引き続きKLASICAの新作をご紹介してゆきます*

KLASICA
2019/Spring&Summer Collection

c0102137_20515104.jpg

"PORTRAIT OF THE STRATUM"

デッサンの線を一本減らす。錯覚していた縦横比率。
頭の淵をかすめるような一瞬を追いながら進んだコレクションは視点が多かった。
積み重ねられたオーソドックスな造形に少しずつ異様を残していた。

***

デザイナーが毎回コレクションに対してのコメントを下さるので、
最初はいつもそのままお伝えしています。

「デッサンの線を一本減らす」という印象的な言葉。
単純な私にはその考えにちっとも追いつけないのですが、
KLASICAらしさは色濃く、だけど個人的には少し違和感を覚えた第一便。
違和感=新しさに出会ったときのワクワクが止まらないのです。

Big Square Shirts
"SH-30LN"

c0102137_21160916.jpg

price:¥63,000+tax
color:CARBON
size:1

c0102137_21160906.jpg

c0102137_21160942.jpg

元ネタはアフリカの伝統的な衣装でもある大きなシャツなのだそう。
シャツとネーミングしていますが、コートとしてもワンピースとしてもOKなオールマイティな1着。
身幅もたっぷりあるので、インナーダウンと重ねてすぐにでも着たくなります。
ベルトでぎゅっとブラウジングして、ドレッシーに着るのも良し。

ぎゅうっと高密度に仕立てられたリネンを使っているので、動いたときのドレープにうっとりします。
着て洗ってを繰り返すうちにとろみ感もどんどん増して、
手放せない「My Vintage」へ育つことは間違いありません。

c0102137_21160911.jpg

c0102137_21160977.jpg

c0102137_21160984.jpg

KLASICAならではの遊び心は取り外し可能な襟。
レギュラーカラーと小さなスタンドカラーは、その日の気分でアレンジを!
オリジナルのボタンに施された白いラインがアクセント。

c0102137_21160864.jpg

Knit:mao made Pants:Military Boots:SANDERS

前回のブログも含め、今回のスタイリングはすべてバイヤーである砂原からの提案。
...なのですが、このスタイル↑はこの日の格好にさっと羽織っただけ。
KLASICAとMiitaryの相性の良さはお墨付きですよ!

普段の格好に合わせることのできる安心感は、服を選ぶときに重要だと思います。
ぜひご自身の「いつもの」に羽織ってみて下さいね*

Wide Straight Pants
"MOSES"

c0102137_21161994.jpg

price:¥40,000+tax
color:CARBON/TAN
size:1

c0102137_21161814.jpg

絶妙なハンパ丈とこのぶっといシルエットのバランスに
「くぅ〜」とうなりを上げてしまうナイスな1本です!!

c0102137_21161820.jpg

c0102137_21161899.jpg

c0102137_21161945.jpg

c0102137_21161990.jpg

フロントにワンタックで立体的な広がりを作り、
ダブル仕立ての裾はラインを作り上げるための重りの役割も果たしています。

まるで折り紙を連想するヒップのポケットが、後ろ姿にアクセントを加えます。
サスペンダーを取り付けるボタンもあるので、ハイウエストで吊って履くのも素敵です*

c0102137_21161873.jpg

Blouse:mizuiro ind Cut-sew:mao made Sox:JOHA Boots:SANDERS

トーンは明るめですが、落ち着いた雰囲気のあるcolor:TANには、
カーキ色の女性らしいブラウスを着るのがおすすめです。
靴でベストなのは「問答無用でSANDERSのDerby Boots」という
砂原渾身のコメントもお伝えしておきます!

Sanders "Derby Boots"

c0102137_22082213.jpg

KLASICAとSandersは、まるでオシドリ夫婦のような相性の良さ。
KLASICAをお試しの際は、Sandersもご一緒に!

