カテゴリ:KLASICA( 37 )

::KLASICA::


第三弾は、ジャケットとハットのご紹介です*

KLASICA
"The Place for Me"

c0102137_17312792.jpg

Knit:JHON SMEDLEY One-piece:Veritecoeur Shoes:DANSKO Accessories:MARIA RUDMAN,STUDEBAKER METALS

Blazer "BLAZE-AX"

c0102137_17312708.jpg

price:¥74,000+tax
color:MIXED GREY
size:1

c0102137_17312788.jpg

c0102137_17312753.jpg

c0102137_17312768.jpg

c0102137_17312785.jpg

c0102137_17312740.jpg

[ALEXANDRA TWILL "SUMMER ARRANGED"](Ramie57%/Cotton43%)
(先日ご紹介したパンツと同じファブリック)を使用したジャケット。

袖を通すとその着心地の軽さに驚きます。
ジャケットって、かっちりしすぎるとシーンやスタイリングを選んでしまいますが、
これならカーディガン感覚で羽織って頂けそうだな〜と素直に思いました。

ラペル裏の生地が切り替わっていたり、
袖口には大きめのボタンがボンボンボンと並んでいたり、
KLASICAらしい遊び心もしっかりと詰まっています*

このファブリックは自宅で手洗いができます。
着込んで、洗う程に、もっともっと風合いが増してゆくのも楽しみですね!


Long Visor Baseball Cap "L'VISOR"

c0102137_17312826.jpg

price:¥15,000+tax
color:BLACK
size:1(57cm)

c0102137_17314167.jpg

c0102137_17312735.jpg

これはキャップ好きゆえ、ついついオーダーしてしまった帽子です。
春夏らしいペーパーハットを、KLASICAらしくツバの長めのキャップに仕立てています*
「All Handmade in Japan」...すべての工程は日本で行っています。
形崩れしにくく、軽いので持ち運びにも便利です◎

女性らしいブラウスやワンピースに、ぱっと被ると新鮮。
大人の女性に取り入れて頂き易い雰囲気だと思います。

*****

おや?またまた新作が届いたようです...♪
ぜひご来店くださいませ。お待ちしております!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-01-14 15:15 | KLASICA | Comments(0)

::KLASICA::


本日はレディなアイテムをご紹介して参ります*

KLASICA
"The Place for Me"

c0102137_18212537.jpg

Jacket:kha:ki Basque-Shirts:Tieasy Boots:Paraboot

先日、KLASICA入荷速報をお伝えしたときにも登場していたワンピース。
展示会場(アトリエ)で一目惚れをしてしまいました*
デザイナーは男性なのに、どうしてこうまで女心を鷲掴みにしてしまうのか....!
本日はこの疑問に迫ろうと思います。

Square Forme Strap Dress "INGRID"

c0102137_18212620.jpg

price:¥56,000+tax
color:SHINE BLACK
size:One

c0102137_18212553.jpg

今季のファブリック④:
[TOP DYE STRETCH LINEN WEATHER](Linen71%/SIKITEX polyester29%)
とろみとストレッチ性があり、そして静かな光沢感をはらんだ美しい素材です。
マットな深い発色は、女性の柔らかさを引き立ててくれます◎
河村さん曰く「旅行に持ってゆくにも良いんですよ」という意外な凡庸性も兼ね備えています。

c0102137_18212598.jpg

c0102137_18212526.jpg

c0102137_18212460.jpg

c0102137_18212582.jpg

c0102137_18212541.jpg

着てみて感じるのは、とにかく軽い。
見た目にも触ったり持ったりしたときにもあるであろう重さが、着ると感じなくなります。

着脱時はサイドのジップを開閉し、エプロンのように胸元でリボンを結んで調整します。

ウエストの切替から、プリーツが始まります*
直立しているとストンとIラインを描きますが、動きとともにその本性を表すかのように広がるドレープ!
サイドには何かと便利な大きなポケットもあって、不便がまったくありません。
そしてご覧の通り、裾はサイドが一段短く段差になっていて、
ちらっと除く靴やレッグウェア、はたまた足首で、個性を解放させてくれます。

これは「ブラックドレス」です。
長く着ることでシンプルなものを追求してしまいがちですが、
このジャンルのモノに感しては"ちょっとユニークで個性的なデザイン"が必須ではないでしょうか?
女性にしか身に纏えない服としての主張が、女心を掻き立てるのだと思います。

(欲しい!)

同じ素材を使用し、定番のあのスカートも....♪

Balloon Skirt "EVANS"

c0102137_18210603.jpg

price:¥31,000+tax
color:SHINE BLACK/DIRK NIGHT
size:One

c0102137_18210527.jpg

c0102137_18210526.jpg

c0102137_18210608.jpg

c0102137_18223098.jpg

c0102137_18223024.jpg

KLASICAと言えばコレ!を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
履いていると「これないの?」とお店で聞かれるのは当たり前のことでして、
これに関しては街中でナンパされることもあるくらい!すごいでしょう?(笑)

表地と裏地を縫い合わせて膨らみを持たせている、という単純なものではなく、
部分によっては捻りを加えてバランスの良いフォルムを生み出しています*

残念ながら、他にはないアイデンティティを爆発させている素敵なスカートです。
しかも今季はこの最強のファブリックを使用していますので、どうぞお見逃しなく。

c0102137_18210522.jpg

Basque Shirts:Saint James Boots:Paraboot

ブラックドレスやら、バルーンスカートやら....着ていくシーンがない!なんて思わないで頂きたい。
ドレッシーに着るのではありません。日常着として着ることを提案します!

