OUTIL::PASTEL DYED

引き続き、美しい「あお」を生み出す"パステル染め"のアイテムがたくさん届いています。

OUTIL
"PATEL DYED"

c0102137_09512514.jpg

アブラナ科の植物を使った天然染め="パステル染め"
あまり聞くことのない技法ですが、12世紀頃から続く伝統的な染色方法です。

私たちに馴染みのある"インディゴ染め"よりも歴史は古く、
"インディゴ染め"よりも時間と手間がかかるため、
16世紀半ば"インディゴ染め"が発達するとともに、衰退してしまい、
現在この技術を伝える土地は幾ばくか程度になってしまっているそうです。

しかし"パステル染め"は、
フランス人の色に対する概念にも大きな変化をもたらすほど、重要な技術でした。
聖母マリアの纏うマント、フランス国王の纏う衣服など、
高貴な階級を示す色が赤から青へと変わったことが、その証明ではないでしょうか?

まさに「フレンチブルー」という言葉が指す通り、フランスの色は青なのです*

c0102137_09512572.jpg

決してベーシックなカラーとは言えませんが、
このパステル染めのブルーは、意外な程私たち日本人にも馴染みます◎
鮮やかな発色で、最初は新鮮な気持ちを与えてくれるはずですし、
天然染めの醍醐味でもある経年変化によって、馴染んでゆく過程も嬉しい気持ちにしてくれます*

数型入荷しておりますが、本日はコートとベストをご紹介します。

STAND COLLAR WORK COAT
"MANTEAU ARNAS"

c0102137_09512433.jpg

price:¥50,000+tax
color:PASTEL-BLUE
size:0/1

c0102137_09512593.jpg

c0102137_10383818.jpg

c0102137_09512565.jpg

c0102137_09512548.jpg

c0102137_10212357.jpg

スタンドカラーと比翼に隠れたボタンで、すっきりさっぱりとした仕立てに、
立体的なポケットがアクセント!OUTILらしさを感じる1着です*

昨日ご紹介した"BLACK-INDIGO"のアイテムにも使用されていた
「L' air fait pas la chanson」と刻まれたラッカーボタンは、ここでも大活躍です。

c0102137_09512448.jpg

Basque-Shirt:SAINT JAMES Pants:OUTIL Shoes:Paraboot

本当に相性がいいな〜と思うのは、やはりSAINT JAMESとの合わせです◎
太めのパンツやスカートともバランスが取り易いことも、大事なポイント。

背筋が伸びるような佇まい。
私にとってこのコートの第一印象はコレで、お客様に袖を通して頂く度、
惚れ惚れしてしまいます*


VEST
"GILET CERON"

c0102137_09513481.jpg

price:¥28,000+tax
color:PASTEL-BLUE
size:0/1

c0102137_09513477.jpg

c0102137_10383885.jpg

c0102137_09513405.jpg

c0102137_09513478.jpg

c0102137_10383809.jpg

ポケットを4つ配置した、機能性も申し分のないシンプルなベスト。
5つ並んだラッカーボタン、尾錠などファブリック以外もすべてがOUTILお手製です。

「ベストはいつもの装いにちょっと飽きてしまったときに助けてくれます」
とは、うちのバイヤー砂原の一言。
シャツやカットソーに何気なくOnで、カッチリ感もプラスしてくれます。

c0102137_09513361.jpg

シャツ+キュロットのJUILLET王道スタイルに。
このPASTEL-BLUEは実際に使ってみると指し色として大活躍します!
黒や紺などの濃いめカラーとも、ナチュラルな白・ベージュなんかともすんなり馴染む*
天然染めだからこそ風合いかもしれません。

c0102137_17122665.jpg

Coat:ARMEN Shirts&Culotte:OMNIGOD Shoes:DANSKO

コートの下から見えるPASTEL-BLUEが、春らしい!

指し色を入れて装うことは、部屋にお花を飾ることに似ているなと思います。
その着こなしは、周りのひとたちにも元気を分け与えるのではないでしょうか*

=========

明日まで!!!

c0102137_22543641.jpg

JR TOWER SQUARE CAED
5倍ポイントセール
2018.3.17(sat)-21(wed)

雪がちらつく札幌...ちょっと春が遠のいてしまっていますが、
JUILLET店内は春真っ盛りです。
どうかこのお得な機会を有効利用してくださいね!
ご来店お待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-03-20 21:32 | OUTIL | Comments(0)

OUTIL::BLACK INDIGO


c0102137_12144373.jpg

OUTIL
"BLACK INDIGO"

c0102137_10510206.jpg

1900年代初頭、羊飼いの着ていたローブなどに使用されていた色"ブラックインディゴ"ー
藍色を幾重にも重ね、ログウッドを媒染した黒のような藍色です。
この技法は現代にはほとんど残っていませんが、OUTILだからこそ実現できた天然染めです*