***

まだまだご紹介できていないアレコレ...

c0102137_22381800.jpg

...もありますが、本日はこれにて。
(もちろん今回もJUILLET別注ありますよ〜どれでしょう?*)

冒頭にお伝えした「ワクワク」は、実際に見て・手に取って・身につけることで、
すぐに共感して頂けるのではないかと思います!
ぜひ新作たちをご堪能下さいませ。
皆様のご来店心よりお待ちしております〜

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2019-01-11 22:41 | KLASICA


新しいシーズンのはじまりを知らせてくれるのは、いつもKLASICAのお洋服たち。
第一便がズラリとJUILLETにお目見えです。

KLASICA
2019/Spring&Summer Collection

c0102137_23000358.jpg

"PORTRAIT OF THE STRATUM"

デッサンの線を一本減らす。錯覚していた縦横比率。
頭の淵をかすめるような一瞬を追いながら進んだコレクションは視点が多かった。
積み重ねられたオーソドックスな造形に少しずつ異様を残していた。

***

まずは展示会で1番はじめに目に留まり、
私の物欲中枢に刺激が走ったスペシャルなドレスからご紹介したいと思います。

High Neck DRESS
"SANDRA"

c0102137_22500973.jpg

price:¥62,000+tax
color:TAN/CARBON
size:One

[FRONT/BACK]

c0102137_22501038.jpg

ホスピタルスモックがデザインソースとなっている主役級ドレス。
クラシックなハイネックが印象的で、一見甘そうな雰囲気ですが、着てみると品があってエレガント。
独特の存在感はさすがKLASICAです。

ファブリックは、重さと光沢がある高密度なリネン。
まるでヴィンテージのデットストックリネンの様な存在感と、
着用を繰り返す毎に、ツヤが増して柔らかくなってゆきそうな...
これから育つ過程が楽しみな生地です。

c0102137_22501006.jpg

c0102137_22501073.jpg

[BACK/FRONT]

c0102137_22501051.jpg

そして...なんと。後ろ前どちらでも着用が可能なのです。
展示会では「なるほど〜!これはホスピタルスモックだ!」と納得しましたね*
驚くほどに全く違った印象で着こなしを楽しめます。

c0102137_22501054.jpg

c0102137_22501035.jpg

c0102137_22501072.jpg

フロントに配された2本の共布ベルトはそのまま自然に垂らしたままでもサマになります。
また、ウエストを絞る事でレトロなドレスに早変わり。

ふんわりと女性らしいお袖は、ちょうど肘がかくれるくらいの丈で、
今時期はこのようにインナーを重ねて着ると◎
シーズンを通して長く愛用いただけますよ。

162㎝のわたし砂原で、足首がチラリと覗くこのロング丈が個人的にツボです。

***

MUSICIAN JACKET
"SICRA"

c0102137_22530928.jpg

price:¥55,000 +tax
color:TAN/CARBON
size:One

c0102137_22530888.jpg

記憶に新しい昨年の10月、系列店genreでカスタムオーダーを行ったKLASICAの名品。
"CIRCA JACKET"
今季はドレスと同じリネンファブリックでリリースです!!

c0102137_22530827.jpg

c0102137_22530854.jpg

c0102137_22530943.jpg

ヨーロッパの音楽家達が愛用していたという、
ヴィンテージのジャケットがベースとなっているだけあって上品でクラシック!

そして、とても機能的な作り。
スタンドカラーにボタンがズラっと並ぶ印象的なフロントデザイン、
低い位置に配されたフラップポケット、太めのアームに短めの着丈。
着こなしの幅も広く、様々なスタイリングが頭をぐるぐる巡ります*

c0102137_22530810.jpg

Basque Shirt:SAINT JAMES Pants:Brocante Beret:BRIQUE BLANC Boots:SANDERS

セントジェームスにイージーパンツとラフな合わせも
ジャケットを纏うとたちまち"きちんと感"のあるスタイルが完成します。
是非デニムや軍パン、ワークパンツなど日常着にサッと合わせて、時にはかっちりとシックに。

ジャケットは、何かと役に立つ大人の嗜みアイテムかと思うのですが、
そんな1枚は妥協せず"お気に入り"をじっくり選びたいものですよね。
"CIRCA JACKET"を迷わずおすすめ致します◎

***

洋服好きを唸らすブランド、KLASICA。
今季も是非一度ご覧いただきたい、素晴らしいコレクションです。
それぞれの入荷数はごく僅か。
お早めにご来店・お気軽にお問い合わせくださいませ。

次回に続きます。

砂原

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2019-01-11 17:41 | KLASICA