だから合わせるのは、バスクシャツやシンプルなニット、夏ならばTシャツでOKです*
上に羽織るモノも、フードのついたパーカーでもワークジャケットでもなんでもいい。

KLASICAの服は、不思議なくらい日常着なのです!!

*****

KLASICA以外にも、続々と春夏物が集結してきています。
今すぐ着たい!にもお応えできる新作たちです。
ぜひ見にいらして下さいね!お待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-01-13 00:02 | KLASICA | Comments(0)

::KLASICA::


KLASICA
"The Place for Me"

c0102137_16015014.jpg

Coat.Shirts&Pants:KLASICA Shoes:paraboot

早速!KLASICAの新作たちをご紹介してゆきたいと思います。

Atelier Coat "POST"

c0102137_16021763.jpg

price:¥57,000+tax
color:BLACK
size:1

c0102137_16015078.jpg

c0102137_16021748.jpg

c0102137_16021739.jpg

c0102137_16015024.jpg

c0102137_16015048.jpg

秋冬にも登場していたこの形は、気になっていた!というお声もよく耳にしました。
バックスタイルに大きなポケットを配置したKLASICAらしいアイテムのひとつです*

とにかくポケットが豊富なこのコート。
フロントは胸元にひとつ、裾に立体的なポケットふたつ、
前述の通りに背面にはマガジンポケット....バッグは不要かもしれません*
美しいAラインを描き、流行り廃りのない長く付き合える1着に仕上がっています。

今季のファブリック①:
[HIGH COUNT HERRINGBONE FADE DYE](Cotton70%/Nylon30%)
高密度ヘリンボーンに顔料染めを施しています。
一見ヘリンボーン織りを見つけられません。それくらい細かいのです*
ハリがあり、袖を通すとシャンと背筋が伸びるような心地良さを感じます。
河村さん(デザイナー)曰く、ここから着込んで柔らかくなるのも楽しみな素材!と。

ナイロンが入っているので、少々の雨くらいならへっちゃら。
気負いなくガシガシ着てください◎


Tuck Wide Pants "GRIOTTE-AX"

c0102137_16023776.jpg

price:¥48,000+tax
color:MIXES GREY
size:1/2

c0102137_16022896.jpg

c0102137_16022857.jpg

c0102137_16022848.jpg

c0102137_16022875.jpg

c0102137_16022843.jpg

c0102137_16022719.jpg

履いた途端に溜め息が漏れてしまう....というのもKLASICAのボトムスの特徴です(笑)...

腰回りのタックやカーブを描くカッティング⇒立体的なシルエットを作り上げ、
ズドンとした太さはそのままに、クラシカルな美しさも兼ね備えた1本です。
ポケットにあしらわれたボタンと留め具の大胆さがアクセントになっていますよね*

c0102137_18163757.jpg

今季のファブリック②:
[ALEXANDRA TWILL "SUMMER ARRANGED"](Ramie57%/Cotton43%)
もともとはウールで織られた冬の織物としてあった生地を、どうにか春夏の素材で作れないか?と
河村さんが試行錯誤して作り上げたファブリックがこれ。
鈍い光沢感が金属のようなかっこよさを、服に与えてくれています。

丈がすごく長いので、お直しをしてすっきりと履くのもひとつですが、
あえてこうして太めに折り上げて履いてみてほしいですね。(丈詰めはいつでもできますし!)
ワークっぽさの遊びが生まれると、トップス選びの幅が広がると思います*


Gatherd Front No Collar Shirts "SH-024"

c0102137_16023732.jpg

price:¥32,000+tax
color:CARBON/ECRU
size:1

c0102137_16021687.jpg

c0102137_16021680.jpg

c0102137_16021644.jpg

c0102137_16021601.jpg

c0102137_17463379.jpg

c0102137_16021789.jpg

横向きのギャザーって、ちょっと天の邪鬼だな....なんて感じません?
フロントの切替から、部位によってギャザー量を調整して、生地のドレープを味わうシャツです。
ノーカラーなのでラフに着れるというのも嬉しい!

「ハーフラグラン」と名付けられた袖付けも圧巻です。
肩〜袖上部は1枚の生地で繋がったままなんです。
すっきりとした見え方をしつつも、動き易さもしっかりと確保する作りです*

c0102137_16023752.jpg

今季のファブリック③:
[LOW TENSION SLAB YARN TYPE RWITER](Cotton100%)
一般的にタイプライターというと、シャリっとした硬さがあるものなのですが、
初めてこのファブリックを手にしたときはうっとりする程の柔らかさに驚きました。
スラブヤーンコットンと呼ばれる素材を緯糸に、織り上げる際も密度を上げ過ぎないように....
ネップがファブリックの表情をより豊かに見せてくれます。

このファブリックでシャツをもう一型。

Open Collar Shirts "SH-025"

c0102137_16023762.jpg

price:¥28,000+tax
color:CARBON/ECRU
size:1

c0102137_16014919.jpg

c0102137_16014927.jpg

c0102137_16014900.jpg

c0102137_16014903.jpg

c0102137_16014916.jpg

ボタンをしっかりと留めて、シャツとしての着こなしも素敵なんですが、
夏にはシャツジャケットとしてもおすすめしたい1着です。
肩・身幅周りはゆったりとしていて、開衿と胸元のフラップが(イイ意味で)不良っぽくて◎
バックスタイルはボーリングシャツからのインスパイアだそう!

c0102137_16014918.jpg

Inner:Veritecoeur Pants:OMNIGOD Shoes:Paraboot

あえて裾はイン!.....してもしなくても素敵なんですが、彼女(酒元)にはこっちが似合う◎
デニムやチノパンなどなど....お手持ちのアイテムにプラスすることで、
新たな自分らしさを見つけてくれそうなシャツだとも感じます◎

*****

こうしてブログを書いていると、物欲が上昇して来ちゃいますね。
ということで今日はこの辺で.....

