2018年、一言で振り返ると「感謝!」です◎
笑顔でご来店下さるお客様をはじめ、
先輩、家族、友達…いつも以上に感謝に溢れた1年でした。

4月に入社して以来、多くのお洋服に囲まれ幸せでした!
そんな私桃澤の「買って良かった」3選をご紹介します*

Khadi and Co. "TIBET"

c0102137_12031017.jpg

price:¥43,000+tax
color:CHAECOAL

一目見た瞬間に悩むこと無く「連れて帰ってもいいですか!?」の一言。
167センチの私はずっと着丈がすれっすれのスカートを探し求めていました。
私のアンテナがビビビッと…!

着丈やデザインだけではなく、
インド伝統の手紡ぎによる綿布である”カディ”を使用しているため、
不均一な織りから生まれる独特な風合い、
ハンドメイドとは思えない美しさに惚れ込みました◎

c0102137_12031044.jpg

なかなか出会え無いトーンの、明るみのあるチャコールカラー。
落ち着いた品を感じる色味の多い Khadi and Co.のお洋服は
とことん女性らしさを追求してコーディネートを組みたくなります。
色使いを意識したビビットな赤をそえて…
ちょっと背伸びして大人びた気持ちにもなり、いつもシャキッとした気分になります。

***

JOHA "Kids Long Sleeve"

c0102137_16484842.jpg

price:¥4,400+tax
color:WHITE/GREY/NAVY
size:150cm

c0102137_12031005.jpg

肌着としてだけではなく、カットソーやインナーとしても使える万能な1着。
今年だけで6着購入してしまうほど、私の相棒になってます。
よくお客様にも「語りますねえ!そんなに熱く伝えてくれるなんて…」と
ついつい熱が入ってしまうほど熱弁しています。笑

***

Paraboot "VOGUE"

c0102137_12031056.jpg

price:¥68,000+tax
color:CONGO(SUEDE)

なんでもっと早く手にになかったのだろう…と思わせてくれた1足。
今までは冬は外に出るのがネックだったのに、
雪道をガシガシ歩けて、冬のお出掛けを楽しみにしてくれた靴です。

まだまだ先のことではありますが、
2019年のトランクショーも楽しみで仕方ありません!!

***

2018年「これにハマッた!!」

c0102137_15065432.jpg

中華料理屋 "天坊"さん
札幌市中央区南2条東2丁目

"天坊"さんの中華定食なら大盛りもぺろりと完食!
お昼ご飯に天坊、夜ご飯にも天坊とはしごしたこともある程、飽きのない味です。
系列店ARCH HERITAGEの近くなので是非足を運んでみてください◎

***

食にも衣にも大満足だったことが、伝わりましたでしょうか?^^

お洋服には、その日の気分まで変わってしまうほど色んなパワーがあると思います。
自分自身をHAPPYにしてくれる相棒探しを、来年もJUILLETで一緒に楽しめたら幸いです*
来年もどうぞ宜しくお願い致します!!

それでは、次は石部さんに1年を締めくくって頂きましょう*

桃澤

お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-12-31 15:11 | recommende | Comments(0)


こんにちは!安田です。

今年も早いもので締めくくりの時節となりましたね。
みなさまにとってどんな2018年でしたでしょうか?

このみさんからバトンを受け取りました!
早速、私の「買って良かった」を3つほど紹介致します◎

ORCIVAL
"FAKE MOUTON DUFFLE COAT"

c0102137_13424062.jpg

price:¥32,000+tax
color:GREY/BEIGE
size:0

c0102137_17300447.jpg

なかなかコレ!というコートに出会えずだったのですが、
かな子さんに「コレ似合うよ〜絶対」と入荷前からオススメしてもらっていたダッフルコートです。
袖を通した瞬間に即決しました◎

c0102137_17300449.jpg

肉厚な素材で一見重たそうにも感じますが、着るとただただ軽い!の一言。
裏地もモコモコで「今日は冷えるなー」という日に手が伸びます。
ここ最近は引っ張りだこのスタメンです◎

まだ数着ご用意がありますので(残りわずか、!)、ぜひこの軽さを体験してみて欲しいです!

***

Juillet a Sapporo
"Linen Easy Culotte"


price:¥17,000+tax
color:LOCK-GREY/SMORKY-WHITE
size:F

c0102137_17300453.jpg

今年の2月からずーーっと履き続けているジュイエオリジナルのキュロット。
洗っても洗ってもへこたれず、何より季節を気にせず通年履けちゃうのが好きです。

とっても履き心地の良い楽チンボトムスなので、
「どうしよう、!今日は何着よう?」と悩んだときには、ほぼコレを手に握りしめています(笑)

***

trippen "ROUND"

c0102137_17300465.jpg

price:¥42,000+tax
color:BLACK

私の初めてのtrippenがこの"ROUND"です。
ソールは[Penna]と呼ばれる足裏に吸い付くようなフィット感を得られる作り。
昔から浮腫み体質で疲れやすい体質なので、立ち仕事をするうえで足に良い靴をずっと探していました。
「やっと出会えた!」と思えた1足です。