STAND COLLAR WORK JACKET
"VESTE GABARRET"

c0102137_12144366.jpg

price:¥39,000+tax
color:BLACK-INDIGO
size:0/1

c0102137_13082856.jpg

c0102137_12144385.jpg

c0102137_10510165.jpg

c0102137_10510146.jpg

Blouse:Veritecoeur Pants:OMNIGOD Sneaker:ARMEN

作業着であったカバーオールをもとに、全体的に野暮ったさのないシルエットに仕上げています。

ポケットのまあるくラウンドした形は、1930年代頃ののフレンチワークウェアによく見かけます。
その当時は手作業が多く、1着を縫うにも時間を費やしていた時代です。

ラッカーボタンのサイドには「L' air fait pas la chanson」と刻まれています。
(フランスのことわざ「メロディは歌を作らない」の意。)

ジャケットというには驚くほどに軽く柔らかい生地で、着心地も良いのが嬉しいですね*
ぜひ一度袖を通してみて下さい。


FLAT PANTS
"PANTALON ALBI"

c0102137_10510201.jpg

price:¥30,000+tax
color:BLACK-INDIGO
size:1/2

c0102137_10510257.jpg

c0102137_10510205.jpg

c0102137_10510279.jpg

c0102137_10510268.jpg

秋冬ではモールスキンの素材で展開していた"PANTALON ALBI"
フレンチのワークパンツをより現代にフィットするよう、美しいフォルムに仕立てた1本。
ある程度の太さはあるのですが、ダボつく感じは全くありません。

タックやダーツはなく、フラットな形だからこそ、
履くことで生まれるシワだったりアタリだったりが生まれます。
リジットデニムのように人によって変わる経年変化も楽しみですね*

*****

OUTILの新作紹介はまだまだ続きます◎

石部

c0102137_22543641.jpg

JR TOWER SQUARE CARD
5倍ポイントセール
2018.3.17(sat)-21(wed)

OUTILをはじめとしたたっくさんのワードローブ、揃っています。
ぜひ「5ばポ」期間中にお買上げ頂き、たんまりポイント(=商品券)を手に入れて下さい!
ご来店お待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-03-19 17:28 | OUTIL | Comments(0)

OUTIL::INDIGO LINEN


目の冴える藍色も、この時期になると手が伸びてしまいます。

OUTIL
"ROBE HELETTE"

c0102137_18045609.jpg

price:¥28,000+tax
color:INDIGO
size:1
SOLD OUT

c0102137_18045614.jpg

c0102137_18045656.jpg

c0102137_18045648.jpg

c0102137_18045680.jpg

秋冬にも大好評だったローブワンピースは、春らしく、そしてOUTILらしく、藍染めで登場です!
丁度良い肉感のリネン(重さはあまり感じません)を染色しているので、
綺麗な青と群青色が混じったような立体感のある面感です◎

ちらっと鎖骨が見える程度のスキッパーと、たっぷりの袖が女性らしさを引き立てます。
裾は広がらずにストンと落ちるシルエットで、落ち着いた印象です*

c0102137_18045507.jpg

Tank-top:Vlas Blomme Under-Pants:Veritecoeur Stole:SOIL Shoes:DANSKO

ちょっと暖かい季節をイメージしたスタイリング。
リネンのショールを纏うことで、より大人の女性らしさを引き立ててくれます*
ボトムス選びは意外と簡単で面白いところでもあります。
パンツは勿論のことロングスカートも◎今回はアンダーパンツで、ワンピースを目立たせる作戦!

私は、この同型のワンピースを秋冬に購入しました。
すっぽりと覆われるのに、野暮ったさは一切無く、こんなに袖もゆったりしているのにコートも着れる。
不思議なワンピースです。
春でも、オーバーサイズのコートであれば難なく着て頂けると思います。


"JUPE NAJAC"

c0102137_18072403.jpg

price:¥22,000+tax
color:INDIGO
size:1
SOLD OUT

c0102137_18072509.jpg

c0102137_18072521.jpg

c0102137_18072452.jpg

c0102137_18111805.jpg

同じ藍染めリネンを使用したギャザーたっぷりのスカート。
ウエストをぎゅぎゅっと共布のリボンで結んで履きます。

古く農婦さんが履いていたスカートがモチーフですが、現代らしくアレンジを加え、
ボリューム感とすっきり着丈でバランスの良い1枚です*

透けないので、夏は1枚で履けますし(涼しい!)、レギンスやタイツで履くのも素敵。
年がら年中履いて、デニムのように育てていってください!

c0102137_18072555.jpg

Dress:Vlas Blomme Pullover:OMNIGOD Sox:GLEN CLYDE Boots:Sanders Necklace:maria rudman

