ROBE "JUILLET"


GARMENT REPRODUCTION OF WORKERSとJUILLETによる別注アイテム。
本日はその全貌をご紹介致します!

GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS
Robe "JUILLET"

c0102137_19153384.jpg

price:¥46,000+tax
color:OLIVE/BLACK
size:F

VINTAGE 、ミリタリー、そしてGROWの要素を掛け合わせ出来上がったROBE"JUILLET"

c0102137_19233260.jpg

c0102137_19233203.jpg

c0102137_19233265.jpg

ロングシャツに同生地のローブを羽織っているかの様なデザインに仕上がりました。
縦のラインがとても美しく横姿もサマになります。

今時期〜夏の羽織物としてちょうど良い一枚仕立てで、ワンピースとして着用も◎
見た目はハードで重そうですが、空気を含ませながらゆっくりと織られている生地の為、
着るとふんわりと柔らかな印象で不思議と重く感じません。

c0102137_19233149.jpg

c0102137_19233346.jpg

どんな時も手を入れていたくなる様な大きく立体的なポケットが特徴的。
GROWオリジナルのラッカー釦がよりワーク感を演出しており、らしさを感じるポイントです。

c0102137_19233293.jpg

c0102137_19233206.jpg

サイドについたリボンは前で結びウエストマークしたり、
後ろでユルく結びコートの様に、そのままポケットにしまっても良いと思います。
様々なアレンジをお楽しみください。

c0102137_19233782.jpg

One-piece:masion de soil Tank-top:JOHA Pants:mizuiro ind Shoes:DANSKO Necklace:MARIA RUDMAN

どんな丈感のアイテムにも好相性で、
この様にマキシ丈のワンピースに羽織るのもオススメです。
(中のワンピースもものすごく素敵なんです....)

またはTシャツにデニム、そんなベーシックでデイリーな着こなしに
サッと羽織るのも抜群に素敵だと思います。
とにかく何も考えずに羽織っても、これ1枚でコーディネイトがまとまりますよ。

OLIVEはVINTAGEライクな表情とミリタリーっぽい土臭ささが魅力的です。

c0102137_19233772.jpg

Tops: Pants:OMNIGOD Stole:Khadi&Co. Shoes:Sanders Accessories:MARIA RUDMAN

ウエストをギュッと絞りワンピースの様に。
袖をまくり上げると抜け感が出て重くなりません。
下のボタンは何個か開け、スカートの様なボリュームを楽しんで◎
BLACKはwork dressのようにクラシックで、それでいてかっこ良い印象です。

ワンピースとして着用する時のアウターは、ショート丈もOKです。
カジュアルにパーカーを合わせたり、ジャケットを合わせ
ちょっぴりよそ行きスタイルも素敵だと思います。
もちろんロングコートをこの上から羽織るのも良いと思いますよ。

:::::::::::::::::::::::::

私砂原は数日着用していますが、既にリネン生地がクッタリと柔らかく
良い感じに育ってきました*店頭ではよくワンピースとして着用しています。
使い勝手が良く、とってもオススメです!


最後に,,,,
今回の別注ローブは10周年を記念して特別に作製したアイテムの為
数量限定での販売となります。
生地に限りがあるので再生産もございません。
是非、是非この機会をお見逃しなく。

砂原

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-05-13 21:48 | GARMENT REPRODUCTION | Comments(0)

Military Fair


"genre in JUILLET"と同時開催で
"Military Fair"も始まります!!

c0102137_17391872.jpg

2018.1.26(fri)-29(mon) 4days
at JUILLET

*****

期間中は、様々な国・年代のミリタリーアイテムがずらりと並びます!