***

2018年「これにハマった!!」

c0102137_17300435.jpg

"文庫本"

読書は元々好きで、2018年は持ち運びしやすい"文庫本"ブーム到来!!
人気ランキングなどを参考にすることはあまりなくて、
ひたすら表紙に惹かれたり、裏面のあらすじを見て選書します*
振り返ってみると、推理ものやサスペンスは全くありません。頭を使って読みたくないのかも、

***

2018年は素敵なお洋服との出会いが沢山あったな〜と。
服ひとつひとつにも思い出がいっぱいあります◎
今後もずっと着続けていけるよう大事にしていきたいです!

今度は私から北田さんへバトンタッチ!!

安田

お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-12-30 21:58 | recommende | Comments(0)

PARABOOT::CHAMBORD&MICHAEL


c0102137_16144371.jpg

長きに渡って、多くの人に愛され続けている靴は数多くあれど、
ひとつモデルが100年近く受け入れられている靴となると、そうはないと思います。
Parabootにはそれが2型も存在します。

Paraboot
"CHAMBORD"

c0102137_16303767.jpg

price:¥63,000+tax
color:CAFE/NOIR
size:3/3h/4/4h/5

もはや時代や流行に左右されない靴として[CHAMBORD(シャンボー)]は君臨しています*
ころんとしたフォルムのUチップシューズは、
良い意味で堅苦しさのないラフな印象を与えてくれます。

c0102137_15002530.jpg

よく「スニーカーのような」と比喩されるほど、履き心地の良さは革靴の中でもトップクラスです。

では、なぜ履き心地が良いのか?

[CHAMBORD]はもともと、狩猟用として歩行性・実用性を最優先に考えてデザインされた靴なのです。
「シャンボー」という名前も、フランソワ1世が狩猟のためだけに建設したという、
"Château de Chambord(シャンボール城)"から取って名付けられました。

森の中で活動的に動き回り、且つタフな靴!
Parabootの腕の見せ所だったに違いありません。

c0102137_01244958.jpg

c0102137_15002587.jpg

c0102137_01245055.jpg

第二次世界大戦後、この靴は狩猟用にとどまらず街にも普及し、
現代ではカジュアルからビジネスシーンにまで愛用されるオールマイティな靴として愛されています◎

そして[CHAMBORD]は、メンズとレディスで違いがあります。

ひとつは、シューレースの先に飾りがついていること。
もうひとつが、メンズはノルウェイジャン製法ですが、レディスはグッドイヤー製法。
グッドイヤー製法により、靴全体のボリュームが抑えめに仕上がっているのです。

c0102137_15002591.jpg

初めてのParabootは[CHAMBORD]と決めている方も多いはず。
間違いない決断だと思いますよ*

===

"MICHAEL-GRINGO"

c0102137_16374665.jpg

price:¥63,000+tax
color:TOGO-GRINGO(Dk.BROWN)
size:4/4h/5

Parabootの顔とされているのが[MICHAEL(ミカエル)]。
世界上の人々に70年以上愛されて続けているチロリアンシューズです。
創設者レミー・リシャール・ポンヴェールの孫で、3代目現社長の名前がモデル名になっています!

c0102137_15002515.jpg

スイス・チロル地方の山岳地方の民族たちが、伝統的な衣装とともに労働靴として履いていた靴。
チロリアンシューズは山地の生活に適う特徴を備えた、高いスペックを持ったワークシューズだったのです。

c0102137_16374635.jpg

今季JUILLETでチョイスしたのは、リスレザーよりも柔らかなオイルドレザーです。
油分が染み込んでいるため、雨や雪にも負けない撥水性を持っています。
ケアしてあげることで傷なども目立ちにくく、ムラのあるカラーも大きな魅力です◎

c0102137_16374674.jpg

c0102137_16374625.jpg

[MICHAEL]ほど、北海道の冬に適した靴はありません。

雨や雪、砂などが縫い目から浸入しないよう、アッパーとソールのつなぎ目に、
ストームウェルト(テープ状の革をL字に折り曲げて縫合されたウェルトのこと)を
ノルウェイジャン製法でがっちりと縫い合わせます。
甲の部分のモカ部分にも革のテープが縫い付けられています。

雪深い日に帰宅し雪をほろわずそのままにしていると、室温で雪が溶け、
翌朝水たまりになって甲上に残っているという光景は、[MICHAEL]だからこそ起きる現象です*

厚手のソックスを履いていても脱ぎ履きしやすいように、
紐靴を緩めるだけで履き口が大きく開く設計になっていることも本当に便利!
これもチロリアンシューズから受け継いだデザインですね◎

c0102137_16374610.jpg

スタイリングの幅広さも、長く愛され続けている理由のひとつではないでしょうか。
どんなボトムスにも...ということは勿論のこと、
特に冬は、コートやニットなどモコモコとボリュームが楽しめる季節。
足元に重量感を持ってくることで、コーディネートのバランスが整います!

