが個人的におすすめ!

ウサギとはまた違った男らしいというか甘すぎずバランス良くて◎



■パラブーツはどんな気分の時に履きますか?


私にとっては、寒さをしのぐコートやニットのように無くてはならない自分のギアなので気分関係無く(笑)

基本的に冬はほぼ毎日履きます。

私に「足元のおしゃれは我慢するものではない」ことを教えてくれたのがパラブーツでした。

冬道も気にせずガシガシ履けるタフな作り、フランスらしい上品な佇まい。

パラブーツを履くと、憧れのパリジャンに近づけると勝手に思い込んでいます。


■靴を選ぶ時のマイルールは?


昔は見た目重視で選んでましたが、結局履き心地が悪いと宝の持ち腐れになってしまうんですよね。

「実用的かつ美しい」というのが、靴を選ぶ時のマイルールです。どちらかだけでもダメ。足が喜ぶ靴である事。

歳を重ねる毎に、見た目+足の健康面も気にかけるようになりました。笑

そういった点では、ジュイエで展開するシューズ達もこの2つを意識してセレクトしています。


(砂原)


=========

長くなってしまいましたが、いかがでしたか?
Parabootを履いてしまうと、みんなParabootのファンになってしまいます。
ぜひこの機会に、皆様にもParabootのファンになって頂けますように!

また、現在開催中のJRタワースクエアカードの無金利フェアもご活用くださいませ。

JRタワースクエアカード クレジット手数料ゼロセール!!

c0102137_10373998.jpg

上記期間中、JRタワースクエアカードのクレジット分割手数料が、3回、5回、6回、10回払いまで無料になります!!
※1回、2回、ボーナス払いの手数料は通年無料です。 ※一部対象外ショップもございます。

ご来店お待ちしております!!

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-11-07 23:57 | paraboot | Comments(0)