BONCOURA/DENIM JACKET


c0102137_20210656.jpg

2月のビッグイベントは"ボンクラ祭"でしたが、その後も「ボンクラ部員」が急増中!
今月は「BONCOURA月間」となりました*
実はブログでご紹介できていないアイテムもまだまだありまして...
例えばこれ。びびびっと運命を感じてしまうGジャン。

BONCOURA
DENIM JACKET -3rd type

c0102137_20210010.jpg

c0102137_20210018.jpg

price:¥38,000+tax
color:INDIGO
size:34/36

ジーンズと同様、デニムと言えばGジャンも代表格。

とある時期になると、JUILLETのバックルームにはスタッフ各々のGジャンが並びます。
春と秋には欠かすことのできないアウターとして。そして初春や冬にはコートの下に忍ばせて。
とにかくひとつ持っているべき!と念押しでおすすめしたいアイテムです。
そしてやっぱり....BONCOURAのGジャンはイチオシです*

c0102137_20210023.jpg

ベースになっているのは、Levi'sの通称"3rd(サード)"と呼ばれるGジャン。
"3rd"は様々なブランドがベースにするほど、一番目にするスタンダードです。
ですが、やはり森島氏の拘りは緻密で、
BONCOURAは"3rd"の中でも限られた年代にしか生産していなかった"558XX"が真の元ネタだそう。

Levi's然り、Gジャンってボックス型のシルエットをしていて、少し丈が短めなものが多いのですが、
このDENIM JACKETは、ほんのきもちタイトで着丈も長め。
だからこそボトムのシルエットを問わず、女性にもしっくりくる1着です。

ずっとGジャン探しをしていた方は、是非一度袖を通すべき。びびびっと感じますよ。

c0102137_20210176.jpg

c0102137_20210127.jpg

c0102137_20210016.jpg

フラップポケットの尖った形にヴィンテージの雰囲気を感じてしまいます。
ステッチが、一度に縫上げる仕様ながらも小技が効いていて◎

c0102137_20210038.jpg

c0102137_20210002.jpg

デニム生地もボタンも糸もすべてBONCOURAのオリジナル。
過去のBONCOURAに関してのブログをお読み頂いていた方々ならば、
ジーンズと同様に、どんなエイジングを果たすのか考えただけで、
ワクワクしてしまうのではないでしょうか?
....読んでない、という方は是非こちらをチェックしてみてください! →

c0102137_20210090.jpg

「これだ」というGジャンを探し求めている方、多いと思います。

BONCOURAのDENIM JACKETは、
10年後、20年後....といつまで経っても着続けることができるだろうな〜と確信を持っています。
ヴィンテージは古き良きモノではありますが、原型であるとも言えます。
原型は廃れることがありませんからね。

そして自分自身で作り上げるエイジングは、我が子への愛情にも似ていたり。
きっと手放せなくなるはずです。
袖を通してびびびっときたら、それは「運命のGジャン」ですので、あとは洗って着込むだけですよ。

****

他にも、シャンブレーシャツや白いデニムもご紹介したいのですが、また今度。
ぜひお楽しみに。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-02-28 09:15 | BONCOURA | Comments(0)


3月がそこまでやってきています。
和名は"弥生”ですが、別に”夢見月”という3月の呼び方があると知り、
確かに、新たに始まることや、暖かくなってゆく季節にあれこれ夢見る1ヶ月かも....と妙に納得。
アレ着よう!こう着たい!という夢を毎日見ています*

たくさんのアウターが揃っているJUILLETで、春のコート選びから初めてはいかがでしょう?

本日ご紹介するのは、入荷する度に即完売してしまうこともある人気者。
(今年はたくさんオーダーしておきました♪...がすでに残り僅かです。)

c0102137_16061342.jpg

HARROW TOWN STORES

1930年創立。
ロンドンのHARROW SCHOOLやJHON LYON SCHOOLなどの学校に、
制服や教員の作業服を提供してきたファクトリーです。
なかでもHARROW SCHOOLは1572年に設立された歴史ある学校で、
イギリスの元首相:ウィンストン・チャーチルや詩人:ロード・バイロンなどの著名人を輩出しています。

そんなHARROW TOWN STORES(私達は「HTS(エイチ・ティー・エス)」と読んでいます)は、
縫製がしっかりとしていることは勿論、
シンプルな中にも、どことなく感じられるトラッドな雰囲気が魅力です◎

Cotton Twill Hooded Coat

c0102137_16061403.jpg

price:¥37,000+tax
color:KHAKI
size:42

c0102137_16061387.jpg

c0102137_16061337.jpg

c0102137_16061364.jpg

c0102137_16061375.jpg

c0102137_16061311.jpg

c0102137_16061418.jpg

c0102137_16061336.jpg

「これ探してました!」というお声が飛んできそうですね。
大きめのフード、膝まですっぽり覆う着丈とちょっとゆったりめのオーバーサイズ◎

必要最低限のデティールこそが魅力と言えるのではないでしょうか?