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-01-12 18:15 | KLASICA | Comments(0)


2018年春夏のデリバリーがスタートしました!!!
やはり一番乗りはKLASICA(クラシカ)から。
毎年どこよりも早く、「新鮮な気持ち」を連れて来てくれるように思います*

c0102137_20205272.jpg

KLASICA "The Place for Me"

c0102137_20204680.jpg

c0102137_20204690.jpg

c0102137_20204696.jpg

c0102137_20204648.jpg

c0102137_20204612.jpg

c0102137_20204530.jpg

c0102137_20204525.jpg

2018Spring&Summer Collection Thema:

通過した時代を角度を変えて見直す。
マスプロダクションな時代からこぼれ落ちた様々なアプローチは体温高く心に訴える。
ヴィンテージをより広く感じること、それがキーワードだった。

*****

実はデザイナーの川村さんとはお会いするタイミングをずっと逃し続けていて、
去年の夏、東京のアトリエで「はじめまして」をしました。
KLASICAのお洋服との付き合いは、そこそこあったせいなのか、
初めて拝見するその顔になんでか安堵を覚えたのを今でも思い出せます。
(私は極度にはじめましてが苦手なので、とても珍しいことなのです。)

そのあと2時間もの間、今回のコレクションだけではなく、お洋服のことをお話して下さいました*
とっても楽しかった。

作りも相当ユニークですが、真髄は生地への拘り。
ご自身で作ってしまうのですから、それは他には真似の出来ない唯一の服になるはずです。

そしてそれは、あくまでもワードローブであり、
誰かの(あなたの)クローゼットにしっかりと居場所を持っているはず。

まずは第一便の到着です!
ぜひ一目、いやいやここはぜひ袖を通して肌で感じて頂ければと思います。
ブログでは随時ご紹介してまいります*

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-01-11 20:42 | KLASICA | Comments(0)

KLASICA "POST" LONG COAT


日中はシャツ1枚でも過ごせますが、やはり日が暮れると寒いな〜
と昨晩はリアルに感じましたね。
そろそろ秋コートの出番ですね!

c0102137_15451056.jpg

KLASICAで作り上げる、
JUILLET STYLE③

c0102137_09261625.jpg

"POST" LONG COAT

c0102137_09230133.jpg

color:BLACK
size:1

郵便局員が着ていたとされるコートをベースに、
KLASICAらしいフォルム、ディテールが沢山詰まった1着です。

c0102137_09230186.jpg

c0102137_09230177.jpg

c0102137_09230173.jpg

肩幅をジャストに、裾にかけてしっかりと広がるAライン。
ここ3連チャンでご紹介している、ジャケット、エプロン、そしてこのコートは、
すべて同じ[Brisbane moss社]の「キャバリーツイル(コットン100%)」を使用しています。

ポケットが沢山あります。
フロントには胸元にひとつ、立体的なポケットが両サイドに。
バックスタイルにもマガジンポケットというモノが配置されており、
新聞や雑誌なども入るバッグ要らず!という珍しいデザインです。

旧き良きを知り尽くすKLASICAだからこそ、のコートではないでしょうか?

c0102137_09230044.jpg

Vest:OUTIL Cut-sew:MILLER Pants:ARMEN Shoes:Paraboot

最初は生地に若干の硬さがありますが、着てゆく程馴染みアタリが出て来ます。
黒、というカラーも使い勝手が良いところ。
ワークコートらしからぬ可愛さもあるので、マニッシュな雰囲気にばさっと羽織ってみました*

ベストはこれからの防寒対策としてもおすすめしたいアイテム。
ベストひとつで、体感温度がぐっと上がりますからね!

OUTIL "GILET DAX"

c0102137_09230164.jpg

price:¥28,000+tax
color:GREY-BEIGE
size:0

c0102137_09230202.jpg

c0102137_09230287.jpg

ヴァージンウールを使用したふわっとした触感のウールと、
起毛したコットン生地を組み合わせたベストです。
ウールはヘリンボーンのような柄なのですが、境目の無い不思議な模様。
バックスタイルには尾錠で、ウエストを絞ることが出来ます。


Paraboot "MICHAEL"

c0102137_09230218.jpg

c0102137_09230278.jpg

price:¥63,000+tax
color:NOIR
size:3/3h/4/4h/5/5h

靴でスタイリング全体の印象が変わります。
JUILLETらしい...と考えたときに、Parabootの"MICHAEL"でした*
変わり易い秋のお天気と、冬を目の前にして、やっぱり履きたくなる1足です。
太いマニッシュなパンツにも、スカートにもマッチするので、本当に重宝しますよ。

