"My Paraboot Style"


c0102137_16370530.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET
2018.11.9(fri)-11(sun)

あと2日!!!まで迫って来ました〜
昨日のラインナップで、気になるアレやコレ....見つけて頂けましたか?

Parabootの魅力は、強靭であることだけではありません。
「可愛い」「かっこいい」「素敵」という言葉も忘れてはいけません。
そう!Parabootはファッション性においても素晴らしい靴です*

c0102137_16370486.jpg

JUILLETで展開しているtrippenやSANDERS、DANSKOもそうなのですが、
ブランドらしさを持ちながら、それぞれ履く人のスタイルに寄り添う靴ー
だと私は思っています。
だからこそ老若男女・年齢も国も飛び越えて愛され続けているのではないでしょうか。

本日はジュイエスタッフによる"My Paraboot Style"を作り上げてもらいました*
それぞれの着こなしを参考にして頂ければ嬉しいです!
そしてそれぞれのParabootへの想いや考え、その存在価値なども伝わると幸いです◎

=====

Fuka Yasuda
雨の日、雪の日、どんな天気の時もお洒落を楽しませてくれる靴」

c0102137_16370554.jpg

Cut-sew:JOHA
Tunic One-piece:Veritecoeur
Pants:Brocante
Scarf:GLARNER TERUCHILI
Sox:???

model:MICHAEL color:Noir

c0102137_16370674.jpg

■「MICHAEL」は普段から愛用しているモデルでもありますが、実際の購入の決め手は何でしたか?

パンツやワンピース、どちらにも合わせ易そうだと思って選びました!
昨年のトランクショーで、ラビットファーがついた「MICHAEL-LAPIN」と悩みましたが、
諸先輩方の"1年中履ける"というセールストークにはまり、リスレザーオンリーの「MICHAEL(黒)」にしました。
実際に夏も履きましたね。アドバイスに従ってよかったです!!

■スタイリングのポイントは?

「MICHAEL」ががっちり・コロンとしたフォルムでゴツく見えますが、
柔らかい色目のお洋服とも意外に相性が良かったり、
女の子らしい格好にも合わせ易い1足です!ということをお伝えしたくて、
今回はVeritecoeurのワンピースで合わせてみました◎
小柄な方には特に、「MICHAEL」+Brocanteのシュビルパンツのコンビネーションおすすめ。
靴のボリュームに負けないバランスのいいスタイルが完成します!

■靴を選ぶときのマイルールは?

持っている服にどう合わせたいかをまず考えます。
持っている服が思い浮かんで、こう合わせたい、このスタイリングすごく好き!
とワクワクする靴じゃないと購入しません。

■安田にとってのParabootとは?

冬の必需品です!

シーズン気にせず履ける靴ですが、やはり冬にこそ履いてほしいと思うし、パラブーツ履きたい!と私自身強く思うのも冬だなと感じました。


そして雨の日、雪の日どんな天気の時もお洒落を楽しませてくれる靴だなとも思います!

自分のパラブーツを手にして1年ですが、今では無くてはならない一足となっています◎


(安田)

=========

Yuki Momozawa
雪国であろうと、冬のスタイルもかっこ良く居たい!
そんな気持ちを叶えてくれるParaboot」

c0102137_16370578.jpg

Shirts:OUTIL
Pants:French Army M47
Belt:M.F.SADLLERY
Knit Cap:???
Scarf:GLARNER TERUCHLI

model:CHAMBORD color:Noir

c0102137_16370531.jpg

■Parabootはまだ持ってない...ということで、

"パラブーツヴァージン"として素直な感想を教えて下さい。


今まで色んなお店で試着してきましたが、正直に言うと購入には一歩踏み込めず…

その理由は一見ごつい印象があり、自分の服装に合うか心配があったからです。

でも昨日(今回のトランクショーのためにお店に届いた)数あるモデルを履き比べる事で、

パラブーツに対する''ごつい'' ''重い''というイメージが全く無くなりました!


■定番の「CHAMBORD」でスタイリングした理由は?


スニーカーの様な履き心地。そしてフォルムが丸いのにとても上品!

軍パンなど男臭いスタイルに合わせても品を出してくれる一足。

男女問わず人気な理由が分かる気がします。

私は男臭いスタイルが好みですが、

シャンボードはワンピースなど女性らしいスタイルにも合わせ履きたい!という気持ちにもさせてくれました。



■コーディネートのポイントは?


「男臭さの中にある品」

シャンボードのフォルムの美しさを無駄にしない様に、光沢感のあるscarfで色気を…

アクセサリーは女性らしい華奢なアクセサリーを添えてます。



■靴を選ぶときのマイルールは?


私は雪国であろうと、冬のスタイルもかっこ良く居たい!という意地の様な気持ちがあります。


1.上品な面持ちながら、カジュアルにも合わせたい。

2.シーズンも冬だけに留まりたくない。


今までは冬でも無理して滑るソールの革靴を履いていたり…

そんな我儘に答えてくれたのがヴォーグでした。

凄くスタイリッシュな印象があり且つ足をしっかり包んでくれるデザインで雪道も安心!