このミニマムさでも醸し出される雰囲気の良さは、やはり素材あってこそ。
老舗ファブリックメーカーが手掛けるコットンツイルを使用しており、
さらに洗いをかけることでその風合いを増しています。

c0102137_16061481.jpg

Denim Jacket&Pants:BONCOURA Shirts:OMNIGOD Shoes:Paraboot

c0102137_19460241.jpg

まだまだ寒さ厳しい今時期は、インナーダウンやGジャン、カーディガンなどを重ねて。
このサイズ感だからこそ、色々な合わせも楽しめます*
ラグランスリーブなので、動きが窮屈にならないことも嬉しいところ。

今回はカジュアルなスタイリングでのご紹介ですが、
VeritecoeurやVlas Blommeなどのナチュラルで女性らしいスタイルにもばっちり。
ワンピースにこのコートをばさっと羽織る....とか。
あれこれどんなスタイリングの妄想=夢にもハマります*

ぜひ春の夢を語り合いたいです。
ぜひご来店下さいませ!お待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-02-27 19:51 | HARROW TOWN STORES | Comments(0)


ここ数日、どことなく微か~に春の風が吹いている札幌。
その春風の匂いを皆様も感じているのではないでしょうか?
JUILLETは毎日多くの方々に足を運んで頂いていて、
春物を手にニコニコ笑顔でお帰りになる姿に、こちらも自然と口角が上がりっぱなしです*
有り難うございます!!

ここで感謝の気持ちを込めて、明日より開催する嬉しいお知らせをひとつ。

c0102137_14204715.jpg

JUILLET DOUBLE point fair
2018.2.24(sat)-27(tue)4days

"2点以上お買上げで、ポイント2倍!!"

上記期間中、2点以上お買い物して頂くと、
ミサンガインターナショナルのポイントカードに、
通常¥5,000につき1ポイントのところ、2ポイントのスタンプを捺印致します。

ポイントカードは、当日発行も可能。
20point貯まると¥2000offのショッピングチケットとしてご利用頂けます。

*****

なかなかブログの更新が出来ずにいますが....
主役級の素敵なワードローブたちが、皆様のことを待っていますよ。

OMNIGOD,Brocante,kha:ki,mizuiro ind,
Veritecoeur,BONCOURA,OUTIL,KLASICA,
Vlas Blomme,GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS,
ARMEN,ORCIVAL,GYMPHLEX,HARROW TOWN STORES,
mao made,JOHA,SAINT JAMES,Tieasy,fabrique en french,
BRADY,HEALTHY BACK BAG,Donegal Mills,GLEN CLYDE,
DANSKO,Fracap,CROWN,trippen,SANDERS,paraboot,
CERASUS,STUDEBAKER METALS,maria rudman,etc......

今が一番充実しています!
気持ち新たに、あたたかな季節を迎える準備をしにいらして下さい。
スタッフ一同、ご来店心よりお待ちしております。

石部・砂原・安田・市橋・北田

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

明日よりお電話での対応にはお時間を頂いてしまう可能性が御座います。
何卒ご了承下さいませ。

by JUILLET-7 | 2018-02-23 14:37 | NEWS/お知らせ | Comments(0)

"ボンクラ祭"を終えて


c0102137_16150064.jpg

ボンクラ祭 へお越し頂いた皆様、誠に有難うございました*

My BONCOURA DENIMを履いて来て下さった「ボンクラ部員」のエイジングは、
まるで孫に会えたかのような気分でした!(笑)

またデザイナー森島氏に会いに、多くの男性ファンも足を運んで下さり、
BONCOURAについての熱いお話を聞くこともできました。
(※やっぱり男性の細かいところへの拘り方はすごい、と思いました。)
スタッフとお客様だけでなく、お客様同士で語らい、
普段とは違った、まさに「お祭り」のような2日間でしたね。

今後もBONCOURAの服は店先に並んでおります。
ぜひ一度お試し下さい。

各ブランドの春の新作も、入荷ラッシュです。
ぜひご来店下さいませ!お待ちしております。

石部

お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-02-19 22:24 | BONCOURA | Comments(0)

BONCOURA:COVERALL&COVERALL


いよいよ明日・明後日....♪♪
デニムのお祭りが始まりますよ〜

c0102137_16150064.jpg

ボンクラ祭
in Arch STELLAR PLACE & JUILLET
2018.2.17(sat),18(sun)

2月17日(土曜日)を皮切りに、JUILLETに新たなBONCOURAの服が加わります。
写真ではお目見えしていたので、気になっている方もいらっしゃるのでは?