***

今日は麗らかな小春日和ですが、間違いなく厳しい雪の生活が始まります。

以前のブログにも書いたことがあるのですが、
私自身、冬のお出掛けの億劫さをParabootが払拭してくれました◎
まさかお天気のストレスが、靴一つで大きく変わるとは、
実際に履いてみるまで思ってもみませんでした*

この経験を皆様にも体感して頂きたい。
JUILLETだけでなく、札幌にはParaboot直営店もございます。

c0102137_19235266.jpg

Paraboot 札幌店
札幌店中央区南2条西3丁目12-2
トミイビル No.37 1F
tel 011-209-0451

多くのラインナップをご覧になりたい方は、直営店へ。

JUILLETにも気軽に試着しにいらして下さいね◎
ご来店心よりお待ちしております。

石部

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-11-26 15:07 | paraboot | Comments(0)

"My Paraboot Style"


c0102137_16370530.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET
2018.11.9(fri)-11(sun)

あと2日!!!まで迫って来ました〜
昨日のラインナップで、気になるアレやコレ....見つけて頂けましたか?

Parabootの魅力は、強靭であることだけではありません。
「可愛い」「かっこいい」「素敵」という言葉も忘れてはいけません。
そう!Parabootはファッション性においても素晴らしい靴です*

c0102137_16370486.jpg

JUILLETで展開しているtrippenやSANDERS、DANSKOもそうなのですが、
ブランドらしさを持ちながら、それぞれ履く人のスタイルに寄り添う靴ー
だと私は思っています。
だからこそ老若男女・年齢も国も飛び越えて愛され続けているのではないでしょうか。

本日はジュイエスタッフによる"My Paraboot Style"を作り上げてもらいました*
それぞれの着こなしを参考にして頂ければ嬉しいです!
そしてそれぞれのParabootへの想いや考え、その存在価値なども伝わると幸いです◎

=====

Fuka Yasuda
雨の日、雪の日、どんな天気の時もお洒落を楽しませてくれる靴」

c0102137_16370554.jpg

Cut-sew:JOHA
Tunic One-piece:Veritecoeur
Pants:Brocante
Scarf:GLARNER TERUCHILI
Sox:???

model:MICHAEL color:Noir

c0102137_16370674.jpg

■「MICHAEL」は普段から愛用しているモデルでもありますが、実際の購入の決め手は何でしたか?

パンツやワンピース、どちらにも合わせ易そうだと思って選びました!
昨年のトランクショーで、ラビットファーがついた「MICHAEL-LAPIN」と悩みましたが、
諸先輩方の"1年中履ける"というセールストークにはまり、リスレザーオンリーの「MICHAEL(黒)」にしました。
実際に夏も履きましたね。アドバイスに従ってよかったです!!

■スタイリングのポイントは?

「MICHAEL」ががっちり・コロンとしたフォルムでゴツく見えますが、
柔らかい色目のお洋服とも意外に相性が良かったり、
女の子らしい格好にも合わせ易い1足です!ということをお伝えしたくて、
今回はVeritecoeurのワンピースで合わせてみました◎
小柄な方には特に、「MICHAEL」+Brocanteのシュビルパンツのコンビネーションおすすめ。
靴のボリュームに負けないバランスのいいスタイルが完成します!

■靴を選ぶときのマイルールは?

持っている服にどう合わせたいかをまず考えます。
持っている服が思い浮かんで、こう合わせたい、このスタイリングすごく好き!
とワクワクする靴じゃないと購入しません。

■安田にとってのParabootとは?

冬の必需品です!

シーズン気にせず履ける靴ですが、やはり冬にこそ履いてほしいと思うし、パラブーツ履きたい!と私自身強く思うのも冬だなと感じました。


そして雨の日、雪の日どんな天気の時もお洒落を楽しませてくれる靴だなとも思います!

自分のパラブーツを手にして1年ですが、今では無くてはならない一足となっています◎


(安田)

=========

Yuki Momozawa
雪国であろうと、冬のスタイルもかっこ良く居たい!
そんな気持ちを叶えてくれるParaboot」

c0102137_16370578.jpg

Shirts:OUTIL
Pants:French Army M47
Belt:M.F.SADLLERY
Knit Cap:???
Scarf:GLARNER TERUCHLI

model:CHAMBORD color:Noir

c0102137_16370531.jpg

■Parabootはまだ持ってない...ということで、

"パラブーツヴァージン"として素直な感想を教えて下さい。


今まで色んなお店で試着してきましたが、正直に言うと購入には一歩踏み込めず…

その理由は一見ごつい印象があり、自分の服装に合うか心配があったからです。

でも昨日(今回のトランクショーのためにお店に届いた)数あるモデルを履き比べる事で、

パラブーツに対する''ごつい'' ''重い''というイメージが全く無くなりました!