Parabootの今季のラインナップはまた後日!
ぜひお店に見に来て頂けると嬉しいです。

***

気がつけばあっと言う間に10月目前。
JUILLETには続々と冬モノも入荷し始めました!
お近くへお越しの際は、どうかお立ち寄り下さいませ。
ご来店お待ちしております*

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-09-27 10:20 | KLASICA | Comments(0)

KLASICA "APRON"


引き続き。

c0102137_15443596.jpg

KLASICAで作り上げる、
JUILLET STYLE②

***

"AP-72" WORK APRON

c0102137_18280333.jpg

color:BLACK
size:One

c0102137_18280288.jpg

機能的で実用性の高さゆえから、
「ファッションアイテムとしてはなかなか難しい」というお声のあるエプロンスタイル。
しかし、これほど完成度の高い1着ならば、ワンピースのような感覚で着て頂けるのでは??

c0102137_18280256.jpg

c0102137_18280227.jpg

c0102137_18280311.jpg

KLASICA設立当初より、デザイナー河村氏が大事にしているエプロン。

胸元の斜めに施されたベンチレーションがポイントの大きなポケット、
肩紐や身頃に配されたヘリンボーン織りのコットンテープなど....
目に見えるデザインは勿論素晴らしいのですが、
作業効率を考えるとどうしても億劫であろうフロントボタンという選択や、
バックスタイルのハトメを並べたところなんかには、
デザイナーの遊び心と本気が詰まった1着だと実感させてくれます◎

この細かい1つ1つのデザインが、クラシカルな印象に仕上げてくれています。
"ちょっとそこまで、大根買いに...”な雰囲気を一掃しています。
(なぜ大根か?ただ単に石部が最近大根にハマっているのです。)

c0102137_18280396.jpg

Cardigan:mao made Shirts:mizuiro ind Denim:BONCOURA Shoes:DANSKO

JUILLETが提案したいのは「作業着」ではなく「日常着」です。

デニムにシャツ、それだけでもひとつのスタイルとして成立しますが、
ここにプラスする一品こそ、それぞれの個性になります◎
今回入荷したこのエプロンは、とてもつなくドレッシーというか.....
エプロンの枠からは大きくはみ出ているアイテムです(笑)。

ワンピースのように着ると、こんなに素敵ですよ*


Shirts:mizuiro ind
BAND COLLAR VOLUME SLEEVE SHIRTS

c0102137_18345906.jpg

c0102137_18285109.jpg

c0102137_18285142.jpg

price:¥12,000+tax
color:WHITE
size:F

スタイリングではちらっとしか見えなかったシャツですが、実は袖がユニークな1枚。
少しドロップした袖付けから、たっぷりのギャザーを寄せ広がりを持たせました*
軽く繊細な生地は、肌にさらっと乗っかるような感触です。
エプロンに負けないくらいの存在感がとても素敵ですよね。


Cardigan:mao made
WOOL FELT HOOD CARDIGAN

c0102137_18280359.jpg

c0102137_18280428.jpg

price:¥12,800+tax
color:GREY
size:F

圧縮ウールを使用したフードカーディガンは、見た目以上・プライス以上の実力を持った1着。
さらっと羽織ると暖かくて、かつ軽いので、ストレスを一切感じません。
大きめのフードとポケットはありますが、ボタンなどはないミニマムな作りで、
真冬にはインナーとしても重宝します◎

ロングタイプもあります。

WOOL FELT HOOD COAT

c0102137_18280397.jpg

price:¥14,800+tax
color:GREY
size:F

*****

今回の"AP-072"、いかがでしたか?
「日常着」と言いましたが、
エプロン本来のお洋服を汚さない機能だったり、布が1枚重なることでの防寒性、
そして大きなポケットは、何かと便利さを感じて頂けるはずです。
ぜひ、一度お試しください。ご来店お待ちしております!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-09-24 19:29 | KLASICA | Comments(0)

KLASICA "CIRCA JACKET"


本日は...KLASICAの新作と、
ぜひセットでおすすめしたアイテムをご紹介してゆきます*

c0102137_15451056.jpg

KLASICA
で作り上げる、JUILLET STYLE①

***

"CIRCA JACKET"

c0102137_15462506.jpg

color:BLACK
size:1

1900年代初頭、ヨーロッパの音楽家たちに愛されたというジャケットをベースに仕立てた、
"CIRCA JACKET"ー

c0102137_15494425.png

上の写真は、系列店Archに資料的に展示していたヴィンテージのジャケット。
実は....KLASICAのデザイナーである河村氏が気に入って購入してくださり、
それがベースになっています。

c0102137_15443672.jpg

c0102137_15474627.jpg

c0102137_15443609.jpg

c0102137_15443661.jpg

KLASICAと言えば、毎回ファブリックへの細やかな拘りも魅力のひとつ。
今回は、英国ヨークシャーで1858年に創業した老舗ファブリックメーカー[Brisbane moss社]の、
「キャバリーツイル(コットン100%)」を使用しています。

「キャバリーツイル」の語源は「Cavalry(キャバルリー)」=騎兵隊とも言われ、
騎兵隊の軍服にも採用されていた強度の強い生地です。
二重畝の綾織りで、タフでハリも程良くあるので、着込む程に馴染んでゆきます。

スタンドカラーにボタンがずらっと並ぶ、印象的なフロントデザイン。
低い位置に配置されたフラップポケットも、ヴィンテージジャケットと同様のデティールです*

クセがありそうでないので、どんな装いにも意外な程マッチします。
やはりワンピースやロングスカートに合わせるアウターとして、
1枚はクローゼットにあって良いアイテムだと思います。

c0102137_17065442.jpg

Sweater:GARMENT REPRODUCTIOn OF WORKERS Skirt:maison de soil Beret:Brique Blanc Taights:FALKE Shoes:Sanders

軍パンやデニムなんかのカジュアルなパンツに、男前なスタイルも良いのですが。
(むしろそれこそJUILLETがお得意とするところ!)