今年こそは!この子を連れて帰ろうと思ってます…笑


(桃澤)


=========


Anna Kitada
Parabootは、四季を感じられる北海道がやっぱり好きだなぁ
と思わせてくれます」

c0102137_16400400.jpg

One-piece:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS
Cut-sew:JOHA
Beret:maison de soil
Tights:FALKE

model:MILLA LAPIN color:Neige

c0102137_16400717.jpg

■コーディネートのポイントは?


女性にしかできない、女性だからこそ楽しめるふんわりとしたワンピースに合わせると、

MILLAの独特な存在感が更に増してすごく良いのです!

毎日のように着ていたお気に入りのワンピースもガツっと気分を変えて、もう一度主役に蘇らせてくれるような一足です!

個人的には、気分を高める特別な日にワンピースで合わせたいおすすめのデザインです!


■「MILLA」のおすすめポイントは?


足首が隠れる背の高さは秋冬ならではのタイツや靴下使いを楽しめるというのもポイントです!

特にこの「MILLA LAPIN」のコロンとした愛嬌のあるフォルムで、

真っ白ではなくクリーム系の白がすごく可愛らしく、

上品なラビットファーとParabootならではのたくましい存在感が魅力的な一足です!


■「白い靴は汚れが気になってしまう...」という方へアドバイスを。


私は白を選ぶ時に、すぐボロボロに見えるものとそうじゃないものの違いだけは慎重に選んでいましたが、

そうすると汚れも少しずつ愛せるようになりました!

Paraboot は履けば履くほど味が出て、修理して手入れして何年も何年も楽しめる丈夫な靴だからこそ、汚れも味ですごく素敵です!

新品からヴィンテージになりゆく過程を見ているように楽しんで頂くのも一つかなと思います☺︎



■北田にとってのParabootとは?


北海道の楽しみ方を教えてくれる靴です!

「冬」「雪」「寒い」が苦手な私にとって雪道の必需品と言えば、レインブーツにモコモコ靴下...いつもこのパターンでした。

秋冬の洋服が大好きなのに私の足元はいつも【雪vs私】の対戦モード。

でも丈夫でデザイン性の優れたParabootはそんな冬の楽しみ方や、

四季を感じられる北海道がやっぱり好きだなぁと思わせてくれる大好きなブランドです!


(北田)


=========



Konomi Sunahara
「Parabootは寒さをしのぐコートやニットのように
無くてはならない自分のギアです

c0102137_16370550.jpg

Shirts:OMNIGOD
Vest:Jamieson's
Denim:BONCOURA
Sox:FALKE

model:ORSAY VISON

c0102137_16370568.jpg


■コーディネイトのポイント


フェアアイル柄のベストにデニム。

オーセンティックなコーディネイトですが足元をファーがついたローファー!にすることで旬をプラス。

アウターを着るならば、色落ちしたモールスキンジャケットやステンカラーコートなんかを格好良く羽織りたいです。


■「ORSEY VISON」のおすすめポイントは?


やはりこのボリューム感がポイントですね。

ポテッとした感じが、存在感がありスタイリングの要になってくれると思います。

何より、脱ぎ履きし易いのも高ポイントではないでしょうか。

また、ミンクファーというのが個人的におすすめ!

ウサギとはまた違った男らしいというか甘すぎずバランス良くて◎



■パラブーツはどんな気分の時に履きますか?


私にとっては、寒さをしのぐコートやニットのように無くてはならない自分のギアなので気分関係無く(笑)

基本的に冬はほぼ毎日履きます。

私に「足元のおしゃれは我慢するものではない」ことを教えてくれたのがパラブーツでした。

冬道も気にせずガシガシ履けるタフな作り、フランスらしい上品な佇まい。

パラブーツを履くと、憧れのパリジャンに近づけると勝手に思い込んでいます。


■靴を選ぶ時のマイルールは?


昔は見た目重視で選んでましたが、結局履き心地が悪いと宝の持ち腐れになってしまうんですよね。

「実用的かつ美しい」というのが、靴を選ぶ時のマイルールです。どちらかだけでもダメ。足が喜ぶ靴である事。

歳を重ねる毎に、見た目+足の健康面も気にかけるようになりました。笑

そういった点では、ジュイエで展開するシューズ達もこの2つを意識してセレクトしています。


(砂原)


=========

長くなってしまいましたが、いかがでしたか?
Parabootを履いてしまうと、みんなParabootのファンになってしまいます。
ぜひこの機会に、皆様にもParabootのファンになって頂けますように!

また、現在開催中のJRタワースクエアカードの無金利フェアもご活用くださいませ。

JRタワースクエアカード クレジット手数料ゼロセール!!

c0102137_10373998.jpg

上記期間中、JRタワースクエアカードのクレジット分割手数料が、3回、5回、6回、10回払いまで無料になります!!
※1回、2回、ボーナス払いの手数料は通年無料です。 ※一部対象外ショップもございます。

ご来店お待ちしております!!