機能性と生産性を最大限に求め、作り込まれたアイテムたち。
それぞれ時代背景が色濃く反映されており、ひとつひとつのディテールにも意味=用途があります。
現代でも引き継がれているデザインも多くありますが、
今では意味を無くしてしまったデザインが残っていることもミリタリーの面白さ。

こうしたアイテムを自分でどう着こなすかを考えるー
これこそミリタリースタイルの醍醐味です*

1. British Army Green Denim Blouse

c0102137_14461215.jpg

Cut-sew:Vlas Blomme Bandana:Glarner Tuechli Skirt:OMNIGOD Boots:SANDERS

c0102137_14514585.jpg

c0102137_14461231.jpg

price:¥28,000+tax
color:GREEN
size:4

今回一番のおすすめ。イギリス軍の"Green Denim Blouse"です。
第二次世界大戦頃に支給されていたもので、
ミリタリーというには端正な佇まいが英国らしさを感じさせてくれます。

"GREEN DENIM"はこの年代のイギリス軍を象徴するような素材。
デニムというように少し肉感もあるので、ブラウスとジャケットの中間程の立ち位置かな?と。
水通しすることで、滑らかに変化してゆくのもお楽しみください。

ブラウスとしても羽織りとしても活躍する1着です*


2. French Army Henly-Neck Tee

c0102137_14472555.jpg

c0102137_14475761.jpg

Denim Jacket:BONCOURA Tank-top&Skirt:Veritecoeur Shoes:SANDERS

c0102137_14472588.jpg

price:¥8,000+tax
color:NATURAL
size:3/5

ミリタリー特有のウール混アンダーウェアは、
現代では実用性・デザイン性に優れたカットソーを生み出しました。

フレンチアーミーのヘンリネックTは、袖口のリブや、やや深めに配されたヘンリーネックが、
切替の雰囲気も相まって、着易さだけではなくその雰囲気にも惹かれます*
Gジャンやワークジャケット、シャツのインナーとしては勿論、1枚で着ても良いと思います。

以前は色々な古着屋さんで見かけていましたが、ここ最近はなかなか出会えません。
(GARMENT REPRODUCTION OF WORKERSがお好きな方なら、
これが元ネタのカットソーを覚えていらっしゃるかもしれませんね。)

ぜひこのフェアで入手してください。


3. French Army
M-47 Field Pants

c0102137_14482961.jpg

Shirts:KLASICA Cut-sew:Schiesser Belt:M.F.SADDLERY Shoes:Fracap Accessorie:Maria Rudman

c0102137_14483006.jpg

c0102137_14483023.jpg

price:¥15,000+tax-¥20,000+tax
color:KHAKI
size:33

現代の洋服とこれほどにマッチするミリタリーは、他にないと思います。
やっぱりクセが強いカテゴリーだと思うのですが、"M-47"は現代でもしっかりと「定番」を謳えるパンツです。

白シャツ、バスクシャツ、ブラウス、カシュクールワンピースやチュニック.....
どんなアイテムともスタイリングが出来上がります。

軍パンのサイズ表記は、左がレングス、右がウエストを表しています。
「33」は女性が履くには少し長めなので、ロールアップするとよいと思います。
裾に重みが来ることで、ストンを落ち感のあるシルエットになりますよ*

私たちの会社〈ミサンガインターナショナル〉を代表するパンツと言っても過言ではありません。
『M-47に白シャツを合わせる』が、どのお店にも通用するコンセプトなのです。
迷ったときはまずコレを押さえておいてくださいね。


4. Swedish Army Snow Parka

c0102137_14461335.jpg

Cut-sew:Teieasy Cardigan&Pants:OMNIGOD Shoes:DANSKO

c0102137_17160881.jpg

c0102137_17155397.jpg

c0102137_15091879.jpg

price:¥13,800+tax
color:WHITE
size:-

最初はぱりっとしたハリ・コシのあるコットン素材で作られたフード付きの羽織り。

「こんなに薄手なのにどうしてスノーパーカ?白いから?」という無知な私に、
これは雪山用の完全防備した上に着るから、ゆったりとしているのだよ!と教えて貰ったときは、
奥が深い....!と妙に関心してしまいました。雪の白とカモフラージュするために白いんですね。