c0102137_19574588.jpg

c0102137_10331457.jpg

[SALON BONCOURA]で出会ったカバーオールとワークパンツのエイジングサンプル。
袖を通した時の軽やかさ・馴染み具合・色落ちの雰囲気、すべてにノックアウトされました*
すぐにJUILLETへこの写真と想いを持ち帰り、今回のイベントをスタッフみんなで計画し本日に至ります◎
約1ヶ月!(笑) このイベントのために動いて下さったBONCOURAの皆様にも感謝です。

BONCOURA
DENIM COVERALL

c0102137_20165345.jpg

price:¥45,000+tax
color:INDIGO
size:36

20年代の古いカバーオールからインスパイアされ、
森島氏の知識やセンスを詰め込みながら製作された1着。
カバーオール(作業着)でありながら、どこか綺麗めな雰囲気に魅力を感じます*
女性がざっくりと羽織ってもいいな、と思わせてくれます。

c0102137_20165370.jpg

c0102137_20473040.jpg

c0102137_20473006.jpg

c0102137_20473042.jpg

c0102137_20473052.jpg

ジーンズの"66"や"XX"同様に、
パーツやステッチひとつひとつにまで森島氏の拘りを感じることが出来ます。

c0102137_20165313.jpg

従来のカバーオールだと袖の付け方はセットインスリーブや、ラグランスリーブんが殆どななか、
このカバーオールは一枚袖(シングルラグランスリーブ)仕様で、
中に厚手のセーターやスウェットを着るにも楽チンです。

c0102137_20165306.jpg

One-piece:Veritecoeur Cut-sew:JOHA Sneaker:ARMEN

BONCOURAのイメージは"Theアメカジ"なんですけど、
JUILLETだったらこんなマキシワンピースに野暮ったく合わせても素敵です*

これはまだまだごわっとしたワンウォッシュの着用。
コレの経年変化を遂げることで、全くの別物に変わった姿も......

c0102137_20254063.jpg

left:Ageing Sample right:One Wash

サンプルは[SALON BONCOURA]のヒロさん(森島氏の次男さん)が、
約1年の旅を共に過ごしたというストーリーの1着。

c0102137_20260484.jpg

c0102137_20165421.jpg

c0102137_20400214.jpg

c0102137_20165433.jpg

c0102137_20400373.jpg

一番驚くのは、美しい藍色の変化ではないでしょうか?
着ている方のクセでアタリにも個体差が現れます。
ステッチや裾などのヤレ感もたまりません。

c0102137_20360426.jpg

One-piece:Veritecoeur Cut-sew:JOHA Sneaker:ARMEN

同じスタイリングでも、ユーズド感のあるこなれた着こなしに。
ワンウォッシュと同じサイズなんですが、
肩のラインもすっと落ちて、華奢なラインへ変化することもポイントです*

濃いインディゴから美しいブルーへの変化によって、スタイリングの楽しみも増えそうですね!

*****

同じデニムを使用したワークパンツも登場です!

DENIM WORK PANTS

c0102137_20495995.jpg

price:¥30,000+tax
color:INDIGO
size:26/28/30

40年代、US NAVYに支給されていた作業用パンツをベースとした1本です。
当時のオリジナルはシンチバック(尾錠)が付くのに対し、
ある一定期間しか支給されていなかったシンチバックなしのモデルがベース。

太めのシルエットとライトオンスであることから、
真夏にも履いて頂けるBONCOURA DENIMとして、今季のイチオシでものパンツなのです。

c0102137_20500052.jpg

c0102137_20494568.jpg

c0102137_20494578.jpg

c0102137_20494567.jpg

c0102137_20494584.jpg

c0102137_20494596.jpg

c0102137_20500038.jpg

単純にオリジナルまんまで作ったわけではなく、そこは森島氏の作るモノなので(笑)、
アメリカの作業用パンツのディテールも掛け合わせています。
「ありそうでない」という仕上がりで、
特に裾にかけてテーパードしてゆくシルエットは本当に独自性を感じます。

c0102137_20500089.jpg

Blouse:veritecoeur Cut-sew:mao made Sneaker:ARMEN Scarf:maison de soil Accessories:Maria Rudman

メンズライクなアイテムだからこそ、トップスは女性らしいギャザーブラウスが映えます。
甘くなり過ぎない雰囲気で、デイリーに着こなせるスタイリングですね*

勿論コレも、履けば履く程くったりと...ある意味まったく別物のパンツに変わってゆきます。

c0102137_20500016.jpg

Blouse:veritecoeur Cut-sew:mao made Sneaker:ARMEN Scarf:maison de soil Accessories:Maria Rudman

c0102137_20500018.jpg

left:One Wash right:Ageing Sample

c0102137_20500032.jpg

c0102137_20500060.jpg

c0102137_20500191.jpg

c0102137_20494510.jpg

カバーオール以上にボトムスの方が、それぞれのクセが出易いなと。
腿や膝のすれた感じ、ポケットの穴にも味があったり、
なかなか女性には、ここまでボロボロ(褒め言葉)にするのは難しいかもしれませんが....
育て甲斐はあります!