ちょうど昨日お話したお客様が、
「これからちょっとしたお出掛けも増えるから、1着クラシックに着れるものも欲しいなと思って....」
とおっしゃっていて、そうなんだよな〜と妙に納得したのでした。
そうそう、秋冬は結構きちっとした場面にも出くわすんですよね。

だからこそ、こんなスタイルはいかがでしょうか?

Skirt: maison de soil
KHADI COTTON TUCK SKIRT

c0102137_15443585.jpg

c0102137_15443584.jpg

price:¥24,000+tax
color:BLACK/RENGA/WHITE
size:Ⅱ

シックに着るならば、黒のロングスカートがとっても素敵です◎
インドの手仕事で仕上げる繊細な生地を使った、maison de soilのロングスカート。
裏地が付いているので透けませんが、裏地が短くて裾だけちょっと透けるんです。
動く度にゆる〜りと動く裾に、女心がくすぐられます!
通年活躍しますが、秋冬はタイツでどうぞ。

Tops:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS
HIGH-GAGE OULLOVER

c0102137_15443543.jpg

price:¥26,000+tax
color:M.GREY
size:F

ジャケットの下はシンプルで、上品さもあるハイゲージニットを。
良質なウールを使用しているので、チクチク感がありません。
また自宅で手洗いが出来るのも、とても有り難い!!

ネックと裾が切りっぱなしのようにクルンと丸まっているのが、
なんだか無骨で綺麗過ぎない点も、他にはない魅力です◎

***

秋はファッションを楽しむのに最も適した季節ですが、
どう着たら似合うのかなあ...?なんて悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。
JUILLETでは、その方その方に似合うスタイルの提案もしております。

本日の[KLASICAで作るJUILLET STYLE]を気に入って下さった方も、
KLASICAの""CURCA JACKETが気になったという方も、
是非ご来店お待ちしております♪♪

W point fairは絶賛明日まで開催しておりますので、
これを機に、お気に入りのスタイリングも見つけて頂ければ幸いです◎

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-09-24 17:59 | KLASICA | Comments(0)

KLASICA=2017AUTUMN&WINTER


お待たせしました!!

KLASICA

c0102137_12064537.jpg

2017秋冬コレクション、到着しております*
今季のテーマは....

"RE-TOILE"

re-make,restore,repair,
KLASICAの手法ルーツを思い起こした。
そのエッセンスを織り交ぜながらのコレクション。

今日ご紹介したいのは「冬のリネン」のシリーズです。

c0102137_12104839.jpg

Fabrique:TEXTILE DYE 40/1 LINEN

40単糸のリネンを整える前にピグメント染めを施したファブリックは、
これからの季節には嬉しい肉感が魅力です。
リネンらしい粗野なざらっと感が、使い込んでゆく程に滑らかになってゆくのが待ち遠しい...!
秋は軽い羽織りとして、冬にはコートの下に忍ばせて...
3型のアイテムをチョイスしています◎

"SH-021"
CUT OFF STAND COLLAR SHIRTS

c0102137_12071417.jpg

price:¥35,000+tax
color:CHARCOAL/BONE
size:1

c0102137_12081415.jpg

c0102137_12071481.jpg

c0102137_12081531.jpg

40年代の古いドレスシャツを、KLASICAらしく調理したロングセラーの1枚。
シーズン毎に生地は違えど、この型のファンだ!という方も多いのではないでしょうか。

綺麗めになりすぎない、カットオフしたままで付けている衿。
ちちちちっと整列したボタンと弧を描いた前立てが、クラシカルさをプラスし、
かっちりとラフとが共存したようなシャツです。

c0102137_12071432.jpg

Stole:SOIL Tank-top:MILLER Pants:Veritecoeur ses COPAINS Boots:trippen

ちまたの流行は丈の短いシャツだとか。でもJUILLETではそんなの関係ありません。
このバランスの良さ◎
前立てとボタンの配置で、目線が上に行くから太めのボトムスとの相性もばっちり!
サイドには深めのスリットが入っていて、サスペンダーパンツのサスペンダーをちらり。
ちょっとした遊び心で着こなしてください。

"SH-011"
HALF RAGLAN SLEEVE SHIRTS

c0102137_12071339.jpg

price:¥34,000+tax
color:CHARCOAL/BONE
size:1

c0102137_12071981.jpg

c0102137_12071302.jpg

c0102137_12071387.jpg

c0102137_12360322.jpg

一見どこにでもありそうな佇まいをしていますが、ぜひ袖にご注目を。
ハーフラグラン=肩〜袖までを細めの一枚布がつながっています。
袖付けの縫い目が無いので動き易く、しかしすっきりとした袖の完成です*
小振りの衿、カフスなどはシンプル。
コーディネートに困ることなく、この素材の良さを最大限に発揮できる1枚です*

c0102137_12071360.jpg

Cut-sew:KLASICA Denim:BONCOURA Beret:kha:ki Necklace:CERASUS Bracelet:MARIA RUDMAN Shoes:Fracap

冒頭で説明したように、今時期は羽織りにすると丁度良いです。

このCHARCOALは炭染め+ピグメント染めをしているので、
ガシガシ着ることで風合いがどんどん変わってゆくはず。
肘にアタリなんかが出てくるのではないかな〜と思うと、ワクワクします!
BONCOURAのデニムと共に、育ててみてはいかがでしょう?