現代ならこれからの季節のアウターとして、大活躍します!
ゆったりとしているので、インにあれこれ着込んでもOK。大きめのフードに愛嬌を感じます*


5. Czech Army Liner Coat

c0102137_14461283.jpg

Shirts:KLASICA Oants:Brocante Shoes:trippen

c0102137_14511552.jpg

c0102137_14461340.jpg

c0102137_15153841.jpg

price:¥18,000+tax
color:KHAKI
size:2

チェコ軍"M-60 Coat"のライナーです。
ここ数年で、ライナーを主役にしたスタイリングも定着していてなんだか嬉しい*

このライナーは、ノーカラーでショート丈なのでさっと着てサマになるのが良いところ。
中綿を挟んで縦のステッチで二重構造にしているので、保温性もバッチリです!
勿論、本来の用途であるライナーとしても使えます◎


6. US Army Necker Chief

c0102137_14492139.jpg

Jacket:KLASICA Cut-sew:Army Denim:BONCOURA

c0102137_14492154.jpg

price:¥4,800+tax
color:COYOTE
size:60cm×180cm

米軍で支給されていた通称"コヨーテスカーフ"。
ステンシル表記の見るスペックが唯一のデザイン、と言える程シンプル。
Tシャツのようなコットンニット素材と、このキャメルカラーが丁度良い差しになります*
コンパクトにまとまるサイズも◎温かい季節には広げて肩にかけ、日除けとしても便利です。


7. Swedish Army Rib Tee

c0102137_14494545.jpg

Cache-coeur:OUTIL Denim:BONCOURA Shoes:CROWN Accessorie:Maria Rudman

c0102137_15144247.jpg

c0102137_14494538.jpg

c0102137_14494686.jpg

price:¥6,800+tax
color:OFF
size:8

1950年〜80年代という長い間、スウェーデン軍で支給していたカットソーです。
太畝の肉厚のリブコットン生地はふわっと柔らかく、ゆったりとしているのでストレスを全く感じません。

着丈を活かして、ワンピースのアンダーに着たり、チュニックとして様々なボトムと合わせて、
ひとりひとりの異なる着こなしが生まれる1枚ではないでしょうか?
ちなみに私は、ルームウェアとして愛用しています*
家でゴロゴロしている最中、さっと出掛けることもできるので、有り難く大活躍させてもらってます。


8. French Army Chino Pants

c0102137_15180259.jpg

Basque-Shirts:Sanit James Belt:Broe&Co. Shoes:CROWN

c0102137_15180366.jpg

c0102137_15180200.jpg

c0102137_15180240.jpg

price:¥15,000+tax
color:KHAKI(BEIGE)
size:15/25

ラストは砂原おすすめの1本。
フロントのツータック、ボタンフライ仕様(裏留めボタンもあり)、フラッポポケット。
これらは60年代フレンチアーミーチノの特徴です。

「だっぷり」とした太めのシルエットですが、
実際に履いてみると、洗練されたフランスらしさを感じさせてくれます*
ミリタリーらしいタフなコットンツイルは、履けば履く程味が出ます。

ウエストが大きいという方は、ベルトでぎゅっと絞り上げて履くのも◎

*****

最後のチノパンだけに限らず、丁度良いサイズ・現代らしいシルエット....
というのは、ほぼ無いに等しいです。
やはり男性に支給しているものが殆どなので、大きめです。
また、現代らしいシルエットもありません。肩が大きかったり、ウエストが細かったり。

それをどう自分らしさに落とし込むか?というのが、面白さなんです。
そして流行り廃りのないアイテムだからこそ、
「一度自分らしさとして落とし込む」と、
長く長く付き合ってゆけるワードローブになるのです!