アイテム自体は女ぽくて甘そう?と思うかもしれませんが、
マニッシュなブーツやざっくりリネンのアウターを合わせると、甘さが消えます。
本来藍染めとは、良い意味での渋さがあるからかもしれません*

また色が変化することで、合わせたくなるアイテムも変わってくると思います。
藍染めの魅力を最大限に楽しんで頂ける服でもあります。
ぜひお店に見にいらしてくださいね*

*****

明日は暖かくなりますように....
ご来店お待ちしております!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-03-04 00:04 | OUTIL | Comments(0)

OUTIL::DAILY WARDROBE


冬将軍、最後の最後にフルパワー発揮の今週でしたね!
風の音がすごかったですね〜
昨日スーパーで買い物をしていたら、マダムが「冬将軍が最後の力を使い果たしたのよ」と仰っていて、
心のなかでブンブン頷いてしまいました。そうであって欲しい。

お店には春のお洋服が所狭しとぎゅうぎゅう詰めになっております*
本日はこちらをご紹介。

OUTIL

c0102137_12521162.jpg

2018年春夏も、素晴らしいラインナップが揃うOUTIL(ウティ)。
春らしい柔らかな色合いと程良い無骨さが宿っています。


"MANTEAU ARNAS"

c0102137_12521195.jpg

price:¥44,000+tax
color:GREYGE
size:0

c0102137_12521230.jpg

c0102137_12521250.jpg

c0102137_12521231.jpg

c0102137_12521211.jpg

c0102137_12521235.jpg

c0102137_12521119.jpg

リネン生地に顔料プリントを施したという、OUTILらしく生地に手間暇をかけて仕上げたコート。
スタンドカラーのさっぱりとした表情と思いきや、フロントの立体的なポケットがアクセント。
マニッシュにもナチュラルにもぴったりな1着です。

顔料プリントということは、使い込む程に表面の塗装がはがれてゆきます。
クタクタ+趣のある質感へと変化するので、着る度にワクワクしちゃいそうです*

c0102137_12521224.jpg

Cut-sew:OMNIGOD Pants:BONCOURA Sneaker:ARMEN Bag:CHARLIE BORROW

ワークパンツにばさっと羽織る、これだけでも素敵だなあと思えるコートです*
GREYGEはどんな色とも相性が良いので、スタイリングに悩むこともありません。
ぜひ毎日着てください。


"CHEMISIER FIRMINY"

c0102137_15560058.jpg

price:¥24,000+tax
color:CHARCOAL
size:0/1

c0102137_15555914.jpg

c0102137_15555950.jpg

c0102137_15555963.jpg

c0102137_15555939.jpg

c0102137_15555996.jpg

シーズン毎に素材替えで展開しているOUTIL定番のシャツです。
今回はさらっとしたコットン生地に備長炭で墨染めを施しています*
天然染めらしい風合い豊かな1枚に仕上がってます◎

シャツは1枚で着ても良し、ボタンの留め方のいろいろ、羽織りにも良し、と何役もこなしてくれる万能アイテム。
「ついつい毎年買い足しちゃって...」と懺悔めいたお話も聞くのですが、
それでいいじゃないですか!とついついプッシュしてしまいます。

特にこのシャツは軽やかなコットン生地、というのがミソ。
着心地も良いので、気がつけばさっと袖を通してるんじゃないでしょうか。


"PANTALON MACAU"

c0102137_16063972.jpg

price:¥22,000+tax
color:DYE-CHARCOAL
size:28/30
SOLD OUT

c0102137_16061263.jpg

c0102137_16062030.jpg

c0102137_16063885.jpg

c0102137_16061099.jpg

c0102137_16062928.jpg

c0102137_16061305.jpg

c0102137_16062171.jpg

デザイナーが、自身のチノパンを墨染めしてみたところ....こんな1本が生まれたんだそう。
実は1月に入荷し、即完売してしまったのですが、運良く再入荷しました*

目を凝らしてご覧頂くと、墨染めのムラ感が伝わると思います。
全体的にトーンダウンしたこのなんとも言えない絶妙なカラーが◎

チノパンというアイテム自体、この男前な太さを見つけるのになかなか苦労します。
このチノはユニセックスなので、メンズライクで単純に"かっこいい"。
ゆったりとして履き易いというところも、パンツを選ぶ上では重要!
ぜひワードローブに加えて欲しい1本です。


"ROBE REVEL"

c0102137_16203304.jpg

price:¥28,000+tax
color:CHARCOAL/OLIVE
size:1

c0102137_16203357.jpg

c0102137_16203338.jpg

c0102137_16203394.jpg

c0102137_16203307.jpg

JUILLETには欠かすことの出来ないアイコン的なアイテム:カシュクールワンピース。
日本人にすっと馴染む趣ある色は、日本古来の天然染めから生まれました。
CHARCOALはログウッドとクチナシ(青)を媒染し、OLIVEはザクロをアルミで媒染させています。