私自身、約1ヶ月程このワークパンツを愛用していますが、すでにくったり柔らかくなってきました*
すっかり履き易くて、夏にはああ着よう、こう着ようの妄想が広がっています。


丈詰め承りますが、あまり短くしない方がいいと思います。
1、2回ロールアップして丁度いいかな?くらいがベスト。
勿論洗いをかけると少し縮むので、3回程洗ってから丈詰めに出すことをおすすめします*

*****

明日からのボンクラ祭では、
普段JUILLETではご覧頂けない膨大な量のエイジングサンプルをご用意しています。
言葉や写真ではわからない生地感だったり、醸し出すオーラだったり....
そういうモノを実際に感じて頂ける2日間です。

そして、この2日間...
BONCOURAのデザイナー森島氏が来札し、
皆様をお出迎え致します!!

メインに立つのはステラプレイス3F Arch STELLAR PLACEですが、
きっとJUILLETにも顔を出してくれるはず。
なかなか聞くことの出来ないお話も聞ける2日間ですので、
ぜひご来店下さいませ。

また、今季のJUILLETは藍染めをはじめとする天然染めのアイテムが豊作です!
すでにいくつか入荷しておりますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

それではこの土日、お会いできるのをスタッフ一同楽しみにお待ちしております!!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-02-16 21:20 | BONCOURA | Comments(0)


BONCOURA DENIMを愛用するひとのことを「ボンクラ部員」と呼びます。

c0102137_16150084.jpg

もともとは同じリジットのデニムも、ひとによって全く異なるエイジング=経年変化を遂げます。
これが楽しくてしょうがない!!
この写真は大阪にある[SALON BONCOURA]に展示されているサンプル。
1本1本にその方・その型のストーリーが存在し、まさに同じモノはこの世にふたつと存在しません。

本日は私たちミサンガインターナショナルチームの「ボンクラ女子部員」をご紹介します!

BUIN1: Ayaka Fushimi
/anatomica sapporo

c0102137_17451246.jpg

model: "66"
size:28 Denim Age:5years

c0102137_17451117.jpg

c0102137_17451145.jpg

c0102137_17451142.jpg

c0102137_17451185.jpg

anatomica札幌の紅一点、伏見が愛用しているのは"66"。
お客様だった頃に購入した1本は、最初は(硬くて履きづらいな...)なんて思っていたそうですが、
今ではカラダの一部のような馴染みようです。

ヒゲやアタリが鮮明に現れていますが、これを作り上げるために彼女が工夫したこととは...?
「まずコインランドリーで裏返して洗濯&乾燥機でウォッシュ。
その後3ヶ月は一度も洗濯せず、自然にヒゲが出来るのを待ちました。」

c0102137_17451137.jpg

Coat:anatomica Basque-Shirts:Saint James Beret:anatomica Shoes:anatomica

実は今週の日曜日に自身の結婚式を迎える伏見*(おめでとう♡)
お休みの日はこうしたラフなスタイルで、ゆったり過ごすんだそうです*
Saint Jamesのバスクシャツも馴染んでいて、1着1着を大事に着ていることがわかりますね。

このコートもとても素敵です。
先日のブログでご紹介していたので、ぜひ読んでみて下さい!
http://anatomica-sapporo.com/blog/archives/8708

Anatomica Sapporo (アナトミカ札幌)
札幌市中央区南3条西8丁目10-2 第一ビル1F
011-219-1231


BUIN2: Fuka Yasuda /JUILLET

c0102137_18141717.jpg

model: "66"
size:26 Denim Age:3months

c0102137_18141780.jpg

c0102137_18141774.jpg

c0102137_11223417.jpg

c0102137_18141775.jpg

c0102137_18141762.jpg

新入部員の安田は、普段スキニーデニムを履くことが多かったせいか、
最初はどう履きこなして良いのか?を模索していましたが...
最近は女性らしいギャザーブラウスやワンピースとの合わせがお気に入りのようです*

まだまだリジットに近い濃色ですが、ヒゲやハチノスのシワが出来初めていますね。

c0102137_18141779.jpg

Basque-Shirts:Tieasy One-piece:Brocante Sneaker:ARMEN

「ボンクラのデニムは本当に奥が深く、特に感銘を受けたブランドの一つでした。
他の方のBONCOURAのデニムを目にするたび、自分のデニムの成長もとても楽しみで、
これからもっと履き込んでいきたいと思います。」