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-11-07 23:57 | paraboot | Comments(0)


今年はまだ街中に雪が降っていないので、
冬支度のモチベーションになっていない...という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし街の木々はどんどん黄色く色付き、ハラハラと舞い落ちて、
気温が下がって来ていることを私たちに教えてくれています。

c0102137_16370679.jpg

Paraboot TRUNK SHOWまであと3日と迫っております。
冬支度は足元から始めてみてはいかがでしょうか*

c0102137_17315187.jpg


Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET
2018.11.9(fri)-11(sun)

トランクショーとは??

フランス・イゾー本社のセールスマン達は、
パートナーシップを結んだ小売店で大量なサンプルを持って旅をしていました。
世界中の顧客へ、自慢の名靴を届けるために。
サンプルを運び際に大きな靴専用のとランクケースで移動していたことから、
こういうイベントのことを「トランクショー」と呼ぶようになりました。

今年もたくさんのモデルが並びます!!

*****

c0102137_17572853.jpg

c0102137_17572942.jpg

c0102137_18025699.jpg

c0102137_17572979.jpg

c0102137_17572956.jpg

c0102137_17572933.jpg

c0102137_17572984.jpg

c0102137_17572907.jpg

c0102137_17573420.jpg

c0102137_17035323.jpg

c0102137_17573540.jpg

c0102137_17572986.jpg

c0102137_18025691.jpg

c0102137_17573491.jpg

c0102137_17573405.jpg

普段はJUILLETでは展開していないモデルばかり。
自分の相棒を見つけることができるはず...
そのお手伝いをさせて頂けるのは、私たちもとても楽しみなんですよ*

そして期間中パラブーツを購入頂いた方へ先着でノベルティもご用意しております!

c0102137_20483040.jpg

さらに...!"スペシャルセールスマン"として、
パラブーツ日本代理店株式会社RPJの篠崎さまも、皆様をお迎え致します◎

1年に一度の希少な機会ですので、ぜひ皆様お誘い合わせの上ご来店下さいませ!!!

c0102137_16370530.jpg

次回は、私たちのパラブーツスタイルをご紹介します◎
お楽しみに!!!

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-11-06 18:28 | paraboot | Comments(0)


いよいよ今週末より開催です!!!

c0102137_17315187.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET
2018.11.9(fri)-11(sun)

本国フランスでも、特に寒さが厳しいとされるグルノーブルで誕生した「パラブーツ」。
市民のための日常靴から、氷上を歩くための防寒ブーツ、登山靴まで...
強靭名靴作りの歴史は長く、
世界で唯一ラバーソールを自社で生産するメーカーとしても有名です。

c0102137_11015935.jpg

雨雪にも屈しないアッパーのレザー、滑りにくく衝撃吸収性にも優れたソールと、
北海道の冬に適応した靴が多く、
まさに本格的な冬を迎えるこれから、私たちにとって必要不可欠な靴と言えます。

また実用性だけではなく、ファッションとして佇まいも素晴らしく、
多くのファンに愛されています*

イベント期間中は、そんな「パラブーツ」の靴をずらりと並べて皆様をお迎えします!!
通常JUILLETでは展開しないモデルもございますので、
ぜひこの希少な機会に、ブランドの持つ世界観にも触れて頂けると幸いです。

ラインナップは次回ご紹介予定ですので、もう少しお待ち下さい。

リクエストなどございましたら、メールやお電話でお気軽にお申し付け下さいませ!!
開催まであと4日...♪

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-11-05 19:20 | paraboot | Comments(0)

Paraboot 夏のTRUNK SHOW


いよいよ明日より!!
Paraboot 夏のTRUNK SHOW
が始まります♪♪

c0102137_19254021.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
and 2018Winter
PRE ORDER FAIR
in Arch STELLAR PLACE & JUILLET
2018.5.25(fri)-27(sun)

========

JUILLETをはじめとするミサンガ系列店では、
「冬の恒例行事」でもあるパラブーツのトランクショー。
JUILLETで初めて、夏に向けて開催します!!

冬に強い靴として、ここ北海道ではすでに根付いてきていますが、
実はシーズン問わない革靴です。サンダルもあります。
だから、雪のない国でもParabootには世界中に顧客を持っているのです。