飾りっけのないミニマムな作り。
毎度申し上げることですが、生地に自信がないとここまで素っ気なく作ることはできないと思います。
ウエストの紐でギャザーを寄せたり広げたり、自由にシルエットを変えることができます*
ポケットもついておりますので、春先の羽織りにもいいですね!

c0102137_16203339.jpg

Cut-sew:Military Denim:BONCOURA Shoes:CROWN Accessories:maria rudman

袖も身幅もたっぷりあるので、肉厚なカットソーやニットなんかを着込むこともできます。
カシュクールワンピースに決まり事はなくって、朝お出掛け前にはとにかく一度羽織ってしまう。
「わあ!いいじゃない!」と新しい発見があったり、
「うーんこれは好きじゃない!」なんてこともあります(笑)。それが楽しい。
だからカシュクールワンピースはやめられないんです*

*****

ご紹介はまだまだ続く.....

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-03-03 16:44 | OUTIL | Comments(0)

OUTIL "CHEMISIER FIRMINY"


気がつけば12月も半分が終わり...
毎日多くの方々に足を運んで頂き、とても嬉しい師走の日々ですが、
なかなかブログをUPできないままで申し訳ございません。

本日は前回に引き続いて、OUTILのシャツを!

c0102137_15173315.jpg

OUTIL
"CHEMISIER FIRMINY"

c0102137_13520577.jpg

シャツは春夏秋冬関係なく活躍するアイテム。

ボタンの留め方でも雰囲気が大きく変わり、
まったく同じモノを着ていても人によって違った印象も与える、不思議なウェアだな〜と....
様々なお客様に着て頂きたいと思う1枚がこれだったりします。

c0102137_13520662.jpg

price:¥24,000+tax
color:BLACK/BLUE
size:0/1

c0102137_14004637.jpg

c0102137_15173196.jpg

c0102137_14004607.jpg

c0102137_13520531.jpg

c0102137_14015208.jpg

c0102137_15173244.jpg

c0102137_14004622.jpg

OUTILの顔とも言えるこの"CHEMISER FIRMINY"は、
フランス軍のワークジャケットからデティールを引用しています。

やはり目を惹くのはフロント胸元の大きなポケットではないでしょうか*
そして首に沿って立ち上がるスタンドカラー、バックスタイルのインバーテッドプリーツと△のステッチ、
ワークウェアらしい動き易さを備えた効率の良いディテールが散りばめられています。

OUTILと言えば...「フランス」「ワークウェア」「ヴィンテージ」という
3つの軸から形成されているブランドですが、
今季の生地:シャンブレーもこのキーワードから導き出される素材でもあり、
よりブランドのコンセプトを濃厚にしているようにも思います。
とにかく10年後が楽しみなシャツですね!

c0102137_11435121.jpg

そして、前回登場していたこのシャツもとてもイイですよ。

"CHEMISIER CHARY"

c0102137_16491864.jpg

c0102137_15173248.jpg

price:¥22,000+tax
colo:WHITE
size:0/1

c0102137_15173208.jpg

c0102137_15173273.jpg

c0102137_15173242.jpg

c0102137_16491917.jpg

コットンフランネルを使用し、温かみのある秋冬にぴったりな1枚。
まっさらな白ならではの清潔感がワークシャツに新しいイメージを吹き込んでいます*
この素材は洗い込むことで、雰囲気も変わってゆくはず。

すっと立ち上がるスタンドカラーは"CHEMISER FIRMINY"同様ですが、
全体的にフィット感のあるコンパクトなサイジングで、よりシンプルなワークシャツと言った感じ。

c0102137_17484382.jpg

Stole:JOHN SCOTT Bracelet:MARIA RUDMAN

1枚で着こなすのも素敵ですが、シャツジャケットのように羽織るのも◎
リネンのワンピースなどに重ねるのもおすすめです。

 ぜひ、袖を通してみて下さいね*
ご来店お待ちしております!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-12-17 17:56 | OUTIL | Comments(0)

OUTIL::BLACK MOLE SKIN


フランスのワークウェアを代表する素材「モールスキン」。

40年〜50年代にかけてフランスで作られていた生地は、少しの光沢感と滑らかで程良い肉感であり、
ワークウェアでありながら上品な雰囲気も感じます。
現在は本国フランスでさえ、
その当時と同じクオリティの「モールスキン」を生産することは不可能だそう...

しかし、今季OUTILが作り出した「ブラックモールスキン」は、
その当時の匂いを感じることの出来る、極上のファブリック。

ヴィンテージ好きにはたまらないアイテムではないでしょうか?