■定番の「CHAMBORD」でスタイリングした理由は?


スニーカーの様な履き心地。そしてフォルムが丸いのにとても上品!

軍パンなど男臭いスタイルに合わせても品を出してくれる一足。

男女問わず人気な理由が分かる気がします。

私は男臭いスタイルが好みですが、

シャンボードはワンピースなど女性らしいスタイルにも合わせ履きたい!という気持ちにもさせてくれました。



■コーディネートのポイントは?


「男臭さの中にある品」

シャンボードのフォルムの美しさを無駄にしない様に、光沢感のあるscarfで色気を…

アクセサリーは女性らしい華奢なアクセサリーを添えてます。



■靴を選ぶときのマイルールは?


私は雪国であろうと、冬のスタイルもかっこ良く居たい!という意地の様な気持ちがあります。


1.上品な面持ちながら、カジュアルにも合わせたい。

2.シーズンも冬だけに留まりたくない。


今までは冬でも無理して滑るソールの革靴を履いていたり…

そんな我儘に答えてくれたのがヴォーグでした。

凄くスタイリッシュな印象があり且つ足をしっかり包んでくれるデザインで雪道も安心!

今年こそは!この子を連れて帰ろうと思ってます…笑


(桃澤)


=========


Anna Kitada
Parabootは、四季を感じられる北海道がやっぱり好きだなぁ
と思わせてくれます」

c0102137_16400400.jpg

One-piece:GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS
Cut-sew:JOHA
Beret:maison de soil
Tights:FALKE

model:MILLA LAPIN color:Neige

c0102137_16400717.jpg

■コーディネートのポイントは?


女性にしかできない、女性だからこそ楽しめるふんわりとしたワンピースに合わせると、

MILLAの独特な存在感が更に増してすごく良いのです!

毎日のように着ていたお気に入りのワンピースもガツっと気分を変えて、もう一度主役に蘇らせてくれるような一足です!

個人的には、気分を高める特別な日にワンピースで合わせたいおすすめのデザインです!


■「MILLA」のおすすめポイントは?


足首が隠れる背の高さは秋冬ならではのタイツや靴下使いを楽しめるというのもポイントです!

特にこの「MILLA LAPIN」のコロンとした愛嬌のあるフォルムで、

真っ白ではなくクリーム系の白がすごく可愛らしく、

上品なラビットファーとParabootならではのたくましい存在感が魅力的な一足です!


■「白い靴は汚れが気になってしまう...」という方へアドバイスを。


私は白を選ぶ時に、すぐボロボロに見えるものとそうじゃないものの違いだけは慎重に選んでいましたが、

そうすると汚れも少しずつ愛せるようになりました!

Paraboot は履けば履くほど味が出て、修理して手入れして何年も何年も楽しめる丈夫な靴だからこそ、汚れも味ですごく素敵です!

新品からヴィンテージになりゆく過程を見ているように楽しんで頂くのも一つかなと思います☺︎



■北田にとってのParabootとは?


北海道の楽しみ方を教えてくれる靴です!

「冬」「雪」「寒い」が苦手な私にとって雪道の必需品と言えば、レインブーツにモコモコ靴下...いつもこのパターンでした。

秋冬の洋服が大好きなのに私の足元はいつも【雪vs私】の対戦モード。

でも丈夫でデザイン性の優れたParabootはそんな冬の楽しみ方や、

四季を感じられる北海道がやっぱり好きだなぁと思わせてくれる大好きなブランドです!


(北田)


=========



Konomi Sunahara
「Parabootは寒さをしのぐコートやニットのように
無くてはならない自分のギアです

c0102137_16370550.jpg

Shirts:OMNIGOD
Vest:Jamieson's
Denim:BONCOURA
Sox:FALKE

model:ORSAY VISON

c0102137_16370568.jpg


■コーディネイトのポイント


フェアアイル柄のベストにデニム。

オーセンティックなコーディネイトですが足元をファーがついたローファー!にすることで旬をプラス。

アウターを着るならば、色落ちしたモールスキンジャケットやステンカラーコートなんかを格好良く羽織りたいです。


■「ORSEY VISON」のおすすめポイントは?


やはりこのボリューム感がポイントですね。

ポテッとした感じが、存在感がありスタイリングの要になってくれると思います。

何より、脱ぎ履きし易いのも高ポイントではないでしょうか。

また、ミンクファーというのが個人的におすすめ!

ウサギとはまた違った男らしいというか甘すぎずバランス良くて◎



■パラブーツはどんな気分の時に履きますか?


私にとっては、寒さをしのぐコートやニットのように無くてはならない自分のギアなので気分関係無く(笑)

基本的に冬はほぼ毎日履きます。

私に「足元のおしゃれは我慢するものではない」ことを教えてくれたのがパラブーツでした。

冬道も気にせずガシガシ履けるタフな作り、フランスらしい上品な佇まい。

パラブーツを履くと、憧れのパリジャンに近づけると勝手に思い込んでいます。


■靴を選ぶ時のマイルールは?