雪だけではなく雨にも負けないリスレザー、クッション性の高いソール、
初めて革靴を履いてみよう!という方に、ファーストレザーシューズとしてもおすすめです◎

ぜひこの機会に、Parabootという靴を手にしてみてはいかがでしょうか*

c0102137_16303767.jpg

CHAMBORD/Lis Leather
price:¥63,000+tax
color:CAFE/NOIR(BLACK)

c0102137_16303823.jpg

CHAMBORD/GR Leather
price:¥63,000+tax
color:GOLD

c0102137_18432643.jpg

c0102137_18434782.jpg

c0102137_18432648.jpg

One-piece:maison de soil Cut-sew:Vlas Blomme Pants:OMNIGOD Stole:SIULAS

Parabootの代名詞と言えばリスレザーですが、グレインレザーもよく使われています。
汚れや傷などが付きにくく、水にも強いとされる革です。
シボの雰囲気も良く、大人な印象を与えてくれます◎

c0102137_16300697.jpg

BARTH/Voil Leather
price:¥27,000+tax
color:AMERICA(BRW)/BLANC(WHITE)

c0102137_18432698.jpg

c0102137_18445849.jpg

Blouse&Pants:OMNIGOD Tank-top:Veritecoeur

JUILLETでも長年取り扱っている"BARTH"は、
どこまででも歩いてゆけそうなくらい軽い履き心地が魅力です。

フランス海軍への納入実績がある靴としても有名ですね*
海水などに濡れても大丈夫なくらいタフなボイルレザーを使用しています。
プライスもお手頃で、初めてのParabootとしても手に入れやすいのではないでしょうか?

c0102137_16300582.jpg

RUBIS-LYSIA FINE
price:¥65,000+tax
color:NOIR(BLACK)/FAUVE

c0102137_16300623.jpg

VIGNON-Lis Leather
price:¥42,000+tax
color:CAFE

c0102137_16300527.jpg

VIGNON-Vernis
price:¥42,000+tax
color:MARINE(NAVY)/NOIR(BLACK)/BLANC(WHITE)

c0102137_16300540.jpg

VERSAILLES-Vernis
price:¥34,000+tax
color:NOIR(BLACK)

c0102137_16300560.jpg

IBERIS-Chasse
price:¥35,000+tax
color:GOLD(CAMEL)/ROUGE(RED)/NOIR(BLACK)

c0102137_18441596.jpg

c0102137_18432622.jpg

Blouse:mizuiro ind Basket:Vitaras Gedvilas
model:MIHO TAKASAKI (Paraboot Sapporo Staff)

お問い合わせを多く頂いている"IBERIS"は、
甲を包み込むタイプのグルカサンダルで、肌の露出が少ない珍しいサンダルです。
シックな印象になるので、JUILLETのスタイリングにもぴったりです*

※久々の登場!の"彼女"に関しては、またのちほど....♪

c0102137_16300629.jpg

VOGUE-Lis Leather&Velours
price:¥68,000+tax
color:NOIR-Lis Leather(BLACK)/MARRON-Velours(BROWN)

c0102137_16303732.jpg

MICHAEL-Lis Leather
price:¥63,000+tax
color:MARRON(BROWN)/NOIR(BLACK)

c0102137_16300601.jpg

MICHAEL-PONY
price:¥65,000+tax
color:NOIR(BLACK)

c0102137_18432655.jpg

c0102137_18435057.jpg

One-piece:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS Tank-top:Fabrique en French

Paraboot定番中の定番"MICHAEL"も、勿論ラインナップに加わっています。
サイズが揃っていなかったため、気になっている方はどうかお早めに。

スタイリングではあえてポニーのファーをあしらったものを履いてみました。
ファーの一種ですが、秋冬限定にしておくのは勿体ない。
異素材感を「さし」としてこうして履くのも素敵だな〜と思います*

c0102137_16300577.jpg

ORSEY-Lis Leather
price:¥63,000+tax
color:MARRON(BROWN)/NUIT(NAVY)/NOIR(BLACK)

c0102137_18432547.jpg

c0102137_18432680.jpg

T-shirts:mao made Denim:BONCOURA Suspender:Veritecoeur
Beret:HERVIER PRODUCTIONS Stole:ARMEN

"MICHAEL"のようなフォルムをしたローファー"ORSEY"も、
トランクショーでも毎度人気のあるモデルです。
コロンとボリューム感があり、くるぶしを見せながら履くと爽やかな印象で夏にも冬にもおすすめです。
昨シーズン大人気だったミンクのファーをあしらったタイプも届いています!
(ちなみにミンクファーだと、やはり秋冬に履くのがおすすめです。)

c0102137_16300532.jpg

ORSEY-VISON
price:¥80,000+tax
color:NOIR(BLACK)

=======

以上がトランクショーのラインナップの一部です。

そして今回は、秋冬コレクションの先行受注会・お披露目も同時開催します!!

ラインナップが気になるところかとは思いますが、
ブランドの意向により「ウェブ掲載不可」ということで、ここでお見せすることができません。
ぜひ店頭でご覧下さいませ。

秋冬は入荷とともにサイズ掛けが始まってしまうため、
確実に手に入れたいという方はぜひこの機会にご予約を!