BUIN3: Aguri Sakemoto
/arch heritage womens

c0102137_18170851.jpg

model: "66"
size:28 Denim Age:5years

c0102137_18170915.jpg

c0102137_18170942.jpg

c0102137_18170968.jpg

c0102137_18173722.jpg

自転車好きの酒元の"66"は、ヒップ周りのエイジングが絶妙。
特にコインポケットの感じがすごくいいな〜と思いました*

「自分で選ぼうとしたサイズは29incだったのですが、
デザイナー森島さんのおすすめでワンサイズダウンさせました。
"自分らしい"アタリが出てきたときは、ぐっと愛着が深まりましたね!
実は履き過ぎてステッチが落ちてきてしまったので、近々リペアに出す予定です...(照笑)」

c0102137_18170805.jpg

Pullover:TOUJOURS Cut-sew:JOHA Sneaker:Anatomica Necklace:Shairing

酒元のお得意な"大人女性のカジュアルスタイル"に、デニムは欠かせません。
BONCOURAはもちろん、Levi'sも愛用している彼女だからこそ、
デニム選びに迷ったら聞いてみてください。
「ボンクラ祭」では18日(日)にJUILLETで皆様をお出迎えしてくれます◎

創成川イーストにあるarch heritage womensにもぜひ足を運んで見て下さい!
このスニーカー、素敵でしたよ〜◎ミリタリーのテント生地を使用しています。
http://www.arch-heritage.com/blog/womens/2017/12/17/wakouwa-tent/

arch heritage
札幌市中央区南4条東1丁目9-3 米村屋ビル1,2F
011-281-5560

BUIN4: Marina Ichihashi
/JUILLET

c0102137_18200840.jpg

model: "XX"
size:28 Denim Age:4months

c0102137_18200876.jpg

c0102137_18200893.jpg

c0102137_18200846.jpg

c0102137_18200854.jpg

昨年秋にJUILLETのスタッフになり、すぐに手に入れた"XX"。
BONCOURAについての細かいウンチクは殆ど知らない頃でしたが、
この雰囲気の良さに惹かれたようです*

着用期間は4ヶ月ほどですが、
すでに膝のアタリやヒップポケットの隠しリベットが飛び出してきそう!

c0102137_18200896.jpg

Smock:OUTIL Inner:mao made Shoes:Paraboot

「JUILLETの定番品のひとつとして、BONCOURAのデニムは持っていなきゃ!と思ってました。
最近やっとデニムの歴史や森島さんのモノ作りへの情熱を教えてもらって、
より大事に長く履きたいな〜と思うようになりました。」

OUTILの天然染めのスモックもとってもお似合いですよね。
"育てる"楽しみを覚えてくれて嬉しく思います。


BUCYO: Konomi Sunahara
/JUILLET,genre,Ladies buyer

c0102137_18222442.jpg

model: "XX"
size:29 Denim Age:5years

c0102137_18231970.jpg

c0102137_18222462.jpg

c0102137_18222483.jpg

c0102137_18222516.jpg

c0102137_18222475.jpg

着用期間は伏見や酒元と同じくらいですが、
綺麗なグラデーションの縦落ちをしているのが砂原の"XX"です。
"66"に比べるとヒゲがあまり出ていないのは、"XX"にゆとりがあるせいかもしれません。
美しい藍色へと変化していることも気に入っているそう。

c0102137_18222446.jpg

Parka:Military Knit:Vlas Blomme Shoes:CROWN Accessories:Maria Rudman

BONCOURAに出会うまでは、ヴィンテージのLevi'sしか履いてこなかったという砂原。
「ヴィンテージが好きだからこそ、BONCOURAのデニムを履きたいと思いました。」

ここ数年は、BONCOURA以外のデニムはあまり登場しないらしく、
「温泉旅行にもこれで行っちゃうくらい、これは相棒です。」

この他にもGジャン、シャンブレーシャツなど、BONCOURAの服を愛用している砂原部長。
いつか他のアイテムのエイジングもご紹介できたらいいですね*

===========

c0102137_16150064.jpg

ボンクラ祭
in Arch STELLAR PLACE & JUILLET
2018.2.17(sat),18(sun)

いよいよ明後日からは"お祭り"が始まります!!
当日は、私たち「ボンクラ女子部員」のエイジングサンプルと、
[SALON BONCOURA]よりお借りしたエイジングサンプルが店頭に並びます。

c0102137_17301070.jpg

明日16日(金)、フライングであれこれ並びます。
もしお時間ありましたら、お立ち寄りくださいませ。
お待ちしております*

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-02-15 23:05 | BONCOURA | Comments(0)

BONCOURA "XX"と"66"


c0102137_20453376.jpg

本日のブログでは、JUILLETで展開している定番モデル2型:
"XX(ダブルエックス)"と"66(ロクロク)"
を比較しながら細かいディテールについてお伝えしてゆきます。
_
まずは大きく違うのは、シルエット。

XX:
c0102137_20455976.jpg

c0102137_20460325.jpg

model:konomi Sunahara (Ladies Buyer)

BONCOURAのファーストモデルとして生まれた"XX"は、
ヒップから裾にかけてズドンと落ちる太めのストレートです。
もともとジーンズは「丈夫なワークパンツ」だったので、
その当時の野暮ったさを少し残しつつ、でもダボッとはしないシルエットが◎