昔は見た目重視で選んでましたが、結局履き心地が悪いと宝の持ち腐れになってしまうんですよね。

「実用的かつ美しい」というのが、靴を選ぶ時のマイルールです。どちらかだけでもダメ。足が喜ぶ靴である事。

歳を重ねる毎に、見た目+足の健康面も気にかけるようになりました。笑

そういった点では、ジュイエで展開するシューズ達もこの2つを意識してセレクトしています。


(砂原)


=========

長くなってしまいましたが、いかがでしたか?
Parabootを履いてしまうと、みんなParabootのファンになってしまいます。
ぜひこの機会に、皆様にもParabootのファンになって頂けますように!

また、現在開催中のJRタワースクエアカードの無金利フェアもご活用くださいませ。

JRタワースクエアカード クレジット手数料ゼロセール!!

c0102137_10373998.jpg

上記期間中、JRタワースクエアカードのクレジット分割手数料が、3回、5回、6回、10回払いまで無料になります!!
※1回、2回、ボーナス払いの手数料は通年無料です。 ※一部対象外ショップもございます。

ご来店お待ちしております!!

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-11-07 23:57 | paraboot | Comments(0)


今年はまだ街中に雪が降っていないので、
冬支度のモチベーションになっていない...という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし街の木々はどんどん黄色く色付き、ハラハラと舞い落ちて、
気温が下がって来ていることを私たちに教えてくれています。

c0102137_16370679.jpg

Paraboot TRUNK SHOWまであと3日と迫っております。
冬支度は足元から始めてみてはいかがでしょうか*

c0102137_17315187.jpg


Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET
2018.11.9(fri)-11(sun)

トランクショーとは??

フランス・イゾー本社のセールスマン達は、
パートナーシップを結んだ小売店で大量なサンプルを持って旅をしていました。
世界中の顧客へ、自慢の名靴を届けるために。
サンプルを運び際に大きな靴専用のとランクケースで移動していたことから、
こういうイベントのことを「トランクショー」と呼ぶようになりました。

今年もたくさんのモデルが並びます!!

*****

c0102137_17572853.jpg

c0102137_17572942.jpg

c0102137_18025699.jpg

c0102137_17572979.jpg

c0102137_17572956.jpg

c0102137_17572933.jpg

c0102137_17572984.jpg

c0102137_17572907.jpg

c0102137_17573420.jpg

c0102137_17035323.jpg

c0102137_17573540.jpg

c0102137_17572986.jpg

c0102137_18025691.jpg

c0102137_17573491.jpg

c0102137_17573405.jpg

普段はJUILLETでは展開していないモデルばかり。
自分の相棒を見つけることができるはず...
そのお手伝いをさせて頂けるのは、私たちもとても楽しみなんですよ*

そして期間中パラブーツを購入頂いた方へ先着でノベルティもご用意しております!

c0102137_20483040.jpg

さらに...!"スペシャルセールスマン"として、
パラブーツ日本代理店株式会社RPJの篠崎さまも、皆様をお迎え致します◎

1年に一度の希少な機会ですので、ぜひ皆様お誘い合わせの上ご来店下さいませ!!!

c0102137_16370530.jpg

次回は、私たちのパラブーツスタイルをご紹介します◎
お楽しみに!!!

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-11-06 18:28 | paraboot | Comments(0)


いよいよ今週末より開催です!!!

c0102137_17315187.jpg

Paraboot TRUNK SHOW
in JUILLET
2018.11.9(fri)-11(sun)

本国フランスでも、特に寒さが厳しいとされるグルノーブルで誕生した「パラブーツ」。
市民のための日常靴から、氷上を歩くための防寒ブーツ、登山靴まで...
強靭名靴作りの歴史は長く、
世界で唯一ラバーソールを自社で生産するメーカーとしても有名です。

c0102137_11015935.jpg

雨雪にも屈しないアッパーのレザー、滑りにくく衝撃吸収性にも優れたソールと、
北海道の冬に適応した靴が多く、
まさに本格的な冬を迎えるこれから、私たちにとって必要不可欠な靴と言えます。

また実用性だけではなく、ファッションとして佇まいも素晴らしく、
多くのファンに愛されています*

イベント期間中は、そんな「パラブーツ」の靴をずらりと並べて皆様をお迎えします!!
通常JUILLETでは展開しないモデルもございますので、
ぜひこの希少な機会に、ブランドの持つ世界観にも触れて頂けると幸いです。

ラインナップは次回ご紹介予定ですので、もう少しお待ち下さい。

リクエストなどございましたら、メールやお電話でお気軽にお申し付け下さいませ!!
開催まであと4日...♪

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-11-05 19:20 | paraboot | Comments(0)