P.S.
今回突如登場した彼女....ピン!と来た方は長年のジュイエフリークですね*(笑)
JUILLET前店長であり、現在はParaboot 札幌店のスタッフ:高崎 美穂です。
実は、来月開催のJUILLET hakodateの店頭にて、高崎が皆様をお出迎えします!

c0102137_18432533.jpg

JUILLET hakodate
& Paraboot TRUNk SHOW
in hakodate
2018.6.1(fri)-3(sun)
OPEN_10:00-19:00 / 函館市弁天町15-12 2F

今週末は札幌で!来週末は函館で!
皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております*

石部

お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-05-24 20:34 | paraboot | Comments(0)

Paraboot::BEAULIEU


+1週間のロングラン開催中♪

c0102137_12130454.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET 2017
2017.11.10(金)〜19(日) 延長開催中!!!
==========================

いよいよ残り僅かな日数となったトランクショー。
週末はなかなかご来店が難しいという方にもお喜び頂けて、
我々のニンマリも止まらない今日この頃です◎本当に延長してよかった!

本日は、系列店Archが別注をかけたスペシャルな1足をご紹介します。

"BEAULIEU"

c0102137_12130412.jpg

price:¥74,000+tax
color:NOIR
size:5

昨年も展開していたこの[BEAULIEU](ボーリュー)ですが、
今回はArchが依頼し、特別に生産頂いた別注のような形での入荷です*
....もうこれが最後かもしれません。

そもそも生産するにあたって非常に手間と時間がかかる作り。
それゆえ、数年前に廃盤になってしまった"幻のParaboot”というわけです。

JUILLETでは一番小さなサイズの5のみを展開しています。
だいたい24.5cm前後程度のサイズです。

c0102137_12130411.jpg

c0102137_12130555.jpg

c0102137_12130587.jpg

c0102137_12130593.jpg

c0102137_12130562.jpg

c0102137_12130601.jpg

昨年の入荷時に、何気なく試着した瞬間にびびびっと一履き惚れをしてしまった私は、
〜3月の雪解けまで[BEAULIEU]と過ごしました*

Parabootではあまり見かけることのないミドル丈。
積雪のある道では、この丈が安心感に繋がります。

レディスでは採用されない「パラテックスソール」も、
「マルシェソール」に比べると、正直足裏のフィット感は少々硬く感じます。
しかし、雪上・氷上でのグリップ力はピカイチ!怖いもの知らずで歩けます。
さらには、絶対浸水してくることのない「ノルウェイジャン・ウェルト製法」と、
Parabootの至宝「リス・レザー」ということで、どんな悪天候にも負けない最強の1足です。

履き口はフックがついていて、思う程着脱にストレスは感じません。
ぐるりと足首にシューレースを巻き付けて、きつめに絞り上げるのが私流。
履き口を固定することで、自分の脚にグングン馴染む感覚もありました。

c0102137_12135226.jpg

c0102137_12135263.jpg

私の通勤スタイルは、
BLUNDSTONEかこの[BEAULIEU]か、もしくはSANDERS....というラインナップですが、
お出掛けには[BEAULEIU]を履くことが圧倒的に多かったですね。
OFFの日はスカートやワンピースを履くことが多いのですが、
このボリューム感が、女性らしい格好にもすごくマッチするのです。

勿論デニムやチノパンなどのカジュアルにもOK!
少しロールアップして足首をちらっと見せて*

....今年の冬も大活躍してもらおうっと。

ワンサイズということで、おすすめできる方は本当に限りがあるのですが、
24.5cmくらいのシューズサイズの方はぜひ一度お試し下さい。

JUILLETでのParaboot TRUNK SHOWも、11/19(日曜)までです。
ぜひ素敵な出会いを。

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-11-16 19:09 | paraboot | Comments(0)


c0102137_20441010.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET 2017
2017.11.10(金)〜12(日) 3日間
==========================

豪華なラインナップのなかから、イチオシのアイテムをPICK UPしてご紹介します*
今季の目玉とも言うべき、ミンクファーを使用した2型も入荷しております。

c0102137_07503154.jpg

今までもあらゆるファーを使用したモデルをリリースしていたParabootですが、
今回はミンク!!女性としては憧れの毛皮のひとつではないでしょうか?
少なくとも私は「ミンクファー」と聞いた瞬間にドキドキしました。

ミンクの毛皮は、綿毛が密生しているため保湿性に優れ、
光沢感に富んだシルキーな刺し毛には耐久性があります。

"ORSAY-VISON"

c0102137_10121478.jpg

price:¥80,000+tax
color:NOIR
size:3h/4/4h/5

c0102137_10121421.jpg

c0102137_10121340.jpg

まずはローファーのモデル"ORSAY"
[Lisse Leather]とノルウェイジャン製法を使用した、Parabootらしいローファーです*
ゴロンとした厚みのあるフォルムに、もふもふのミンクファーがあしらわれています。
上品なラグジュアリーさもあるのですが、可愛過ぎないところがイイ!