66:
c0102137_20455969.jpg

c0102137_20455918.jpg

model_Ayaka Fushimi (anatomica sapporo)

ワークパンツからファッションアイテムとして世に進出するジーンズ。
Levi'sの"66"をベースに、森島氏らしい味付けをした細身のストレートがこの"66"。
細身と言っても腿やヒップはすっと入り、裾にかけてテーパードしている綺麗なシルエット。
パターンの調整はミリ単位というから、ココにも拘りをすごく感じます。

========

細やかなデティールに迫ってゆきましょう。

↓"66" "XX"↓
c0102137_20453369.jpg

c0102137_20453477.jpg

私自身がパッと見てモデルを区別しているのが、ステッチです。
"66"は全体的にステッチが細く、"XX"は細いステッチと太いステッチ使いをしています。
糸の色・太さが部分によって違うところも森島氏の拘りです。


↓"XX"
c0102137_20453466.jpg

↓"66"
c0102137_20453474.jpg

そしてリベット。"XX"は補強用でしかなかったパーツなので、デニムのもさもさがそのまま。
"66"になるとキャップのようなものを被せ、綺麗に整えられるようになったんですね。

↓"66" "XX"↓
c0102137_20453404.jpg

ベルトループの太さにも違いが。

↓"XX"
c0102137_22005010.jpg

c0102137_22005044.jpg
↑"66"

後ろ中心のベルトループも"XX"は斜めにずれていますが、"66"は真っ直ぐに縫われています。
これも縫製技術が向上し、ステッチの上に縫い付けられるようになりました。
時代の変化を物語っています。

↓"66"
c0102137_20455933.jpg
↑"XX"

ウエストの裏側のステッチもそれぞれです。
"XX"は下だけがチェーンステッチなのに対し、"66"は上下がチェーンステッチです。

↓"XX"
c0102137_20453588.jpg

c0102137_20453445.jpg
↑"66"

ポケットの形も違いがありますが、一番特徴的なのはダブルステッチの縫い方かなあと...
"XX"は一度に縫い上がるため、内側の端処理がありません!
"66"はしっかりと縫い止め、綺麗に仕上げてあります。この縫い方は手間がかかります。
ココにもモノの価値に時代性の違いが現れていますよね。

↓"XX"
c0102137_20455817.jpg

↓"66"
c0102137_20455801.jpg

このポケットのステッチの裏側に、隠しリベットがあるなしも違いの一つです。
"XX"は履き込むことでこのリベットが表側に飛び出してくることもあるそう。

↓"XX"
c0102137_20455863.jpg
"66"↑

森島氏の目の前で私が「うわ...」って(引き気味に)言ってしまったのがココでした。
セルヴィッチの割幅(縫い代部分)の幅にも、ミリ単位ですが違いがあること。
エイジングしてゆくとサイドにセルヴィッチのアタリが出ますが、
このアタリでも"XX"と"66"の区別がつくんだそうですよ。

=====

ざっとご紹介しましたが、お楽しみ頂けたでしょうか?
実物を見比べたくなってきませんか?
この細かい拘りをしっかりと作り上げる、日本の職人というのもスゴイのです。

森島氏はNIPPON MADEで、日本の素晴らしさを世界に伝えています。

明日はBONCOURAに魅了されたスタッフの愛用ジーンズをご紹介します。
それぞれのスタイリングにもご注目を!お楽しみに〜

c0102137_16150064.jpg

ボンクラ祭
in Arch STELLAR PLACE & JUILLET
2018.2.17(sat),18(sun)

ぜひこの土日はステラプレイスのArch STELLAR PLACEとJUILLETへ!!!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-02-14 22:08 | BONCOURA | Comments(0)

BONCOURA DENIM


いよいよ今週の土日に開催です!!

c0102137_16150064.jpg

ボンクラ祭
in Arch STELLAR PLACE & JUILLET
2018.2.17(sat),18(sun)

c0102137_12584326.jpg

10代の頃から今日に至るまで、膨大な量のヴィンテージに触れてきた森島久氏が、
持っている知識を最大限に生かし、細部に至るまでとことん拘った服作りをするために立ち上げたブランド
BONCOURA(ボンクラ)ー
メインアイテムであるデニムは、糸の選択・織り方・ヴィンテージミシンで仕立てる縫製など、
すべてオリジナルで作り上げており「現代における究極のデニム」と絶賛されています。

最初の告知のときにもお伝えしたこのデニムへの拘りを、
本日はじっくりとご紹介したいと思っています。

*****

古びた倉庫で出会った、
20年以上前に力織機で織り上げられたそのデッドストックの日本製デニム生地。
この生地で作った5ポケットデニムが、BONCOURAの始まりです。
自分にしか作れないデニムを求め、森島氏が動きだします。

c0102137_20104740.jpg

正直「ジーンズを作ろう」って実はすごく簡単だと思います。
ジーンズってもう型はだいたい決まっているし、生地を手に入れるのだってそう難しくない。
だからこそ世界中にはジーンズが溢れています。
おそらく私にも作れるのではないでしょうか。......ただのジーンズならば。