Sanders::Military Collection


c0102137_19203480.jpg

1873年から、140年以上の歴史を持つメーカー「Sanders&Sunders Ltd.」ー
靴の聖地=英国ノーザンプトンシャー・ラシュドンにて、
ウィリアム・サンダースとトーマス・サンダースの兄弟によって設立。

長い歴史で培われた素材選びと、伝統的なグッドイヤーウェルト製法によるレザーシューズを、
今尚作り続けております。

イギリス国防総省(MOD)の依頼を受け、
英国軍に納入するレザーシューズの殆どを担っているという実績を持つだけではなく、
錚々たるブランド(ギーブス&ホークス、マルセルラサンス、A.P.C.、ラルフローレン等々...)のOEMも手掛け、
伝統と格式を備えた超老舗から、トレンドを牽引するブランドのデザイナーにまで支持されています。

c0102137_19534483.jpg

(2012年のロンドンオリンピックでは、GAURD(近衛兵)が履いていました!)

JUILLETでは長年”定番の革靴”としてセレクトしています。
そのシューズの歴史・背景は勿論ですが、率直にこの佇まいが美しくかっこいいから。
それが理由です*
今年は、さらにラインナップを増やしました!

Chelsea Boots

c0102137_19211591.jpg

[Dainaite Sole]
price:¥52,000+tax
color:BLACK
size:3h/4/4h/5/5h

c0102137_19211626.jpg

c0102137_19211517.jpg

c0102137_19211539.jpg

JUILLETでは初めて展開するサイドゴアブーツ"CHEALSEA(チェルシー)"。
オーソドックスなモデルですが、Sandersの手にかかることで端正で美しいシルエットの1足に仕上がります。
履き口がフィットし足を固定するため、歩行時も疲れにくいです*

Military Derby Shoes

c0102137_19203492.jpg

c0102137_19203402.jpg

[Leather Sole]
price:¥49,000+tax
color:BLACK
size:3h/4/4h

[Dainaite Sole]
price:¥46,000+tax
color:BLACK
size:3h/4/4h/5/5h

c0102137_19203406.jpg

c0102137_19203404.jpg

Military Derby Boots

c0102137_19205634.jpg

[Dainaite Sole]
price:¥52,000+tax
color:BLACK
size:3h/4/4h/5/5h

c0102137_19205632.jpg

c0102137_19205694.jpg

c0102137_19205698.jpg

c0102137_19205910.jpg

Derby=ダービーという名は、
シューレースの鳩目の形状が競馬のゲートに似ていることが由来です。

Derby Shoesは[Leather Sole]と[Dainaite Sole]の2型をご用意しています。

シューレースが2色(ブラックとオリーブ)付いているので、
気分でチェンジしてお楽しみくださいね*

****

c0102137_19211641.jpg

インソールのロゴは、約20年前までイギリス軍に納入していた時代のものを再現しています。

c0102137_20082136.jpg

ピカッと輝く鏡面のようなアッパーは、
[ポリッシュドカーフ]と呼ばれる子牛の革を鞣した素材に、
ガラスフィニッシュという樹脂を混ぜた塗料を吹き付けて仕上げています。
雨の日や雪道でも履けることは、北海道で暮らす上でとても重要です。

樹脂加工が施されたレザーはひび割れを起こし易いイメージがありますが、
Sandersで使用しているものは品質が良く、そう言った心配は全くありません。

日常的なメンテナンスはブラッシングと拭き取りで十分です。
曇りや多少の擦れ傷は液体ワックスできれいになります。
手入れは難しくないことも、普段履くには有り難いポイントだと思います。

また最初は革の硬さをどうしても感じてしまいますが、
履き込むことで自身の足に合ったシワが入り、どんどん馴染んでゆきます。

c0102137_19205699.jpg

そして!JUILLETでは北海道の雪道にも適応した[Dainaite Sole(ダイナイトソール)]でオーダーしています。
底面に施された丸い凹凸がグリップ力を高め、雨や雪の上でも滑りににくく、
且つ、側面からはレザーソールと変わらない印象でゴツく見えません◎
(↓左[Dainite Sole]/右[Leather Sole])

c0102137_12104027.jpg

サンダース社では[Dainaite Sole]での生産を一度廃止してしまったのですが、
JUILLETではどうしても...!とお願いし続けていました。
この声は他からも多く上がったそうで、念願の復活です!!

タフなアッパーと雨雪にも負けないソールで、全天候対応する革靴。
気兼ねなく日々履くことが出来、洗練された印象をもたらしてくれる見た目も大きな魅力で、
1足持っておきたい靴ではないでしょうか*

***

現在、札幌ステラプレイスでは嬉しいイベントも開催中です。
ぜひこの機会に、素晴らしい靴と出会いにいらして下さい。

JRタワースクエアカード クレジット手数料ゼロセール!!

c0102137_10373998.jpg

上記期間中、JRタワースクエアカードのクレジット分割手数料が、3回、5回、6回、10回払いまで無料になります!!
※1回、2回、ボーナス払いの手数料は通年無料です。 ※一部対象外ショップもございます。

ご来店お待ちしております!!