"SH-023"
LONG CLASSIC SHIRTS

c0102137_12093495.jpg

Cut-sew:MILLER Tights:FALKE Boots:trippen Accessories:STUDEBAKER METALS,MARIA RUDMAN

price:¥40,000+tax
color:CHARCOAL/BONE
size:2

c0102137_12093397.jpg

c0102137_12093476.jpg

c0102137_12093387.jpg

c0102137_12093388.jpg

c0102137_12093359.jpg

アンティークドレスのような、オーラのある1着。
ネックからギャザーを寄せ広がりを持たせつつ、裾はそこまで広がりません。
ストンと落ちるシルエットが、むしろ風格を感じさせてくれます◎

肉厚な生地なので、透けたりもしません。
そのまま一枚で着ても良し。コート代わりに羽織るのも良し。

c0102137_12093389.jpg

Sweater:JAMES CHARLOTTE Skirt:GALLEGO DESPORTES Tights:FALKE Shoes:Paraboot

基本的に、厚手のモノの上に薄手のモノを重ねるというのは、なかなか難しいことだと考えています。
下に上が負けちゃうんんですよね。
でもこのリネンのファブリックは、もこっとしたセーターの上に着ても、ちっとも迫力負けしません*
こんなファブリック、なかなか見かけません。

なので、JAMES CHARLOTTEのようなふんわりあったかセーターに重ねて、
女性らしいスタリングにも挑戦して頂けるかと。

私はこのBONEという深みのある白が、特にお気に入りです◎

***

ここ数日で、お店の中がぎゅうぎゅうになってきました。
入荷したその日に姿を消してしまうお洋服も沢山あります。
ぜひ、ワードローブとの出会いを求め、JUILLETへお越し下さいませ。
ご来店、心よりお待ちしております!

P.S.本日夜、素敵なイベントの告知を致しますのでお楽しみに♪♪

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-09-20 14:05 | KLASICA | Comments(0)


KLASICA
"TOP DYE SEERSUCKER GARMENT WASH"

c0102137_16194912.jpg

c0102137_21434059.jpg

お久しぶりのブログは、KLSICA(クラシカ)!
今回ご紹介するファブリックはコットン100%の"先染めシアサッカー"。
光に当たることでポコポコとした凹凸の影を生み出して、
なんとも言えないアンニュイな色味がより一層引き立ちます◎

感触も気持ちよく、着ていながらにして触りたくなるような、
不思議なウェアに仕上がっています*

JUILLETでは4型セレクトしました。

"DS" SUSPENDER TROUSERS

c0102137_20581832.jpg

price:¥32,000+tax
color:CHALK-WHITE/CHARCOAL
size:1

c0102137_16194808.jpg

c0102137_16194927.jpg

c0102137_16194978.jpg

c0102137_21255608.jpg

オーバーサイズのパンツを、付属のサスペンダーで履きます。
股上深めでハイウエスト、ボリュームのある腰回りから裾にかけてのテーパードなど、
このシルエットが評判のボトムスです*

サスペンダーはボタンで長さ調整可能。
さらにベルトループや尾錠なども付いているので、サスペンダーを垂らして履いてもOKです!
尾錠の金具にまで拘りを感じられますね。

程よい抜け感があって、これだけでサマになるから有り難い。

c0102137_15533719.jpg

Coat:kha:ki Cut-sew:mao made Boots:Sanders

綺麗めにも着ても素敵ですが、やはりJUILLET流はばさっとモッズコートなんて◎
デイリーに着て欲しいな〜と思うので、夏にはT-sh、冬はセーター...と、
その季節の旬のトップスでお楽しみください。

"AP-7" WOEKER APRON

c0102137_21271172.jpg

price:¥24,000+tax
color:CHARCOAL/CHALK-WHITE
size:ONE

c0102137_21271177.jpg

c0102137_21271256.jpg

c0102137_21271216.jpg

c0102137_21271127.jpg

今回個人的に一番ぐっときた一着。
古いワークエプロンを元に仕上げた形に、このシアサッカー生地がたまりません。

ひとつひとつのポケットに遊び心があって、ボタンもしっかりとアクセントになっています*
なかなかスタイリングが難しい...と思われがちですが、普段着にさらっとonするだけです。
パンツでもスカートでもなんにだって合います!
ワンピースにも似たアイテムですが、ひと味違った可愛さと無骨さが共存する"エプロン"。
ぜひワードローブに取り入れてみてください。

c0102137_21271136.jpg

One-piece:KLASICA Cut-sew:Tieasy Denim:BONCOURA Shoes:DANSKO

シャツワンピースの上にエプロンを、というスタイリングは見飽きた気がして、
あえて前開きのワンピースを前回で羽織ってみました*
ちらりと見せることで、エプロンのポケットやボタンが俄然引き立ちます。
そして意外とこの時期には、防寒性の面でも活躍する技!
1枚布があることで、体温が逃げにくくなるんでしょうか。とってもイイですよ。

