カテゴリ:Harley of Scotland( 2 )

::Harley of Scotland::


前回の「James Charlotte」でもお話した"無染色のウール"で編み上げたセーター。

その文字が示す通り、無染色とは化学染料などで染めたものではなく、
自然本来の色を生かして毛糸にしています。
そうするためには、厳選された高品質の羊毛でなくてはいけません。

今日は「Harley of Scotland」のセーターをご紹介します!
JUILLETで展開するもうひとつの"無染色ウール"で生まれたセーターです◎

Harley of Scotland

c0102137_18354651.jpg

Peter Harley(ピーター・ハーレー)によって、1929年スコットランドにて創業。
(当時は「Glenugie Knitwear」という名でした。)
着心地の良さと暖かさを追求したニットを作り出す老舗です。
もともとは極寒の海へ立つ漁師のために、今では世界中の多くのファンのために、
昔ながらの技術で伝統的なセーターを作り続けています*

c0102137_18320925.jpg

一番大事にしているのは、やはり素材。

製品に使用されるのは、ほとんどが"シェットランドウール”です。
スコットランド北東部に位置するシェットランド諸島に生息する羊たちから採れるウールは、
厳しい寒さと湿度の高い気候から、油分を多く含み保温性と撥水性を兼ね備えています。

柔らかな毛質を持つことも大きな特徴で、肌触りはしっとりとしています。

このウールを、そのまま毛糸に仕上げてセーターにします。
ナチュラルな風合いと原毛そのままの柔らかな発色を堪能し、冬を快適に過ごしましょう♪

Crew Neck Sweater

c0102137_18354597.jpg

price:¥18,500+tax
color:SHETLAND(BROWN)/HERDWICK(MOKU)/PORTLAND(Lt.GREY)*
size:F
*着用はPORTLAND(Lt.GREY)

c0102137_18354500.jpg

編み目はフラットなちょうどいい肉感の1枚。
保温性を持ちながら着膨れ感のないスッキリとした見た目です*
セーターというよりは、カットソー感覚で着ることができそう。
(以前ご紹介した同ブランドの"Roll Neck Sweater"とも似ています。)

c0102137_18354577.jpg

c0102137_18354611.jpg

c0102137_18354604.jpg

シンプルですが、ネックと裾の大きめのリブ編みがアクセントになりますね。
ホールガーメント機によるシームのない作りで、包み込まれるような軽い着心地が魅力です。

c0102137_18354524.jpg

Robe:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS×JUILLET Denim:Brocante Stole:Khadi and Co.
Beret;BRIQUE BLANC Boots:trippen

小柄な安田(身長155cm)は、ボリュームのあるデニムパンツと合わせていました。

細身のボトムを選んでしまいそうですが、
「Brocanteの"トヌーパンツ”はちょっぴり短めの丈とバルーンのようなシルエットが、
小柄な方にぴったり!!」なんだそうです。
trippen"NOMAD"のきゅっと締まった足首を見せることで、バランスが綺麗ですね◎

***

同じ毛糸でも、編み方によっても全く違った表情を見せることも、
セーターの面白いところですね。
冬気分を盛り上げてくれる、ケーブル編みのセーターも2種ご用意しております!

c0102137_19034235.jpg

Bottle Neck Cable Sweater

c0102137_19034341.jpg

price:¥20,000+tax
color:HERDWICK(MOKU)*/WELSH-BLACK(Dk.BROWN)
size:F
*着用はHERDWICK(MOKU)

c0102137_19034342.jpg

c0102137_19034351.jpg

c0102137_19034338.jpg

この「どっち?」という絶妙さ。
クルーネックかハイネックがちょっと悩んだのですが...ボトルネックとネーミング。

ケーブル編みは冬にしか楽しめない期間限定。これを今着ずしていつ着ますか?今ですよ!
袖口や裾はヨコ編みになっていて、スウェットのリブのようで素敵です◎

着用しているcolor:HERDWICK(MOKU)は、まるでゴマシオのよう。
このカラーはオーセンティックな装いが好きな方なら、この渋さに心惹かれますよね。

c0102137_19034373.jpg

Coat:OUTIL Cut-sew:mao made Pants:ARMEN Scarf:GLARNER TUECHILI Beret&Shoes:anatomica

マニッシュな雰囲気に、ピリリと効かせるGLARNER TUECHILIの赤いスカーフ◎
裾から少しだけのぞくボーダーもポイントです!

羽織っているのは、コットンオイルド素材のモッズパーカー。
コットンオイルド×ジェットランドウールは保温性に置いて最強タッグですね!