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-11-04 13:15 | SANDERS | Comments(0)

「私たちのtrippen Style」


本日より開催中の"trippen fair"。
朝から多くの方にご来店頂き、誠にありがとうございます◎

trippenの靴の魅力は、履き心地とデザインを兼ね備えた靴であること。

trippenには、多くの木型(ラスト)が存在します。
様々な足のカタチに適応する1足を見つけて頂き易いのです。

そしてデザイン。
人間が惹かれる造形美があり、でいてとっても自然体な雰囲気を持ち合わせます。
奇抜ではないけれど、程良くスパイスを効かせたスタイリングが完成します!

私たちJUILLETのお洋服・スタイルにも勿論ぴったりとハマります。
本日は系列店Arch STELLAR PLACEと一緒に、trippenのスタイルをご紹介してゆきます◎


JUILLET & Arch STELLAR PLACE
my trippen Style

c0102137_17324139.jpg

left:Konomi Sunahara
model:"NOMAD" color:ESPRESSO

right:Takeshi Abe
model:"YEN" color:BLACK

c0102137_17324112.jpg

ヴィンテージが好きな砂原が、普段から愛用しているのが"NOMAD"のBLACK。
今回はブラウン系のスタイリングということで、ESPRESSOをチョイスしています。
落ち着きと柔らかい印象を与えてくれる色で、カジュアルにもぴったりな1足です*

c0102137_17324157.jpg

Arch阿部は私物でもある"YEN"のBLACKで、
レザージャケットとリンクしながらも、ハードになり過ぎない大人の余裕感が素敵です。
女性にもおすすめできる軍パン+trippenの組み合わせの参考にもして頂けると◎


c0102137_17324100.jpg

left:Yosyun Ara
model:"DERBY" color:BLACK

right:Fuka Yasuda
model:"CHELSEA" color:BLACK

c0102137_17324274.jpg

数あるtrippenのモデルの中でも、一番シンプルな"DERBY"(BLACK)。
Arch荒のアイデンティティ=スカーフ(らしいん)ということで、
小柄な彼ですが、スカーフも嫌味なくかっこよく身に付けるのが上手。
足元にこのベーシックさを持ってくるところは「さすが」ですよね◎

c0102137_17324134.jpg

JUILLETの"小柄さん代表"でもある安田は、サイドゴアブーツ"CHELSEA"を。
Veritecoeurやmaison de soilあたりのナチュラルな女性らしい服には、
クラシカルな足元を作ると一気に大人の品格を漂わせます◎
また小柄な方のパンツの履き方としては、ロールアップして足首を見せるとバランスが綺麗ですよ*


c0102137_17324201.jpg

left:Yuki Momozawa
model:"COSMON" color:BLACK

right:Syuhei Matsumoto
model:"CHELSEA" color:BLACK

c0102137_17440114.jpg

ミディ丈のレースアップシューズ"COSMOS"は、
ワイドパンツを履いた時にもつま先のアクセントがポイントに一役買ってくれます。
靴下選びも楽しめるので、ファッション欲張りさんにはおすすめしたい1足ですね◎

c0102137_17324260.jpg

「靴の中で一番好きなのはtrippen!」と豪語する松本は、
今季anatomicaのデニム[618]とtrippenの合わせをオススメしています。(男性にも女性にも)
このデニムが気になった方は、ぜひArch STELLAR PLACEへお立ち寄り下さいね!

*****

trippenの魅力は、ブログやSNSだけでまだまだお伝えしきれているとは思えません。
ぜひ実際に手に取って、一度試し履きをし、さらにちょっと歩いてみてください。
私はいつも「足が喜んでる...!」と感じます。

スタッフそれぞれおすすめも違います。
フェア期間中は、そのあたりもお楽しみ頂ければ幸いです*

c0102137_12371467.jpg

trippen fair
JUILLET & ARCH STELLAR PLACE
2018.10.4(thu)-8(mon) 5days

JUILLET
砂原・石部・安田・桃澤・北田

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-10-04 21:12 | trippen | Comments(0)

JUILLETが選んだtrippen


c0102137_21122323.jpg

trippenの靴に廃盤は存在しません。
ブランド立ち上げ当時で約20〜30型くらいから初めて、現在では2000品番以上あるのだとか...!
すべてをいつでも作れるようにしてあるんだそうです*

そういうデザイナーの考えからもわかるように、
trippenの靴には絶大な普遍性を感じることが出来ます。
私は街中を歩く時に、ついつい人の足元を見ていることが多いのですが、
一目で「あ、あれトリッペンだ」とすぐにわかります。
(顔を上げてみたら、よく知るお客様がスマイルを送ってくれていることも。胸キュンです。)

展示会にはずらりと商品が並びます。
新作でもなんでも問わず、「ぴんっ!」とくれば躊躇せずセレクトしますが、
当店でセレクトする靴は過去のアーカイブであることも多いですね。