c0102137_17391872.jpg

もともとJUILLETは、古着とミリタリーから始まったお店でした。
このことをご存知の方は、今ではあまり多くはないかもしれません*

今はgenreという系列店で、その魅力をお伝えし続けていますが、
JUILLETへ足を運んで下さる皆様に、
このような機会をもってご提案できること、とっても嬉しいです。

まだまだ氷点下の日々が続きますが、明日からの4日間、
ぜひともご来店下さいませ。

スタッフ一同ご来店心よりお待ちしております*

JUILLET 砂原・石部・安田・市橋
genre 山本

通信販売承ります。
お問い合わせはこちら。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2018-01-25 22:52 | military | Comments(0)

genre in JUILLET

こんにちは。系列店genre(ジャンル)の山本 陽香です。

1月26日(金)〜1月29日(月)の4日間、
JUILLETにて"Military Fair & genre in JUILLET"を開催致します♪
ヨーロッパから買い付けてきた1点物のヴィンテージアイテムを沢山持って行きますので、
お時間ありましたら是非見にいらしてください。


本日はお勧めのアイテムをスタイリングを交えてご紹介致します。

<Antique Cotton Blouse>

c0102137_17154680.jpg

1900年代初頭にフランスで作られたコットンブラウス。
手紡ぎ手織りで仕立てられた"コットン"は、ギュッと目の詰まったアンティークならではの風合いが魅力。

胸元や袖に施された刺繍は全て手作業によるもの。
その丁寧な作りは大量生産では成し得ないもので、じっくりと見ずにはいられません‥
そして大切に着たい‥と気持ちまで優しくなってしまうのです。

白、そして墨染を施した墨黒色の2タイプございます。

c0102137_17275162.jpg

c0102137_17285974.jpg

c0102137_19150180.jpg

c0102137_17313202.jpg


<Vintage Apron>

c0102137_19144044.jpg

元々はお仕事用に作られたアイテムですが、デザイン性の高さや味わい深い作りは
現代の装いに取り入れてもとても素敵に映ります。
ベストのような感覚で、いつものお洋服にプラスすると変化をつけてくれるアイテム。
胸当て付きはワンピース感覚で、腰巻きのタブリエはワークスタイルをぐっと盛り立ててくれます。

c0102137_19151281.jpg

c0102137_19131127.jpg


<Military>

c0102137_16215779.jpg

機能性と生産性を最大限に求めて作られた”ミリタリーアイテム”
その国の最高級の素材を使用して優れたものが作られているので、
時代背景が色濃く反映されているところも興味深い部分です。

今回のフェアでは沢山のミリタリーアイテムが揃いますが、

その中でも‥!

特にお勧めは"British Army Green Denim Blouse"
ミリタリーアイテムらしい無骨な雰囲気の中にも、どこかエレガントさが漂うジャケットです。

c0102137_17345513.jpg

c0102137_19273279.jpg

c0102137_19140647.jpg

c0102137_19132672.jpg


<Vintage Costume Jewelry>

c0102137_18382294.jpg

c0102137_19280668.jpg

"コスチュームジュエリー"とは貴金属ではない素材を使って作られたジュエリーのことです。

「何カラットの宝石を身につけることが問題なのではなく、大切なのは洋服にいかにマッチしたジュエリーをつけるかということ」
by ココ・シャネル

‥なんてグッと心に響く言葉でしょう。
繊細で美しいコスチュームジュエリーを選ぶ時は、ついつい時間を忘れて眺めてしまいます。


<Antique Indigo Smock>

c0102137_19150681.jpg

1800年代後半から1900年代初頭にかけて作られたインディゴスモック。
牧畜業に携わる人々が主に着ていたものです。

フレンチヴィンテージの中でも一際雰囲気のあるアイテム。

”汚れないように”とお洋服の上から着用するということと
運動性を保つためにたっぷりと生地を使用して作られたスモックです。
何と言ってもこのシルエットが魅力ではないでしょうか。