"MICHAEL-VISON"

c0102137_10121477.jpg

price:¥80,000+tax
color:CAFE
size:4/4h

c0102137_10121466.jpg

c0102137_10121414.jpg

人気の"MICHAEL"からも、ミンクファーの1足が入荷しております◎
ラビットファーを使用した"MICHAEL-LAPIN"とは違った、どこか哀愁を漂わせる大人の表情です。
カラーは優しげな印象をもたらすCAFE。
軍パンやデニムにばっと合わせるだけで、素敵なスタイリングに仕上がります。
定番の"MICHAEL"を愛用している方、セカンドミカエルにいかがでしょう?

*****

この他にも見応えたっぷりのラインナップです!⇒
ぜひご来店下さいませ。お待ちしております。

石部

お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-11-12 11:02 | paraboot | Comments(0)


開催中です!!!

c0102137_20441010.jpg



Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET 2017
2017.11.10(金)〜12(日) 3日間
==========================

今回のラインナップは、過去最強にJUILLETらしい品揃えです◎

c0102137_07503271.jpg

c0102137_07503158.jpg

c0102137_07503006.jpg

c0102137_07503111.jpg

c0102137_07503171.jpg

c0102137_07503181.jpg

c0102137_07503154.jpg

c0102137_07501320.jpg

c0102137_07501286.jpg

c0102137_07503063.jpg

c0102137_07501340.jpg

c0102137_07503086.jpg

c0102137_07501219.jpg

c0102137_07501201.jpg

c0102137_07501246.jpg

c0102137_07501221.jpg

c0102137_07501244.jpg


MICHAELやCHAMBORDをはじめとした、定番どころからレアなモデルまでが揃っています。
JUILLETで展開しているモデルも、欠けていたサイズを補完できています*

c0102137_07501186.jpg

期間中、Parabootのシューズをお買い求め頂いた方には、
先着でノベルティも差し上げております。
シューキーパーや靴べら、キーホルダーをご用意して頂きました!

c0102137_07501164.jpg

ケア用品もあるので、ぜひご自身のParabootを来る冬前にピカピカに磨きましょう◎

*****

きゅうーっと気温も冷え込んできました。
天気予報には、雨マークに混じって雪だるまの姿も.....
そろそろ冬靴の準備を*

今回のParaboot TRUNK SHOWへ、ぜひご来店下さいませ!!
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

石部

お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-11-11 08:05 | paraboot | Comments(0)

Paraboot Collection


いよいよ明日からです!

c0102137_20441010.jpg


Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET 2017
2017.11.10(金)〜12(日) 3日間
==========================

今回は、JUILLETで定番的に展開しているモデルをご紹介します*

MICHAEL

c0102137_00404866.jpg

[Lisse Leather]
price:¥63,000+tax
color:MARON/NOIR

c0102137_00404860.jpg

c0102137_00404997.jpg

c0102137_00404915.jpg

Parabootの顔ともいうべき存在が、この"ミカエル"。
70年以上愛され続けるチロリアンシューズです、

厚手のソックスを履いても安易に着脱ができ、
靴ひもを緩めると履き口が大きく開く設計になっています*
また紐を締めても圧迫感がないことから、幅広の足を持つ日本人にも適した靴だと思います◎
伝統的な形ながら、現在にも通用する履き心地とデザインが魅力です。

前回お話した[Lisse Leather]を使用したこの2色こそ、Parabootのど定番!
冬には手放せなくなる1足ですね。

c0102137_00410771.jpg

[Oiled Leather]
price:¥63,000+tax
color:BROWN

c0102137_00410866.jpg

c0102137_00410889.jpg

c0102137_00410803.jpg

今季登場した[Oiled Leather]もまた雨雪に非常に強い革。
[Lisse Leather]とは違った、渋めのこの質感は私たちにはタマラナイ雰囲気!
最強の1足と言っても過言ではありません。
一目惚れしたなら迷わずに。その感覚間違いありませんよ!


CHAMBORD

c0102137_01244939.jpg

[Lisse Leather]
price:¥63,000+tax
color:CAFE/NOIR

c0102137_01244920.jpg

c0102137_01244958.jpg

c0102137_01245055.jpg

parabootのもうひとつの代表格がこの"シャンボード"。
ころんとしたフォルムのUチップシューズは、愛嬌も感じさせてくれる素敵な1足。
革靴ってどこかフォーマルな印象を持ってしまいますが、良い意味で堅苦しさがありません*
全体に足を覆ってくれるため、フィット感も高いのです。
長時間歩いたりするときは、どんなシューズよりも信頼できます。
スニーカー感覚で、気軽に履くことができます。

今季生産されたのがこのCAFEというカラー。
定番色のような存在感ですが実は久しぶりだそうで、少し驚きですね!