特に今回、試される大地・北海道の冬にはやっぱりこれでしょう!と、
JUILLETがセレクトした3型をご紹介したいと思います*

NOMAD

c0102137_19364623.jpg

price:¥49,000+tax
color:BLACK/ESPRESSO
size:35/36/37/38/39

trippenの定番中の定番モデル"NOMAD(ノマド)"。
レザーが折り重なるように足を包み込む心地良いフィット感が◎
"NOMAD"は遊牧民という意味があるのですが、その名の通り異国情緒も感じるデザインも魅力です。

c0102137_17324112.jpg

c0102137_21515287.jpg

JUILLETではこの"NOMAD"に[トリッペンソール]で仕立てたものを別注しています。

[trippen sole]は、背骨や背中をサポートするように設計されたソールです。
trippenでは冬に適しているとは謳ってないのですが、
ぼこぼことした溝のラバーソールはグリップもあり、水はけも良いことから、
北海道民のトリッペン愛用者から滑りにくいソールだと定評があります。

買った当初から[trippen sole]へ張り替えを行う方も少なくありません。
そこで、昨年からJUILLEでは別注でソールを変更し製作頂いています◎


COSMOS

c0102137_19364642.jpg

price:¥45,000+tax
color:BLACK
size:35/36/37/38/39

一枚革で仕上げたシンプルなレースアップシューズ"COSMOS(コスモス)"。
かかと部分以外にはつなぎ目のない作りなので、足に馴染み易く、耐久性に富んだ作りをしています。
またつま先の折り畳まれたラインが、フルレングスのパンツを履いた時にもアクセントになってくれます。

この"COSMOS"も[trippen sole]に別注しています◎

c0102137_17324225.jpg

c0102137_19370709.jpg

フェア期間中のみcolor:WHITEもご覧頂けます。


CHELSEA

c0102137_19370778.jpg

price:¥52,000+tax
color:BLACK
size:35/36/37/38/39

trippenのサイドゴザブーツは、足首をしゅっと美しく見せてくれます。
その名も"CHELSEA"。サイドゴアブーツと言えばこのネーミングですね。
着脱のし易さは勿論、雪の浸入を防いでくれたりと、北海道の冬に適した1足です◎

c0102137_17324134.jpg

c0102137_19371266.jpg

ソールは[Katmandu sole]です。ざらっとした凹凸と安定感で、
冬のソールとしてtrippenではレディスのブーツによく採用されます。

=====

明日からのフェアでは、当店でセレクとした以外のモデルも数多く並びます!!

c0102137_12371467.jpg

trippen fair
JUILLET & ARCH STELLAR PLACE
2018.10.4(thu)-8(mon) 5days

ぜひこの機会に、長く長く付き合える1足に出会ってくださいね。
ご来店お待ちしております!

JUILLET
砂原・石部・安田・桃澤・北田

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-10-03 21:52 | trippen | Comments(0)

"trippen fair"まであと2日...


イベント開催まであと2日...

c0102137_12371467.jpg

trippen fair
JUILLET & ARCH STELLAR PLACE
2018.10.4(thu)-8(mon) 5days

人間工学に基づいた履き心地の良さとデザイン性の高さから、
世界中び人々に指示されている"trippen(トリッペン)"のシューズ。
上記期間中、通常展開のないモデルの数々を揃え、一挙にご覧頂けるフェアを開催します!!

しかも秋冬シーズンのtrippen fairはジュイエ初。
trippenのブーツが欲しい!見たい!というお声にお応えしての開催です◎

レディスはステラプレイス/イースト2F JUILLETにて、
メンズはステラプレイス/センター3F ARCHにて2店舗同時開催です。

c0102137_17333051.jpg

c0102137_17321874.jpg

c0102137_17321935.jpg

c0102137_17321979.jpg

c0102137_17321960.jpg

c0102137_17321974.jpg

靴職人のマイスターで、医療用矯正靴などの製作に携わっていたミヒャエル・エーラーと、
靴や服のデザイナーとして活躍していたアンジェラ・シュビーツの二人が出会い、
1992年ベルリンに誕生した「trippen(トリッペン)」。

trippenの靴には、trippenにしかない独特の空気感があります。
主張があるようで、どんなスタイルにも溶け込む調和も兼ね備えた、素晴らしいデザイン性。
そしてなにより履き心地の良さに驚き、誰もが虜になってゆきます◎

***

写真は撮影風景の切り取り。
JUILLETとArch STELLAR PLACEのスタイルには欠かせないtrippenのシューズを、
ぜひ「trippen fair」でもご紹介させてください。

ラインナップとオススメはこのあとブログにて、じわりじわりとご紹介予定です!
どうぞお楽しみに♪

石部

お問い合わせはこちらへ。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com
※メールでのお問い合わせに2日以上返信がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせ願います。

by JUILLET-7 | 2018-10-02 18:59 | trippen | Comments(0)