着用しているのは[anatomica sapporo]からお手伝いに来てくれた伏見。
ミリタリーアウターやジャケットという、一見冬大丈夫?という外套が多い彼女に、
「寒くない?」と聞いてみましたが...
「シェットランドウールセーターの保温性さえあればへっちゃらです。」と笑顔で答えてくれました。


Turtle Neck Cable Sweater

c0102137_19035059.jpg

price:¥21,000+tax
color:HERDWICK(MOKU)/WELSH-BLACK(Dk.BROWN)*
size:F
*着用はWELSH-BLACK(Dk.BROWN)

c0102137_19035054.jpg

c0102137_19035031.jpg

c0102137_19035095.jpg

二重に折り込むタイプのタートルネック。首元をしっかりと覆ってくれます。
タートルネックセーターって、温かいという実用性だけでなく、
女性を可愛い・素敵だと思わせてくれる要素の詰まったアイテムです*

color:WELSH-BLACKはかなり濃いダークブラウン。
ところどころに違う毛色が混じりあう、ナチュラルな温もりを感じさせてくれます。
化学染料では絶対に作ることの出来ない風合いです◎

c0102137_19035066.jpg

Robe:Khadi and Co. Shirts:Veritecoeur Pants:OUTIL Shoes:Sanders

シャツを合わせるスタイリングはもはや鉄板。
柔らかな雰囲気とかっちり感を与えてくれる、大人の女性だからこそ似合う組み合わせです。
JUILLETらしく太めのワークパンツとローブをプラスして。

実はとても寒がりな砂原。ここ最近はセーターじゃない日はあまりないというくらい。
今回この無染色ウールのセーターを一番楽しみに待っていたのも彼女。
「魅力は抜群な保温性と自然の生み出す温かみのある色」と力説してくれます*

***

「James Charlotte」と「Harley of Scotland」のセーターを
2連続でご紹介しましたがいかがでしたか?

どちらのブランドも、高品質なセーターをこのプライスで提供できることも素晴らしいと思います*

実際に手に取って、一度着てみて頂けると嬉しいです。
ご来店心よりお待ちしております!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-12-10 13:58 | Harley of Scotland | Comments(0)


c0102137_19205754.jpg

今季よりJUILLETに加わった新たなセーターをご紹介します。
スコットランドにて1929年に創業した老舗ニットメーカー「Harley of Scotland」
ニットウェアの聖地とも呼ばれるスコットランドにて、
良質で伝統的なニットを作り続けているファクトリーです◎

Harley of Scotland
"ROLL NECK SWEATER"

c0102137_19205890.jpg

price:¥15,500+tax
color:MUSHROOM/OYSTER/CUMMIN/LODEN/PETREL/BORDEAUX
size:38

太くてハリのあるシェットランドウールの毛糸を使ったセーターは、
とても暖かく、柔らかくてチクチク感も全くありません。

c0102137_19205792.jpg

c0102137_19205766.jpg

c0102137_19205719.jpg

c0102137_19205732.jpg

吊り編み機を使用して編むため、サイドシームのない筒状の作りです。
裾や袖口にはあえてリブを施さず、カットソーのようなシルエットです*

また自宅でのお洗濯も可能。
ネットに入れて、洗濯機へポン!あとは形を整えて干すだけです。
(洗剤はウールマーク専用がおすすめです。)


この説明「以前にも聞いたことあるぞ?」と思った方多いのではないでしょうか?
そう、毎年JUILLETで”冬の風物詩”と謳われている「Nor' EASTERLY」と同じ生産地なのです。
(「Nor'EASTERLY」の入荷予定はございません。)

今回入荷したセーターは、
「Harley of Scotland」がJUILLETのために制作してくださった別注スタイル。
"ロールネック+裾・袖口はフラットなまま"
このセーターはどこにもないJUILLETだけの特別仕様です!

カラーバリエーションも充実しています*

MUSHROOM

c0102137_19210890.jpg

OYSTER

c0102137_19210822.jpg

CUMMIN

c0102137_19210803.jpg

LODEN

c0102137_19210808.jpg

PETREL

c0102137_19210811.jpg

BORDEAUX

c0102137_19210869.jpg

ニット特有の伸縮性で、着用する人の体系に合わせ馴染んでゆきます。
この着心地の良さは老舗メーカーならではの技術の結晶です◎

冬に向けての1枚。
ぜひお色がお選び頂ける早いうちに見にいらして下さいね。
ご来店お待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-09-28 19:58 | Harley of Scotland | Comments(0)