VOGUE

c0102137_01332937.jpg

price:¥68,000+tax
color:[Suede]MARON/[Lisse Leather]NOIR

c0102137_01333081.jpg

c0102137_01332915.jpg

c0102137_01333016.jpg

c0102137_01332934.jpg

c0102137_01333018.jpg

JUILLETでは3年に渡ってオーダーし続けているのがモンクストラップシューズ"ヴォーグ"。
女性らしい上品な面と無骨で男前な面とを兼ね備えた1足です。

元を辿るとヨーロッパの修道士=Monk(モンク)が履いていたサンダルが起源だそう。
紆余曲折を経て、今ではいろんな特徴・デザインが存在するモンクストラップですが、
だからこそどんな雰囲気にも合う、カメレオンのようなモデルです。

そして、ミサンガインターナショナルの女性陣でも愛用者が多いのです*
 
スエードは冬にぴったりなお洒落な質感◎
「水には弱いのでは?」という質問を受けますが、使えば使う程に強くなる革なんですよ*
安心してガシガシ履いて頂いてOKです。

*****

この3つのモデルが、JUILLETでは欠かせない「Paraboot三銃士」でしょうか。
今季は幅広く展開しております。

明日からのTRUNK SHOWでは、普段JUILLETでは並ばない様々なモデルが並びます。
3回目となる今回ですが、過去最強のラインナップです!!
自分の足とライフスタイルに合う1足を見つけに、ぜひご来店下さいませ。
スタッフ一同、心よりご来店お待ちしております*

最強のラインナップはまた明日....♪

石部

お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-11-09 23:55 | paraboot | Comments(0)

about paraboot....


いよいよ今週末に迫って参りました*

c0102137_20441010.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET 2017
2017.11.10(金)〜12(日) 3日間
==========================

フランスのシューズブランド「paraboot(パラブーツ)」の"トランクショー"!!

フランス・イゾー本社のセールスマンは、パートナーシップを結んだ小売店へ大量なサンプルを持って旅をしました。
世界中の顧客へ、自慢の名靴を届ける為に。
サンプルを運び出す際に、大きな靴専用トランクケースで移動したことが、
「トランクショー」と言われる由縁です。

当店での開催は今年で3度目となり、
告知前から「楽しみにしてます!」なんてお声も聞こえてくるようになって来ました。

JUILLETのスタイルには勿論のこと、
ここ北海道で生活する上でこれほど理に適った靴は、そう多くはありません。
Parabootは一型ではなく数多くの豊富なモデルを打ち出しているため、
自分に合ったお好みの一足に出会えるということも、大きな魅力だと思います。

本日は、Parabootについてお話をしてゆきます*

*****

c0102137_21143956.jpg


Parabootの"Para"は、ブラジルのパラ港から取り寄せた天然ゴム:ラテックスを原料に、
ラバーソールを製造することから名付けられたそうです。
氷上を歩く為のブーツや、アルプス山脈で使用する為のマウンテンブーツなど、
強靭な靴作りの歴史を持つ、世界で唯一!自社製ラバーソールを生産するメーカー。

Parabootの工場は、ローヌ=アルプ地方のグルノーブルという、
冬期オリンピックが開催されたことのある土地で、フランスでも特に冬の寒さが厳しいところで、
札幌にとても似た雰囲気の街だと聞いています◎
通ずるモノがあるからこそ、私たちは札幌でParabootをおすすめしています*

【Original Sole】

c0102137_21254118.jpg

Parabootのラバーソールは、独自にゴムの合成法を編み出し、
今も熟練の職人の手によって受け継がれています。

工程としては、ローラーで均一に練られ、1足ずつカッティングできるようにバー上に伸ばしてゆきます。
260度の熱と200tの圧力を加えて焼くのだそう。
ソールの種類(現在約18種類)によって焼き方も微妙に変えているなんて、本当に驚き!!!

レディスモデルによく使用されているのが、画像の[GRIFFⅡSOLE]
ソールとヒールが一体型で、ソール自体の厚みを薄くしエレガントに仕上がっています。
接地面が波型なのでグリップ力が高く、雪道や水たまりの上でも滑りません。

またメンズに使用される[MARCHEⅡSOLE]よりも柔らかく、衝撃吸収性が高いのも特徴です。
これは、男性に比べて女性には脚の筋力がないため、こういうソールを採用しているのです。
確かに長時間履いていても、疲れ知らず!
女性のことを考えてくれている、心優しいジェントルマンのような靴なんです(笑)

さらには、検品で弾かれたラバーやプレスする際に出る端っこの部分は、
公園の柔らかい路面などに再利用・リサイクルされています。エコですね。
手入れもなく使用される道路ですから、Parabootのラバーの性能が確かなことが解ります。

【Lisse Leather】

c0102137_22301586.jpg

Parabootのもうひとつの要と言えば、
定番モデルであるMICHAELやCHAMBORDなどに使用される特別な革[Lisser Laether(リスレザー)]です。
別名は[Waxy Leather(ワクシーレザー)]。

雨雪に強く、頑丈で劣化が少ないという最強のマテリアル。
本国では「フランスの宝石」とまで謳われています!
長年履き続けることで、革の光沢や味わいが自分だけのものになるので、
どんどん育つ我が子のように、自然と愛着が湧くのです。