(もっと書きたいことはあるのですが‥genreにてお待ちしております‥!)

c0102137_17154935.jpg

c0102137_19143695.jpg

c0102137_19142578.jpg


<Vintage Black Work Dress>

c0102137_19145296.jpg

このブラックワークドレスにしか出せない唯一無二の佇まい。
こんな素敵なドレスを纏ってお仕事をしていたなんて‥素敵ですよね。

さりげない光沢のある素材は黒の美しさに改めて気づかせてくれます。
ドレスとして、羽織りとして幅広い装いに取り入れていただきたいアイテムです。

わたしたちスタッフも日頃から愛用しており、まさにgenreの”ワークドレス”かもしれません!(笑)

c0102137_19141552.jpg

c0102137_17305371.jpg

ほんの一部のご紹介でしたが、期間中はJUILLETにて沢山ご覧いただけます。

現代のお洋服は、ヴィンテージのお洋服がデザインソースになっているものが多くあります。
もしかしたら今回ご紹介した中にも"これを元に作られたのだな〜!"と
気づかれた方もいらっしゃるかもしれません。

100年以上前に作られたものもありますが、時を経ても古びれないアイテムばかりです。

現代でも通じる洗練されたデザインやヴィンテージにしか出せない雰囲気は
普段の装いに1点取り入れることでその人らしい"スタイル"が完成すると思います。

大切に受け継がれてきたお洋服をこれからも大切に、
そして今の時代だからこそ楽しめるヴィンテージスタイルを見つけるのも醍醐味です♪

:::

1月26日(金)〜1月29日(月)の4日間、JUILLETにて皆様をお待ちしております。
とっておきのヴィンテージを見つけていただけたら嬉しく思います。

どうぞお気軽に試してみてくださいね。
そして初めましての方も、お気軽に声を掛けてくださいね‥!

genre HP : http://genre-sapporo.com
Instagram : @genre_vintage

genre 山本 陽香

by JUILLET-7 | 2018-01-24 19:35 | vintage | Comments(0)


5月からスタートしたこのイベント。
じわじわと噂になっているとか、いないとか...!?
6月も開催しますので、ぜひ一度ご来店下さいませ*

c0102137_19351264.jpg

genre in JUILLET /vol.3,4
2017.6.8(thu)&22(thu)

genreの定休日によるため平日の開催ですが、お時間あれば是非♪

次回は8日(木曜日)!
詳細はまた後日upしたいと考えていますが、
先月とはまた違うラインナップになりそうです◎
お楽しみに!!

石部

genreのブログはこちら!⇒
Instagram @genre_vintage

通信販売承ります。
お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2017-06-04 19:47 | NEWS/お知らせ | Comments(0)


::KLASICA::

JUILLETでは2010年秋冬から展開をスタートした「KLASICA(クラシカ)」。
ヴィンテージ、ワークやミリタリーをベースに、
いつも唯一無二の解釈で、お洋服を作り続けています。

c0102137_21371735.jpg

2003年、オーナー山内とKLASICAのデザイナー河村さんが出会います。

二人の接点は、ヨーロッパのワーク、ミリタリーを主としたヴィンテージアイテム。
そんな共通点から、ARCHでは2005年よりKLASICAの取り扱いをスタートし、
2009年には、ARCHで初となるイベントが開催されました。

当時、デザイナーとお客様が直接お話が出来る機会というのは、
今と違ってそうそうなかったと思います。そんななか、
「実際に手に取る行為を通じて、お客様との時間を共有したい」
という思いから、自ら店頭に立って下さった河村さん。

今では、そんな人柄やスタイルが多くの方々に浸透し、愛され続けています。

そして、ここで告知を。
約7年ぶり、2度目となるKLASICA FAIRを開催します!!

c0102137_16525840.jpg

"Moment2, KLASICA"
& "Arch×genre EUROPE VINTAGE FAIR"
at Arch Perimier Etage (Arch2F)
2016.5.3(tue)-5(thu)

c0102137_16525865.jpg


上記期間中、Arch Premir Etage(Arch2F)店頭にて、
KLASICAの今季のアイテムを一同に揃え、デザイナー河村氏が皆様をお迎えします*

また、genre(ジャンル)との合同企画で、EUROPE Vintage FAIRも同時開催。

Arch2Fを、KLASICAとVintageで埋め尽くします!!