しかし、
BONCOURAのジーンズは絶対に森島氏にしか作れない。
私たちスタッフはみんなそう感じています。
それはどうしてか?というお話をしたいと思います。

*****

BONCOURAのデニム生地はまず、原料である綿の選別から始まります。
原産国や地域によって色や質感、長さも異なる天然素材。
様々な綿を独自に配合し、BONCOURAオリジナルの糸を作るのです。

↓↓↓

次はこの糸を藍色に染色してゆきます*
使用するのは純度100%のピュアインディゴ。
出来上がった糸を「ロープ染色」という方法で丁寧に染めています。
この原液濃度や液に浸ける回数もBONCOURA独自のモノです。

※現在純度100%でインディゴ染めをするデニムメーカーはほぼありません。
化学染料を混ぜ合わせています。

↓↓↓

やっとデニム生地になる工程に進みます。
昭和30年〜40年代の古い力織機によって、ゆっくりと空気を含みながら織り上げます。
フル稼働でも日に50m(ジーンズ20本分)しか織ることができないくらい、ゆっくりです。

同じ力織機でも、織り方によって生地の仕上がりが変わります。
森島氏は同じ力織機で100種を超える生地サンプルを作り、
「これ!」と言える生地に出会えるまでに1年以上を要したのです。

c0102137_21144849.jpg

このデニム生地の元ネタとなったのは、
かの有名なリーバイ・ストラウス社が戦時中にプライドをかけて作ったというデニム生地です。

"大戦モデル"と呼ばれるジーンズ。
戦時下の資材節約のために、アメリカ政府(WPB)がすべての衣料品メーカーに一定量の金属、布、糸を取り除き、
商品を簡素化することを要請しました。リーバイスもこれに協力。

シンチバック、コインポケット(ウォッチポケット)のリベットを取り除き、
ロゴ入りボタンやリベットを安価なものへと変更、
スレーキ(ポケットの裏生地)には様々な種類の余り布が充てられました。
最もインパクトの大きかったのは、ヒップポケットのアーキュエイトステッチ(カモメステッチ)を、
ペンキによるプリントに変更したことです。

しかし、これらの簡素化要求のなかでも唯一妥協しなかったこと...
耐久性の基盤となるデニムの重量(オンス)です。
当時WPBからは重量(オンス)の引き下げをするよう指示があったそうですが、
ワークウェアという観点から、耐久性の低下は譲らなかった。
 リーバイスのプライドをかけて作ったデニム生地は、12.5オンスから13.5オンスに上がりました!
(私はこの歴史・ストーリーが本当に大好きです。)


ヴィンテージキュレーターという肩書きを持つ森島氏が、
いくつものヴィンテージデニムを履いて一番良いエイジングを遂げたのが"大戦モデル"なんだそうです。

以前、デッドストックの"大戦モデル"を見せて頂きました。
じっくり目を凝らし、しっかり触れましたが、BONCOURAのデニム生地との差はわかりませんでした。
本当に同じ生地だったのです。

「現代における究極のデニム」とは....
「最高のエイジングを遂げるデニム」
BONCOURAはこれを世に放ったと言えます。

BONCOURAのデニムは、ヴィンテージの焼き直しをしたレプリカという枠に捕われることなく、
唯一無二のオリジナリティを持っています。

明日は、JUILLETで展開している"66(ロクロク)"と"XX(ダブルエックス)"をご紹介します。
ぜひお付き合いくださいませ。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-02-13 22:04 | BONCOURA | Comments(0)

JOHAが再入荷しました!


多くのお問い合わせを頂いているカットソーブランド「JOHA(ヨハ)」、
再入荷しました*

c0102137_19570509.jpg

「メリノウール」についてのすごーいお話は、前回のブログをご覧くださいませ♪

[LONG SLEEVE]

c0102137_19570585.jpg

price:¥6,800+tax
color:WHITE/GREY/BLACK

[TANK-TOP]

c0102137_19570536.jpg

price:¥4,800+tax
color:WHITE/GREY/BLACK


[LEGGINGS]

c0102137_19570446.jpg

price:¥6,800+tax
color:WHITE/GREY/BLACK

すべての型、3色とも今なら揃っています!

1年を通して使えるカットソーなので、いつ買っても良いとは思いつつも、
「お外は冬、でも春物が着たい」というここ数日の気分にぴったりとマッチしていて、
我が家の洗濯機がフル稼働しています。
(すぐに乾いてくれるので助かりますが、やっぱり何枚か買い足しておこう!)

c0102137_19570608.jpg

パッケージが可愛いので、贈り物としてもおすすめです。
お世話になっている方へ、いかがでしょうか?