"EMIR-SS" Gillet

c0102137_21440582.jpg

price:¥33,000+tax
color:CHALK-WHITE/CHARCOAL
size:1

c0102137_16195953.jpg

c0102137_16195912.jpg

c0102137_16195986.jpg

c0102137_16200057.jpg
シンプルだけれど、KLASICAのエッセンスをたっぷりと含んだジレ。
ちちちちっと斜めに整列しているボタンが、ここでもアクセントになっています。
フロントにはフラップポケットと内ポケットを配置。

ちょっぴりオーバーサイズめ。カッチリし過ぎなくて着易いです*
ブランドからの説明には"On the Tee,One the Shirts"とだけ記されていて、
エプロン同様に、日常着にばさっと合わせるだけで、ぐっとお洒落度が増します◎

c0102137_16195801.jpg

Jacket:mizuiro ind Shirts:Khadi&Co. Denim:OMNIGOD Boots:Sanders

リネンのジャケットと合わせても、別格の素敵さでした!
あと実はニットワンピースの上に着ても、超絶素敵です。
...色々なスタイリングが思い浮かぶ、オールマイティを持つジレなので、
迷ったらこれ!というのも手だと思います。

先程ご紹介したエプロンや、これからご紹介するスカートと合わせ、
ばしっとセットアップとしても◎

"EVANS" BAROON SKIRT

c0102137_21593142.jpg
price:¥28,000+tax
color:CHARCOAL/CHALK-WHITE
size:ONE

c0102137_21593129.jpg

c0102137_21593188.jpg

c0102137_21593245.jpg

JUILLETでも毎シーズン人気の高い"EVANS"という名のバルーンスカート。
ギャザーとタックをたっぷりと寄せ、2枚合わせで裾を縫い合わせています。
裾だけでなく、2枚の生地の隙間に空気を含み、軽やかでボリューミーなシルエット*

前後差があるので、ソックスやレギンスとの相性を考えるのが楽しかったり。

裏地にはコットン100%のさらっとした生地を使用しています。
CHARCOALは色の差が目立ち、
CHALK-WHITEはその絶妙なニュアンスの違いが味になっています。

c0102137_21593161.jpg

Shirts:OMNIGOD Leggings:Vlas Blomme Shoes:DANSKO

モノトーンなのにカラフルな装いにも負けないくらいのインパクト。
良い例えではないかもしれませんが、墨絵のようなグレーのコントラストみたいな。
こんなスタイリングが、かっこいいのではないでしょうか?

これにワークジャケットを羽織って◎
....春が待ち遠しくなってきました!

*****

KLASICAのコレクション、まだご覧頂いていないという方、
どうかお見逃しのないように!
アウターも届いていますよ〜

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-02-09 22:15 | KLASICA | Comments(0)

KLASICA "BEFORE THE DAY"


KLASICA
2017 SPRING&SUMMER COLLECTION

c0102137_17051538.jpg

"BEFORE THE DAY"

夜明けを待たずに蒼みをみせはじめた大気は黒い空に青を潜ませる。
突き刺す日差しを避けるように、まだらを移す木陰を探す日中の一瞬。
時間の移ろいに浮かぶ一瞬の季節の色。

*****

2017年春夏、KLASICAのコレクションが店先に並んでいます。

毎度のことでもありますが「色」が素晴らしい。
KLASICAの色への(良い意味での)執着心は、いつも私達をぞくぞくさせてくれます*

 そして「形」に関しては、これからご覧頂いて...

c0102137_17015209.jpg

c0102137_17015238.jpg

[NIGHT Series]

ハリのあるリネンと、トロリと落ちるビスコース(レーヨンの一種)と、
相反する素材を生地のまま染めて、叩いて風合いを出したファブリック。
青と濃紺の混じり合ったなんとも言えないネイビー。
夜の意味を持つカラーネームとなっております。


"SH-011" Small Collar Shirts

c0102137_17015374.jpg

price:¥24,000+tax
color:NIGHT
size:1

c0102137_17015394.jpg

c0102137_17020512.jpg

c0102137_17015414.jpg

ベーシックに使えるシャツです。
小振りな襟で、ボタンの開き具合で雰囲気が変わるのがポイント!
肩~袖上半分は一枚の布で仕立てていて、動きにストレスを感じません。
袖のボタンが3つ並んでいるのも、KLASICAらしいディテールですね*

c0102137_17015324.jpg

Pants:Garment Reproduction Of Workers Shoes:DANSKO

GROWのワイドキュロットと合わせて。サスペンダーがアクセントです◎
同系色のコーディネートは、生地感が大切ですが、
この[NIGHT]で使用されるリネン×ビスコースは、
艶っぽさと無骨さがあり、他のどんな素材とも相性が良さそうです。

シンプルなシャツなので、
自分のワードローブにさらっと溶け込んでくれるのではないでしょうか?