この3日間は、genreの山本陽香もこの店頭に立ちますので、
女性の方もどうぞ気軽に、Archへご来店下さいませ。
(なお、私石部も4日はちょっとお邪魔する予定です。
JUILLETでお会いしている皆様にお会いできれば幸いです◎)

Arch(アーチ)
札幌市中央区南3条西8丁目11-4 第一ビル1F,2F
※イベントは2Fで開催しております。
011-261-5083

genreはこの3日間、営業しておりませんので、
ご来店予定の方はご注意下さいませ。

================

そして.....JUILLETには予告していた「アレ」が到着しました!!!

c0102137_22082479.jpg

c0102137_22082477.jpg

c0102137_22082438.jpg

Khadi and Co. です!!
ストールをはじめ、ブラウスにスカートなどのウェアもあります*
どれも素敵で、うっとり......特に[ドレス]が本当に素晴らしい。

ご来店心よりお待ちしております!!

石部

お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2016-05-02 22:13 | NEWS/お知らせ | Comments(0)

Military fair vol.2 at JUILLET


いよいよ明日から開催です!

c0102137_22133544.jpg

Military Fair vol.2
at JUILLET
2016.2.4(thu)-6(sat)

私達のスタイルの基盤「ミリタリー」。
かつては身を隠す為に用いられた迷彩柄やカーキ色、
タフさ重視ゆえに高スペックのファブリック、
全てに意味のあるディティール。
様々な歴史を乗り越え現代に残る各国のミリタリーアイテムを、
misangainternationalの持つストックより放出します。

c0102137_22133553.jpg

c0102137_22143963.jpg

c0102137_22133552.jpg

c0102137_22143953.jpg

c0102137_22133518.jpg

c0102137_22133537.jpg

c0102137_22143962.jpg

c0102137_22133596.jpg

c0102137_22143947.jpg

c0102137_22143959.jpg

c0102137_22143909.jpg

c0102137_22143974.jpg


心踊るミリタリーアイテムの数々...
きっと気に入って頂けるMy Militaryに巡り合えるはずです!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております*

石部・田中・砂原


お問い合わせはこちら
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2016-02-03 22:22 | military | Comments(0)

My Military~Staff編

Military Fair vol.2

c0102137_22112083.jpg

at JUILLET
2016.2.4(thu)-6(sat)

私達のスタイルの基盤「ミリタリー」。
かつては身を隠す為に用いられた迷彩柄やカーキ色、
タフさ重視ゆえに高スペックのファブリック、
全てに意味のあるディティール。
様々な歴史を乗り越え現代に残る各国のミリタリーアイテムを、
misangainternationalの持つストックより放出します。

=======

昨年、姉妹店FEVRIERで大好評を頂いたミリタリーフェア。
今度はJUILLETでの開催です!!

そこで本日は、ジュイエきってのミリタリー好きである田中が、
私物のミリタリーアイテムを使ったリアルなコーディネートをご紹介致します。


【M-47 Pants Style】

c0102137_15243512.jpg



JUILLET定番のORCIVALのバスクシャツを合わせたスタイル。
ありきたり?普通過ぎ?
いえいえ、それで良いのです。
この上にシャツやGジャン、パーカーを羽織っても良し。
ベストやジャケットを合わせても◎
まさにミリタリーアイテムの『基本の”き”』ですね。

c0102137_15244865.jpg



1947-60年代までフランス軍で採用されていたこのパンツ。
数ある軍パンの中でも、名作と言われるものの一つです。
現代において、有名なメゾンのコレクションでも使われたりと、
デザイン性の高さや優れた縫製は折り紙付き。