前回は即完売でした!気になっている方は、どうぞお早めに。
ご来店お待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-02-11 19:00 | JOHA | Comments(0)

Veritecoeur/SPECIAL COLLECTIONS


続々入荷中です...♪

c0102137_17431072.jpg

Veritecoeur
【VC-1671L】Skipper Tuck One-piece

c0102137_17422471.jpg

price:¥30,000+tax
color:SUMINAVY/KINARI
size:F

c0102137_17422491.jpg

ざっくりとした織り感のあるリネン生地を使用しています。
まるでタオルのような柔らかさで、ついつい触ってしまいます*
ドレープも美しく、女性らしさを際立ててくれます。

c0102137_12252952.jpg

c0102137_17422432.jpg

c0102137_17422485.jpg

c0102137_17422436.jpg

定番にもある"スキッパータックワンピース"。
胸元下にタックを寄せ、裾にかけてたっぷりとボリュームを持たせています。
裾にはミミを使っていますが、この生地独特のフリンジっぽい端が素敵*

広めのネックラインは、見せるインナー次第で大きく雰囲気を変えることができます。
レイヤードが楽しめることも、このワンピースの人気の理由です。

c0102137_17422306.jpg

Cut-sew:Vlas Blomme One-piece&Pants:Veritecoeur Sneaker:ARMEN

Veritecoeurの定番"ギャザーノースリーブワンピース"と重ねるスタイリングは、
清楚さとどこか新鮮さも感じる組み合わせです。
まだちょっと肌寒いので、長袖カットソーもインしています。
素材感が相まって、全体的にまとまることがポイント。
足元はスニーカーでドレッシーになり過ぎないように!
今ならこの上にオーバーサイズのコートを羽織るのが丁度良いのではないでしょうか?


【VC-1670L】Button-less Jacket

c0102137_12272894.jpg

price:¥40,000+tax
color:KINARI
size:F

c0102137_12272804.jpg

c0102137_12272853.jpg

c0102137_12272826.jpg

c0102137_12272802.jpg

「これは便利そう!」というのが率直な意見だったのですが....
それだけじゃない。魅力たっぷりのジャケットです。

ワンピースでお伝えした通り、ひとつめの魅力は軽い着心地。
ふたつめに、生地を二重に重ねて仕立てているので、見た目以上の保温性があります。
ゆったりとしたシルエットで、ボリュームのある袖モノ・ドロップショルダーにも対応でき、
短めの丈はパンツにもスカートにもOK!これでみっつめとよっつめ。
ボタンがないシンプルさは飽きがこないデザインで、長く愛用頂けます*

c0102137_12282163.jpg

Cache-coeur:Vlas Blomme Cut-sew:Fabrique en French Culotte:OMNIGOD Sneaker:ARMEN Necklace:Maria Rudman

普段着としては勿論、お呼ばれの席まで活躍してくそう!
もともとシワ感のある素材なので、旅行に持ってゆくのも◎
「便利そう」の直感は間違ってなかった!と思います。

でもそれ以上に、リラックス感のあるバランスの取れたフォルム。
着るだけでスタイリングが完成してしまうような、オーラを持つ1着です。
いつものスタイルに、ぜひonしてください!


【VC-1668L】Front York Tunic

c0102137_12263736.jpg

price:¥28,000+tax
color:SUMINAVY/KINARI
size:F

c0102137_13410972.jpg

c0102137_17422385.jpg

c0102137_12272836.jpg

c0102137_13405476.jpg

c0102137_12263735.jpg

前身頃のヨーク切り替えと、後ろ身頃のギャザーが印象的なチュニックシャツです。
ノーカラーですっきりと、シンプルで着回しの効く1着。
裾〜サイドのラウンドしたラインも素敵で、小さなボタンも愛らしいと感じます*

「何を着ようかな?」と困った朝に、ついつい手が伸びてしまうのはこういう服。
ぱっと着てサマになる、お出掛けするにも、自宅でノビノビするにも"ちょうど良い”んですよね。

c0102137_12263799.jpg

Cut-sew:mao made Pants:OUTIL Shoes:Fracap Hair-Band:Vlas Blomme
Accessories:Maria Rudman,STUDEBAKER METALS

ストンと落ちる素材だから、太めのチノパンとの合わせもバランス良くまとまります。
デニム、軍パンは勿論のこと、スカートと重ねてもバッチリです!

今回ご紹介したアイテムは、SUMINAVYとKINARIの2色展開ですが、
色のチョイスによってもまったく印象が違うので、悩み甲斐があると思います(笑)
ぜひ一緒に悩ませて下さいね*

*****

この他にもVeritecoeurのBASIC Lineも入荷しております◎
ぜひお早めにチェックしにいらして下さい。
ご来店お待ちしております!

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-02-09 20:55 | Veritecoeur | Comments(0)