画像でも確認できる白いてんてんてん....は、革の油分。
革に含まれる油分が普通よりも多いため、長時間未使用であると油分が表面に浮き白く凝固して見えます。
(チョコレートのファットブルーム現象も同じことですね!)
白くなったときは、乾いた布やブラシで拭き取るだけで、また元通りの光沢が現れますのでご安心を。
この白く油分が浮き出るのは、革が生きている証明でもあります*

最後に。[Lisser Leather]は、Parabootを作る為だけに研究開発されたもので、
他社製品に使用されることはない、唯一無二の革なのです◎

*****

北海道に住んでいて、ファッション性だけを重視した靴で過ごすことはほぼ不可能です。
雪国というのはやはり過酷な環境だってことを、心に留めておくべき。
どんな悪天候や気温差、あらゆる環境に適用できる靴が必要です*

また雪道の歩行は、安定感が必要です。
Parabootのソールは、一歩一歩の安心を私たちに与えてくれます。
その一歩は、冬という美しい季節を楽しむことに繋がってゆきます*

Parabootの【Original Sole】と【Lisse Leather】こそ、
ここ北海道で暮らす上で、必要不可欠なカギではないでしょうか?

c0102137_22550415.jpg

「色々な意味でParabootは良い靴です。
決して安くはないですがズバ抜けて高くもない靴です。
背伸びすれば手が届き、気軽に履ける本格靴の入門編の意味合いもあると思います。
そのため幅広い年齢層の方にマッチし、その方の好みに合わせたスタイリングができる凡庸性があります。」

この文章は、パラブーツ日本総代理店・RPJの篠崎さんが系列店Archのブログで綴った言葉です。

私が初めてParabootの1足を手にしたときも、まさしく背伸びでした。
今まで買ったことのない価格帯の靴でしたから!
しかし、この1足は"冬を楽しむ"ことを教えてくれました。

実用性の高さは説明した通りですが、なんてったって履いてて「ああ可愛い!」と思えるのですから。
実用性の高い靴って、そもそもちょっとゴツくてレディっぽくない。
でもParabootは違います。女心もしっかりわかっている。しかも大人の女心を。

*****

明日は、JUILLETで定番的に展開しているモデルをじっくりご紹介したいと思っています。
どうぞ宜しくお願いします!

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-11-08 23:11 | paraboot | Comments(0)

Paraboot "BARTH"


夏のパラブーツをご紹介します!!

c0102137_15144370.jpg

JUILLETで「夏のパラブーツ」と言えば、コレ以外ありません。
革靴にはかっちりとかトラッドなイメージもありますが、
コレは足を包み込むような軽やかな履き心地がクセになる1足。

BARTH

c0102137_15144105.jpg

price:¥29,160+tax
color:BLANC(WHITE)/MARRON(BROWN)
size:4/4h/5

c0102137_15144165.jpg

c0102137_15144204.jpg

c0102137_15144206.jpg

c0102137_15144289.jpg

c0102137_15144250.jpg

c0102137_15144249.jpg

現在夏の定番となっているこの"BARTH"は、
フランス海軍への納入実績がある靴としても有名です。
船上という、地上とはまた環境の異なる場所でも履くことのできる靴なのです。

履き口から甲までをぐるりと囲う革紐は、可動するため、
履く人の足幅や甲の高さに沿って、きつくしたり緩めたりすることができます。

ご試着頂くと「大きいかな?」と感じますが、
この紐をぐっと絞り上げることで、より快適な履き心地を実現します◎

c0102137_15144379.jpg

アウトソールは[MARINE SOLE]。
まあるい吸盤のようなモノが見えますか?
滑り易い甲板の上でもしっかりとグリップし、体を支えてくれるソールです。

アッパーには[VOIL LEATHER]という海水に濡れても大丈夫!というほどタフで、
そしてしなやかさもある革を使用しています。

また、Parabootの多くのモデルは
[ノルウェイジャン製法]もしくは[グッドイヤー製法]で仕立てますが、
"BARTH"は[マッケイブレイク製法]と言って、
アッパーとアウトソールをダイレクトにステッチで繋ぐ製法です。
柔らかな屈曲と軽量で履き心地の良さを生み出します!

更なる拘りと言えば、
"BARTH"はフランスではなく、スペインの工場で仕立てています。
これは[マッケイブレイク製法]を得意とする工場を、
スペインに置いているからという理由からです*

*****

ローファー感覚でも、スニーカー感覚でも取り入れることができるのが、
"BARTH"の大きな魅力です。
トラッドでありながら、リラックスも兼ね備えていること。
だからこそ昔から今も、本国フランスで愛され続けているのではないでしょうか?

また天候が不安定な日本では、突然の雨にも慌てないそんな強靭な靴が欠かせません。
Parabootはまさに、
ベストパートナーとなるべく1足を作っているメーカーです!

兎にも角にも、一度試し履きしてみてはいかがでしょうか?
ご来店お待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2017-06-27 19:01 | paraboot | Comments(0)