OUTIL
BLACK MOLE SKIN
"PANTALON ALBI"

c0102137_13510170.jpg

price:¥24,000+tax
color:BLACK
size:1

c0102137_13510113.jpg

c0102137_13510221.jpg

c0102137_13510235.jpg

c0102137_13510117.jpg

フレンチワークウェアがベースですが、より現代にフィットするような美しいシルエットの1本。
ある程度の太さはあるのですが、ダボつく感じは全くありません。

見えない箇所ですが、内股を縫い合わせるシームが表にでないように脇割りにし、
その片側にパイピングを施してあります!
見えない箇所ではありますが、履き易いようにと凝った作りをしています。

1本は持っているべき黒パン。
このブログでもよくお話しますが、コレ!という黒いパンツって、なかなか見つかりません。
こすけた感が他の色よりも強く現れるので、気になってしまうのかもしれません。

「ブラックモールスキン」は、履けば履く程、付き合いの分だけ雰囲気が増します◎
こんなに履いていて将来が楽しみなパンツはないんじゃないかと。

c0102137_13510194.jpg

Shirts&Cut-sew:OMNIGOD Beret:GLEN GORDON Shoes:Paraboot

普段デニムを履くところを、黒パンに変えてみる....と、
しゅっとしたクールなスタイルの完成。
黒パンだからカッコ良く、クラシカルにしようとは思わなくてもいいと思います*
このOUTILのブラックモールスキンは、土臭さもきちんとある1本です。
冬はセーターやシャツ、ブラウスと。
夏にはTシャツやリネンのトップスにもマッチしますよ。


BLACK MOLE SKIN
"SALOPET BIDER"

c0102137_11435214.jpg

price:¥32,000+tax
color:BLACK
size:1

c0102137_11435104.jpg

c0102137_11435204.jpg

c0102137_11435160.jpg

c0102137_11435275.jpg

今季数多くのサロペットをご紹介していますが、今年はサロペットの大当たり年でした*
それぞれのブランドのアイデンティティがたっぷりと表現されています。

OUTILの"SALOPET BIDER"は、他とは違った雰囲気を醸し出しています。
それは大きくブラックモールスキンの影響だと言えますが、
フロントのフラップポケットや、バックスタイルに肩紐のボタンを配置するなど、
他にはない細やかなディテールも、スパイス的に効いていると思います◎

そして、シルエットが綺麗め過ぎないこともイイところですね!

c0102137_11435121.jpg

Shirts:OUTIL Bandana:Glarner Tuechli Boots:trippen

スタンドカラーのシャツにくるっとバンダナを巻いてアクセントに。

カメレオンのように、どんなアイテムともすんなりとハマるのも、
サロペットの優秀なところではないでしょうか?
モノトーンの着こなしは私たちも大好き*
べたっとした黒ではなく、どこか光を反射するところも「ブラックモールスキン」の魅力です。

*****

次回はOUTILの定番的に使えるシャツをご紹介します*
サロペットと一緒に着ている"あれ"です!
どうかお楽しみに。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-12-10 21:54 | OUTIL | Comments(0)

OUTIL::MOLESKIN


引き続き、OUTILのコレクションをご紹介してゆきます*

OUTIL::MOLESKIN

c0102137_14534155.jpg

「モールスキン」と呼ばれる生地。

"モグラの皮"の意味を持つそうですが、基本コットン素材です。
綿糸を高密度に両面を起毛させながら織り上げるため、とっても丈夫。
そして独特の柔らかさと厚みを持ち、保温性も高いという特徴を持ちます。

フランスでは古くからワークウェアに取り入れられていました。
フレンチワークを代表すると言っても過言ではない、と勝手に思っています。

"APRON GUICHE"

c0102137_14534149.jpg

price:¥26,000+tax
color:INDIGO
size:F

c0102137_14534143.jpg

c0102137_14534068.jpg

c0102137_14534135.jpg

そんなタフな「モールスキン」で製作したエプロンドレス。
フレンチワークと言えば、この鮮やかなブルー!
フロントはポケットが配置されただけのミニマムなデザインですが、
振り返ると二重に重なったボトムのレイヤードにも、ぱっと目を奪われます◎

しっかりとした生地というのは、どうにも重さも比例します。
このアイテム、ボリュームはありますが着心地にビックリ。
モールスキンは空気を織り込んだ作りの所為か、軽いのです。

c0102137_14534101.jpg

One-piece:Veritecoeur Boots:Sanders Tights:FALKE

エプロンドレスというのは、どうしてもワクワクする逸品。
スタイリングの幅が広く、ワンピースでもスカートでもパンツでも...なんでもOK!というのがニクい。
どう着こなそうか?を考えるのが楽しいのです*
このポケットがとっても便利だったり、1枚重なることでの保温性も◎
北海道に暮らす女性にとっては重宝するツール(=OUTIL)になるはずです。