お洋服好きな方のクローゼットには一本はないと…!
とまで思ってしまうアイテムです。


【Medical Smock Style】

c0102137_15245326.jpg



こちらのコーディネートで使用しているのは、
スイス軍のメディカルスモックです。
その名の通り、医療従事者が着ていた”白衣”のようなもの。
本来は真っ白のスモックを後染めし、
元々ぱっくりと開いている背中側も縫い合わせリメイクされています。

c0102137_15245903.jpg



さらにヘビーユースしお洗濯を繰り返し、この通りくたっとしてきました。
ガシガシ洗えるという点や着心地の良さも、
ついついミリタリーアイテムに手が伸びてしまう理由です。


【Grand Papa Shirt Style】

c0102137_15250662.jpg



元は部屋着やパジャマとして使用されていた、
スウェーデン軍の通称”グランパシャツ”。
直訳すると”おじいちゃんのシャツ”という意味ですが、
おじいちゃんっぽく見えない様なクリーンなコーディネートで。

c0102137_15250924.jpg



丈が長めなので、女性が着るとチュニックやワンピースの様に。
肩を落として袖を捲り、バランスを取って◎
シンプルですが、トラッドでもコンサバでもない、
抜け感のあるシャツスタイルが作れます。

c0102137_15251381.jpg



こちらのバッグは40年代のフランス軍のもの。
がっしりとした綿麻素材で、使い込む程に味が出ていい雰囲気に*
このタフさと経年変化も、ミリタリーの魅力ではないでしょうか。

=======

今回のフェアでも、様々なアイテムが沢山並びます。
是非、店頭にてミリタリーの魅力に触れてみて下さい*

次回のブログは、My Military第2弾。
お客様のリアルなミリタリーコーディネートをご紹介。
どうぞお楽しみに…!

田中


お問い合わせはこちら
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2016-02-01 12:15 | military | Comments(0)

"蚤の市" at genre


c0102137_10051084.jpg

今日は系列店genreよりイベントのお知らせです!
来週の開催ですが、ちょっぴり早めの告知を。

c0102137_18084292.jpg

"蚤の市"
at genre
========
2016.1.22(fri)-24(sun)


狸小路1丁目にひっそりと佇む小さなヴィンテージショップ[genre(ジャンル)]に、
ミリタリー&ワークウェアが入荷します!!

ショップ名の"ジャンル"というのは、
シックで趣味の良いライフスタイル、そのスタイルを持った女性を表す言葉。
「あのひとは良いジャンルを持ってる!」なんて感じで使われる言葉です。

私たちは、古くから現代に続いているミリタリーやワークウェアを、
日常着としてさらっと身につけることを提案しています。
それこそが"ジャンル"なスタイルではないかと...!

上記期間中は、稀少なヴィンテージアイテムも並びます。
皆様のワードローブに加えて頂ければ幸いです*

ここ数日のブログでは、ミリタリースタイルをご紹介しております。
ぜひCHECKして、来週の"蚤の市"へお出掛け下さいませ!!

c0102137_11345704.jpeg

web:http://genre-sapporo.com

営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日
住所:〒060-0062
北海道札幌市中央区南2条西1丁目 広和ビル20
電話:011-233-3027
mail:info@genre-sapporo.com

P.S.
ちなみに私、genreで扱っているコスチュームジュエリーが大好物.....
まだお店へ行けてない方は、この機会にぜひぜひ私の大好物をご賞味あれ!!

石部


お問い合わせはこちらから。
011-209-5448
juillet@misangainternational.com

by JUILLET-7 | 2016-01-17 18:46 | NEWS/お知らせ | Comments(0)

新しいお店のこと


函館近郊の皆様、おはようございます。
今日から4日間、弁天町の[JUILLET hakodate]が開店します*

函館出身の砂原と、
前回よっぽど楽しかったのか、ウキウキで旅立った田中と、
そして今回は、スペシャルなスタッフがもうひとり!