同生地のショーツと合わせて、セットアップも素敵だと思います*

"DAMON-MID" Easy Trousers

c0102137_20553920.jpg

price:¥19,000+tax
color:NIGHT
size:1

サイドにタックを取り、立体的なシルエットのキュロットのようなパンツです。
ウエストはゴム+リボンなので、楽に履くことが出来ます!
ベイカーのようなハリポケットが付いています。
タイツとの合わせで、今時期から履くことが出来ます*


"SH-021" Stand Collar Shirts

c0102137_16194939.jpg

price:¥24,500+tax
color:NIGHT
size:1

c0102137_16195026.jpg

c0102137_16195078.jpg

c0102137_16195023.jpg

ここ数シーズン、リリースされているのがこのスタンドカラーシャツ。
"SH-011"同様、シンプルで使い勝手の良い1枚です*
フロントのボタン配列、弧を描く前立てや、チンストラップなど、
ヴィンテージのシャツからディテールを応用しています。
襟が切りっぱなしになっているのもポイントです◎

c0102137_16194909.jpg

Pants:Brocante Beret:HERVIRE PRODUCTIONS Boots:SANDERS

細身のパンツでさらっと着ると、シャツが引き立ちます。
ちょっぴり長めの着丈に安心感もあります◎
ストンと落ちるすっきりシルエットなので、スカートなどにインして着てもOK。
春先にはさらっと羽織りとして使うのも良さそう!


"SH-023" Long Classic Shirts

c0102137_17021225.jpg

price:¥32,000+tax
color:NIGHT
size:2

c0102137_17020857.jpg

c0102137_17245274.jpg

c0102137_17020765.jpg

大きなポケットが目を惹く、ロングシャツ。
ワンピースとしても春先のコート代わりにしても役立つ優秀な1枚です。
ゆったり着て頂きたいので、あえてサイズは2をチョイスしました。

バックスタイルの細やかなギャザーも計算して、配置されていて、
後ろ姿をとても美しく見せてくれます◎

c0102137_17021246.jpg

Cut-sew:Tieasy Apron:KLASICA Denim:BONCOURA Shoes:DANSKO

コートとして着るならこんな感じ。
ワークコートのようにばさっと羽織るだけで、
その日のスタイリングもこなれた雰囲気にまとまります◎

[NIGHT Series]いかがでしたか?
写真だとこの「色」の素敵さがなかなか伝わらないように思います。
ぜひ、店頭でご覧くださいませ。

=====

お次は...
冒頭にも登場していたダークなチェックのジャケットとベストを。

c0102137_17051560.jpg

[RAMIE : DAWN CHECK]

服飾にはなかなか使われることが稀な番手のラミー生地。
ドライタッチと光沢を含ませるように織り上げた、今季の筆頭ファブリックです。

"CIRCA" Musician Studio Jacket

c0102137_17020743.jpg

price:¥54,000+tax
color:DAWN-CHECK
size:1

c0102137_17020632.jpg

c0102137_17020676.jpg

c0102137_17020604.jpg

c0102137_17020629.jpg

18世紀の音楽家が着ていたとされる、
ヴィンテージのジャケットからパターンを取ったクラシカルなジャケット。
首に沿う襟や羅列したフロントのボタン、立体的な袖...現代にはない雰囲気*
カッチリと見えますが、生地は軽量です。
グレーネイビーのベースに、さりげなくチェックを施しています。

c0102137_17020755.jpg

Bandana:Glarner Tuechli Pants:Juillet a Sapooro Shoes:Paraboot

JUILLETとしては、やっぱりメンズライクに着たいところ。
...ですが、スカートやワンピースなどの女性らしいアイテムともばっちりハマります◎
そのひとそれぞれの着こなしが楽しみなジャケットです。

同じ生地のベストもあります!

"EMIR-RM." Gillet

c0102137_20224024.jpg

price:¥38,000+tax
color:DAWN-CHECK
size:1

斜めに羅列されたボタンが特徴的な、個性的なベスト。
若干ゆったりとしたサイズ感で、ラフにTシャツなどの上に着ても◎

この型に関しては、また後日!別生地でのご紹介をしようと考えております。

実はこの[RAMIE:DAWN CHECK]のシリーズは、他にもパンツやら何やらをご用意しておりましたが、
店先に並べた途端にいくつか完売してしまいました。
ジャケットとベストも残り僅かです...気になる方はお早めに見にいらしてください!

=====

ラストは、つい眺めていたくなるストールを。

"KIEFER" Pigment Dye Stole

c0102137_17015357.jpg

price:¥23,000+tax
color:INDIGO/CARBON
size:80cm×200cm

c0102137_17015285.jpg

c0102137_17020694.jpg

c0102137_17015304.jpg

一旦グレーに染めてから、それぞれINDIGOは蒼で、CARBONはグレーで、
さらに染め上げることで、深みのある色味を表現したストール。1点1点、手仕事です。
色の濃淡に吸い込まれそうになります。

ユニークなのは、色によってザラ感がちょっと違うのが面白い!
染料の影響なのでしょうか。使ってくうちに差はなくなりそうですが。

素材は、モダール×シルクでとろみのある生地感。
ボリューム調整もし易く、巻き易いのが嬉しいです*

=====

KLASICAは他にも入荷しておりますが、本日はこの辺で...
店頭ではぜひ一度袖を通してみてください。
ご来店心よりお待ちしております!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

*****

c0102137_20064131.jpg

JUILLETでは一緒にお店作りをして下さるスタッフを募集致します。
詳細はこちらをご覧くださいませ。⇒

by JUILLET-7 | 2017-01-19 21:59 | KLASICA | Comments(0)