"ROBE HELLETE"

c0102137_14533360.jpg

price:¥28,000+tax
color:BLACK
size:1
SOLD OUT

c0102137_14533255.jpg

c0102137_14533224.jpg

c0102137_14533394.jpg

c0102137_14533242.jpg

不思議と馴染みの良さを感じてしまう漆黒のワンピースは、
やはり「モールスキン」という生地の奥深さを感じられるアイテム。

こちらもシンプルなスキッパープルオーバー、ミディアム丈、
ウエストにリボンが施され自由にブラウジングして着て頂けます。
文章にするとよくありそうな....でもこれは他とはひと味もふた味の違う。別格です。

c0102137_14533367.jpg

Cut-sew:JOHA Tights:FALKE Boots:trippen Necklace:Maria Rudman

これだけで完成してしまいます。
小物がより映えるので、アクセサリーやストールなんかがお好きな方におすすめ。
シルエットにも上品さを感じさせられます*

***

さて「モールスキン」は経年変化も大きな魅力。
洗いをかけるほどにパッカリングが現れたり、滑らかさが増してゆきます。
一緒に歳を重ねてゆける服。
そんな風に捉えてもいいかもしれません。

ぜひ店頭で手に取ってみてくださいね。
ご来店お待ちしております!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-10-13 23:26 | OUTIL | Comments(0)

OUTIL::HERRINGBONE VIRGIN WOOL


さて♪先日ちらっとお目見えしたOUTILのアイテムで、
JUILLETらしいスタイルをご紹介して参ります*

::OUTIL::
HERRINGBONE VIRGIN WOOL

羊一頭につき一度しか刈り取ることの出来ない希少ヴァージンウール。
解り易く言うと「産毛」。
何度も何度も毛狩りを繰り返したウールより繊維が細く、しなやかでソフトな触感です。
この素材を使用したヘリンボーン生地は軽く、また驚く程の温かさを感じて頂けるはずです◎

"VESTE COMMNY"

c0102137_17521195.jpg

price:¥42,000+tax
color:GREY-BEIGE
size:0

c0102137_17521221.jpg

c0102137_17534098.jpg

c0102137_17521201.jpg

c0102137_17521290.jpg

スタンドカラーにも小振りなラペルカラーにも変化する衿や、
5つ並んだ風合いたっぷりのメタルボタン、3つのパッチポケット、ベンツなど....
OUTILらしく、フランスの古いワークジャケットがベースになっている"VESTE COMMNY"。

形は何気ないのですが、このヴァージンウールで仕立てたヘリンボーンが生きる1着。
そして最初にお伝えした通り、とてつもない保温性も備わっており、且つ動き易いことにもビックリ!!

c0102137_17521190.jpg

Culotte:Juillet a Sapporo Cap:maison de soil Stole:SOIL Shoes:Paraboot

内側にストールを巻き込んで、マニッシュと可愛らしさが共存するスタイルを。
このストールの巻き方は、風の侵入も防ぐので今時期ぴったりですよ*
JUILLETオリジナルのキュロットとの相性も抜群です。
冬にこそ、クリーンで優しげな白を取り入れたコーディネートが◎


"PANTALON TARBES"

c0102137_17515808.jpg

peice:¥33,000+tax
color:GREY-BEIGE
size:0

c0102137_17515840.jpg

c0102137_17515979.jpg

c0102137_17515931.jpg

ウエストをリボンで結ぶ、ホスピタルパンツがベースのパンツ"PANTALON TARBES"。
(夏にご紹介した天然染めのパンツと同型です。)
ヒップから裾にかけてのラインが美しいので、綺麗めコーデのハズシとして!
また、寒さの厳しい時期にも温かな1本として、大活躍すること間違いナシです。
これで真冬を乗り越えましょう*

c0102137_17515894.jpg


Jacket&Stole:Khadi&Co. Blouse:Vlas Blomme Shoes:Sunders

どこか和っぽさを感じる、エイジレスなスタイリングにしてみました。
エイジレスには、素材選びも重要!
すべてがウール素材なのに、それぞれ異なる風合い=魅力があって、
それが組み合わさり、年輪のような奥深さを感じられます。
でも気取った風じゃないのが、これまたイイんです。


"MATEAU OLORON"

c0102137_20572952.jpg

price:¥50.000+tax
color:GREY-BEIGE
size:1

c0102137_20572955.jpg

c0102137_20573084.jpg

c0102137_20572938.jpg

c0102137_20572939.jpg

すっきりとしたフォルムのローブコート"MANTEAU OLORON"。
どのアイテムにも、デザイナーの拘りが細やかに満載なのですが、
個人的に「わ!」と心臓鷲掴みにされたのが、布に包まれたスナップボタン。
使い込む程に破けてゆくであろう部分...きっとココに"着る人とこの服との歴史"が刻まれるはず*

c0102137_20573078.jpg

Blouse:Vlas Blomme Over-all:OUTIL Shoes:FRACAP

フロントとは2つのスナップボタンで開閉。
またベルト付きなのでぎゅっと結んで留めたり、気分によって変化をつけて楽しめます。
冬はアウターが主役になってしまう土地ですので、今はこうしてインを見せて着るのが旬。
ばさっと羽織るだけでもサマになるのは、嬉しいですね!