きっと素敵なお買い物ができるはずです◎
どうぞ、足を運んでくださいね*

詳細はこちらから→☆☆☆

*****

そして、お知らせ続きになってしまいますが、もうひとつ。
タイトルにもある「新しいお店のこと」を*

狸小路1丁目の脇道。
以前wow retoという小さな古着屋があった場所に、
9月17日木曜日、
私たちは新たなVintage Shopをオープンします。

名前は[genre]
「ジャンル」と読みます。

---------------------------------------------

c0102137_11345704.jpeg
---------------------------------------------

日本でも度々、耳にする言葉ではないでしょうか?

ヨーロッパ圏、英語圏でも広く通じる「ジャンル」という言葉は、
フランス語を語源とし、本来はスタイル・品格・風采といった意味合いがあります。

B.C.B.G.(ベーセーべージェー)という言葉もあり、
これは"Bon Chic Bon Genre"を意味します。
シックで趣味の良いライフスタイル、良いジャンルを持っているひと、
パリの上級階級のひと達を指すのだそうです。

c0102137_11555678.jpg

古くからフランスでは、シックであり、自身のスタイルをきちんと持った女性のことを、
「彼女はジャンルを持っている、あの人にはジャンルがある」
と表現されていて、そこから[genre]としました。

c0102137_11555611.jpg

普段の装いにさりげなく取り入れることの出来る、
大人の女性の為のヴィンテージスタイルを提案出来たら...と考えています。
主に海外から買い付けてきたヴィンテージウェアや
アンティークコスチュームジュエリーを中心に、セレクトしてゆきます。

c0102137_11555665.jpg


[genre]

営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日
住所:〒060-0062
北海道札幌市中央区南2条西1丁目 広和ビル20
電話:011-233-3027
メール:info@genre-sapporo.com

-------------------------------------

函館にJUILLETがあったとき、店内はヴィンテージと現代のお洋服が共に並んでいました。

ヴィンテージアイテムは、無論"見ているだけ"でも楽しめますが、ぜひお試し頂きたいです。
時を経て現代に残っているモノには、不思議な魅力があり、
自分自身にぴったりとマッチしたときの高揚感は、なかなか味わえないものなので。

JUILLETを好きだと仰って下さる方なら、
きっとお好みのアイテムに出会えるショップだと思います。

オープンまであと数日。
私たちもとても楽しみにしています。

お問い合わせはこちらから。

by JUILLET-7 | 2015-09-12 12:21 | NEWS/お知らせ | Comments(0)

【ANTIQUE NIGHT DRESS】

久々にこちらのアイテムが入荷しています

【ANTIQUE NIGHT DRESS】
c0102137_18433028.jpg

PRICE:¥10,290~
COLOR:NAVY/BLACK


JUILLETにはかかせない、古着の洋服たち…
久々に染めを施したANTIQUE DRESSの入荷です


ハンドメイドで織り成す繊細なレースや丁寧な仕立て
現行品にはない、その当時の雰囲気を
感じさせてくれる空気感がまた魅力的です


今回カラーは、NAVYとBLACKの2色展開となります

淡い色が多くなるこの季節には、
特にこういった色味が新鮮に映るのではないでしょうか??


詳細につきましては後日ブログでご紹介させていただきますが、
キャミソールタイプや袖付きタイプ、チュニック丈やワンピース丈など
バリエーション豊富にご用意しています*


身に着ける人やスタイリングによって、
全く表情の異なるANTIQUE ITEM

軍パンにアンティークレースを取り入れて、、、
そんなJUILLETスタイルはいかがですか…??

by JUILLET-7 | 2012-07-19 20:09 | vintage | Comments(0)