"GILET DAX"

c0102137_09230164.jpg

price:¥28,000+tax
color:GREY-BEIGE
size:0

c0102137_09230202.jpg

c0102137_09230287.jpg

先日もご紹介しましたが、この”GILET DAX”も同じ素材の仲間です*
背面はブラックモールスキンを使用しています。
ポケットが多いのも何かと便利な1枚。
ウールとモールスキン、それぞれの経年変化を感じられるのも2度美味しい、とニヤリ顔...!

c0102137_09230044.jpg

Coat:KLASICA Cut-sew:MILLER Pants:ARMEN Shoes:Paraboot

あいにく、KLASICAのコートはすでに完売しておりますが、
手持ちのジャケットやコートに、あまり深く考えずプラスして欲しいですね*
これはだめ!という相性の悪いモノって、あまり思い浮かびません。
男前なイメージのあるアイテムだとは思いますが、女性にとってもすごく便利。
ベストの柄や色で他のひととは違ったアプローチの重ね着が生まれます。

勿論、前出の同素材のアイテムとセットアップのように着こなすのもファッショナブル。
きっとぬくぬくで過ごして頂けると思います◎

*****

OUTILの紹介はまだまだ続く。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-10-08 23:51 | OUTIL | Comments(0)

OUTIL::2017Autumn&Winter



3シーズン目のOUTIL(ウティ)が、続々入荷しています。

ヨーロッパのワーク・ミリタリー、ユニフォームにフォーカスを当て、
"道具としての洋服"を丁寧に作り上げています。

OUTIL
2017Autumn&Winter

c0102137_09055407.jpg

c0102137_20143752.jpg

c0102137_20143885.jpg

c0102137_20144194.jpg

c0102137_20143835.jpg

c0102137_20143700.jpg

c0102137_20143857.jpg

c0102137_20143915.jpg

c0102137_20143805.jpg

c0102137_20143768.jpg

c0102137_20143753.jpg

c0102137_20143809.jpg

c0102137_20144170.jpg

今季は、艶やかなモールスキンとマットなモールスキン、
コットンを起毛し秋冬らしく仕立てたストライプ、
バージンウールを使用したふわっとしたヘリンボーンなどなど....
素材にはぜひ注目して頂きたいところ。

北海道の土地で暮らすうえでの”道具”としても、ファッションとしての"洋服"の意味でも、
素晴らしいラインナップが集結しています◎

本日より...系列店Archでは、OUTILデザイナーの宇多氏をお招きして、
スペシャルイベントを開催します!!

c0102137_20144152.jpg

OUTIL & Wine Bar Meguro un jour
Special Event
2017.10.7(sat)-9(mon)
at Arch Premier Etage

OUTILのPOP UPイベント。
OUTIL×Archの別注アイテムも販売スタートします。

つい先日までオーナー山内、ANATOMICA岩谷がヨーロッパに滞在し、
ヴィンテージの買い付けをしておりました。
各土地で見つけた良質なヴィンテージもずらりと並びます。

そして、期間中は東京目黒にあるワインパーMeguro un jourのオーナー宮内氏も来札。
特別にお店で提供している厳選されたワインをArchにて販売します*

OUTILとVINTAGEとVIN NATUREL。
フランスの空気感をぜひ体感できる3日間です。
ぜひ、足を運んでみて下さい*

*****

JUILLETでも、別注アイテムの販売予定がございます。
販売開始の際にアナウンスさせて頂きますので、どうぞお楽しみに!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-10-07 09:20 | OUTIL | Comments(0)

OUTIL::2017ss BLUE CLOTHING


コレクションブランドの2017年SS(春夏)は、これがラストのご紹介となります。
締め括りとしてふさわしい、美しいアオのワードローブの登場です*

OUTIL

c0102137_09261072.png

今季のコレクションで私達が心奪われたのは、淡さと深みの両方を持ったアオい服でした。
デザイナーである宇多さんが「フランスの色はアオなんです。」とおっしゃった一言に、
私はとんでもなく感動してしまいました。

このアオの染色は、ひとつはお馴染みの「インディゴ染め」。
もうひとつは「パステル染め」という、現代ではあまり聞かない技法です。

「パステル染め」というのは、アブラナ科の植物を使った天然染めの一種。
12世紀頃から栽培されるようになり、15世紀にはパステル産業は全盛を迎えます。
希少価値の高い「パステル染め」は、フランスからヨーロッパ各地に輸出され、
裕福な貴族らに圧倒的な支持を受けました。

パステルの浸透は、フランス人の色に対する概念にも大きな変化をもたらします。
聖母マリアの纏うマント、フランス国王の纏う衣服など高貴な階級を示す色が、
それまでの赤から青へと変わったのです*

しかし16世紀半ばには、新大陸から持ち込まれたインディゴにより、
パステル産業は衰退の一途を辿ります。
なにせインディゴは、パステルの20倍もの染色力を持ち、
一度に多くのモノを均一に染めることができたからです。

フランスの色をアオに変えたというほど、美しい「パステル染め」。
そして日本でも親しまれ、今では全世界のアオでもある「インディゴ染め」。

この2つのアオは、私たちに安らぎと元気をくれるように思います*


VINTAGE PULLOVER SHIRTS
CHEMISIER MILLERY

c0102137_09235619.jpg

price:¥25,000+tax
color Pastel-Blue
size:0

c0102137_09255209.jpg

c0102137_09235644.jpg

c0102137_09235640.jpg

c0102137_09235617.jpg

c0102137_09235674.jpg

c0102137_09235514.jpg

ミリタリーのスリーピングシャツを、OUTILの解釈で仕立てたプルオーバーシャツです。
「パステル染め」を施した1着。
ネックのフロント内側にストラップとボタンがあり、開閉できる仕組みになっています。
何かと便利な、胸元とサイドにポケットもあり、「道具」としての服の役割を担っています。
ヒップまで覆う着丈とすっきりとしたシルエットも◎

c0102137_09235559.jpg

Pants:Brocante Bag:Yarmo Sneaker:HERVIER PRODUCTIONS

細々と素敵なデティールがありながらも、着てみると自然体でいられるのが嬉しい服。
OUTILの服は、気負わずデイリーに着るのがベストです*


RAP PANTS
PANTALON LARRAZET

c0102137_20441054.jpg

price:¥26,000+tax
color:Pastel-Blue/Indigo
size:0/1

c0102137_20441025.jpg

c0102137_20441066.jpg

c0102137_20441146.jpg

フロントを折りたたみボタンで留め、上からぐしゅっと紐で絞って履きます。
こちらもミリタリーのホスピタルパンツのようで、
服を"道具"として捉えるOUTILらしさ全開の1本*

股上は深め、クロップ丈で、
腰位置を変えたり、裾への広がりを微調整することで、様々な履きこなしが出来ます。

個人的な話ですが、私はこの紐を結ぶラップパンツが大好物。
朝、ぎゅっと紐を締め上げるという行為が好きなんです*
着物の帯を締め上げるような感覚に近いかもしれません。「今日も頑張るか!」となるんです。単純(笑)。

c0102137_20441178.jpg

左が「パステル染め」で、右が「インディゴ染め」。
 今は微妙な違いですが、履き続けることでの経年変化が全く異なるのが、
とても面白いところですね!

生地はコットン100%。
生地感は軽くて着心地の良さもありながら、肉感もあって表面がうっすら毛羽立っています。
履き込むことで、マットな質感へ変化してゆくのでは?と思うのですが、
一体どうなるか....というのも楽しみですね。

c0102137_20441064.jpg

Blouse:Veritecoeur Hat:OUTIL Shoes:paraboot

真っ白なブラウスと合わせたクリーンなスタイルが、JUILLETのひとつの提案。
Tシャツなんかでカジュアルに着るのも良し。
ですが、大人の少し凛とした印象で、このパンツは履きこなしてほしいです*

被っているこのハットもOUTILです。

SAILOR HAT
"CHAPEAU PIROU"

c0102137_20452377.jpg

price:¥9,000+tax
color:ECRU/DENIM
size:F

c0102137_20452314.jpg

ツバの部分に幾重にもステッチが入っていて、
強度を高めることと、好きな位置で折り返すにも役立つデティールになっています。
デニムなので、使い込む程にくったりと雰囲気が増してゆきます*

春夏のスタイルには勿論ぴったりです。
でも、秋のワークコートや冬のPコートなどのアウターとの掛け合わせで、
新たなスタイルも発見できそう!
オールシーズン被って欲しいと思う、なかなか巡り会えない帽子です。

ぜひとも手に取ってお試し下さい。

*****

とうとう...
夏のセール「JR TOWER BARGAIN FAINAL」も明日までです。
当店では今月いっぱい、セール品を一部継続展開しますので、
引き続き掘り出し物を見つけて頂きつつ....

秋冬コレクションも立ち上がってきますよ〜!!どうそお楽しみに。

スタッフ一同、心よりご来店お待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2017-07-22 12:15 | OUTIL | Comments(0)